【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の原因

椅子を変えたらあなたの腰痛事情も変わる!?腰痛と椅子の深い関係とは

投稿日:

パソコンを使う時間が増えてきたり、デスクワークが多くなっている昨今。それに伴い腰痛に悩む人の数も、以前に比べて増加しています。 特にオフィスなどでは同じ姿勢で長時間椅子に座ることになるため、その椅子を見直すことが腰痛の改善に繋がっていくと言われています。

 

今回は腰痛にお悩みの方のために、想像以上に深い腰痛と椅子の関係や、腰痛持ちの人におすすめの椅子はどのようなものなのか、さらに正しい椅子の座り方などを紹介していきたいと思います。

椅子に座ることが腰痛の大きな原因だった!

あなたは腰痛というと、単純に姿勢が悪かったり、長時間無理な体勢をしていることで引き起こされる、というイメージを持ってはいませんか?しかしどんなに良い姿勢で椅子に座っていたとしても、腰には負担がかかるものなんです。

椅子に座っている時は立っている時より腰に負荷がかかっている

意外と知られていないことですが、座っている時というのは実は立っている時よりも腰にかかる負荷は大きいんです。立っている時は足にも体重がかかるため、姿勢の良し悪しにもよりますが腰への負荷は意外と少なくなります。

 

整体師
座っている時は上半身の重さを背中や腰の筋肉、脊椎や椎間板などだけで支えることになります。そのため数値で表すと、椅子に座っている時は立っている時に比べ、腰に1.4倍もの負荷がかかっているとされています。

椅子に座ると腰痛に繋がる姿勢になりやすい

元々腰への負担が大きい座るという行為。さらに椅子に座った状態で猫背になったり、前かがみで長時間作業をすると、腰へかかる負担はより大きくなります。さらに、ストレス状態ではこの負担が大きくなることが明らかにされています。

 

立った状態であればそれなりに動き回ったりすることが多いため、どこか一か所に長時間大きな負荷がかかるということはありません。しかし椅子に座ってする作業と言えば書類作業やパソコン作業がほとんどです。こういった業務をしている時は、ついつい書類や画面に近づいて前かがみになってしまいがちになりますよね。椅子に座ると想像以上に、腰痛に繋がる体勢になりやすいんです。

腰痛持ちや予防のためにおすすめの椅子とは?

ここからはすでに腰痛持ちでお悩みの人や、座っての作業が多いため腰痛予防をしたいという人のために、おすすめの椅子とはどのようなものなのか、その特徴などを紹介していきます。

体圧が適正に分散できるか

体圧分散という言葉をご存知でしょうか?もしかするとマットレスなどを買ったことがある人は、この言葉を聞いたことがあるかもしれません。体圧分散とは、身体の表面にかかる圧力(体圧)を一か所に集中させず、できるだけ分散させて支えるための性能のことを指します。

 

固い床の上などに座ると、お尻が痛くなりますよね。あれは体圧が一か所に集中しているせいです。なら柔らかければ柔らかいほど良いのか、という話になるかと思いますが、あまり柔らかすぎても今度は姿勢が崩れやすくなってしまいます。腰痛にならないための椅子には、背もたれや座面などに腰への負荷がバランスよく分散されるような、適度な安定感があるものが求められます。

背骨の「S字カーブ」が保たれる背もたれか

人間の背骨は本来、S字カーブになっていることが最も理想とされています。しかし椅子に座った状態だと背中が丸くなる、つまり背骨はS字カーブが崩れてアーチ状になってしまいがちです。背骨がアーチ状になると椎間板への負担が増えたり内臓を圧迫してしまったりと、腰痛はもちろんですが様々な体の不調が引き起こされます

 

整体師
座った状態でも、背骨が自然なS字カーブをきちんと描くような背もたれがある椅子が求められます。背もたれの形状はもちろんですが、フィット感や座った時の安定感も確かめながら椅子を選ぶことをおすすめします

椅子の高さやひじ置きの調整ができるか

腰痛を和らげたり防止するためには、椅子の高さがとても重要だとされています。椅子に座った時の最も理想的な体勢は、ひじとひざの角度が90度になり、なおかつ足裏が全面しっかりと床についていることです。この理想的な体勢を作るためにも、椅子の高さやひじ置きの調整は欠かせません。

 

特にひじ置きに関しては、必要ないのではないかと考える人も多いですが、ひじ置きを使うことで腰へかかる体重の負荷が大幅に減少します。腰痛を予防したいのであれば、たかがひじ置きだと思わずにこれらの機能がある椅子を選ぶようにしましょう。

腰痛にならないための椅子の座り方

椅子に深く腰掛ける

腰痛にならない椅子の座り方でまず大切なことが、椅子に深く腰掛けることです。浅く腰掛けると猫背や前かがみの体勢になりやすく、それが腰痛の原因に繋がります。背筋をしっかり伸ばせるようにお尻を椅子の奥に持って行き、背が背もたれにつくような状態で座るようにしましょう。

身体をパソコンと平行に

腰痛を防ぐには、机やパソコン画面と並行に椅子へ座ることも大切です。身体の左右どちらかに重心をかけるような座り方をすると、筋肉に妙なひねりが加わりバランスが悪くなるため、腰痛を引き起こす原因となります。キーボードの中心と身体の中心を合わせることを意識すると良いでしょう。

 

また椅子のリクライニングなどをあまりに斜めにしすぎるのも良くありません。腰の角度は100度くらいしにしておくのがお勧めです。あまりに腰を直角にして座ると、疲れて前のめりになり余計に腰痛の原因となってしまう場合があるため、少し背もたれに体を預ける程度の角度にしておくと良いです。

ひざとひじの角度を90度に

腰痛にならない椅子の座り方では、ひざとひじの角度もとても大切です。脚は太ももをそろえてひざをつけ、両足をしっかり地面へつけましょう。もしひざの角度が90度に保てるような位置に椅子を合わせると机が高すぎるという場合は、フットレストなどを使うと良いです。

 

ひざと同じく、ひじも90度に曲げられるようにしましょう。曲げたひじはデスクやアームレストに置くと、上半身の体重が分散できるので腰への負担が軽減されま。その際肩が上がってしまうと腰痛は軽減されたけれど次は肩こりが…ということになりかねないので、肩も自然な高さにくるようにしましょう。

机との距離感を意識して頭はまっすぐ

椅子と机の間隔を開けすぎてしまうと、姿勢が崩れやすくなり腰痛を引き起こしてしまいます。またお腹は下腹部に少し力を入れ、お腹と背中をちかづけるようなイメージで座りましょう。

 

疲れてくると頭が左右どちらかに傾いたりする人も多いですが、頭も常に顎を引いてまっすぐ保つように心がけると良いです。

タオルを使って姿勢をキープ

背骨は緩やかなS字カーブを描いているので、腰と背もたれの間に丸めたタオルを挟むと、背骨のカーブをキープしつつ背にかかる負担を分散することができます。目安としてはおへその後ろ当たりになりますが、一番しっくりくる場所は人によって異なりますので、自分で色々とタオルの位置や厚みを調整してください。

 

また座って作業をし続けていると、揃えていた膝がだんだんと開いてきたり足を組んだりしてしまうと思います。足を組んで座ると骨盤のバランスが崩れやすくなってしまうため、猫背や腰痛へ繋がっていきます。膝の間にタオルを挟んだりして、内ももを意識すると正しい姿勢がキープできるのでおすすめです。

まとめ

腰痛にお悩みの方のために、腰痛と椅子の切っても切れない関係や、腰痛持ちの人におすすめの椅子はどのようなものなのか、正しい椅子の座り方などを紹介してきました。

 

整体師
椅子一つ変えたり、姿勢を少し意識するだけでも、座ったときに腰へかかる負担は大幅に軽減します。特に座り作業が多いという人は、是非自分の作業環境を一度見直してみてはいかがでしょうか。

-腰痛の原因
-, , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2017 All Rights Reserved.