【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の原因

腰痛からうつ病に?その反対も起こる?心との関係をチェックしよう

更新日:

うつ病の症状の1つに腰痛があることをご存知の方はどのくらいいるでしょうか。心の問題と身体の問題は切り離されて考えられることも多いですが、本来は切っても切れないものです。心身相関という言葉もあるように、お互いに健康状態に影響を及ぼすということですね。

 

また、腰痛からもうつ病を発症することがあります。痛みが精神に与える影響もまた無視できないものであり、疾患となって現れるということですね。腰痛とうつ病との関連と言われて即座にイメージがつく人は多くないと思いますが、仕組みを理解すると納得できます。腰痛とうつ病との関連や、腰痛と心との関連のチェックについて紹介していきます。

腰痛と心との関係はとても深い

まずはじめは、腰痛と心との関係についてみていきましょう。心身相関という言葉は、科学的にも経験的にも明らかになっているということを挙げていきます。

腰痛の分類

腰痛には特異的腰痛と非特異的腰痛という分類があります。以前は画像検査を行って骨などに明確な原因が認められるものを腰痛として扱っており、これらは特異的腰痛と呼ばれています。しかし、画像上で問題はなくても腰痛は起こり、機能の問題や心の問題など原因が画像検査では明らかにならないものを非特異的腰痛と呼んで区別しています。

 

非特異的腰痛は腰痛全体のおよそ85%を占めると言われ、そこには姿勢や動作などの負担から起こるものや心理的・社会的なことが要因となって起こるものなど様々なものが含まれているのです。

整体師
経過観察や民間療法へと流れていた非特異的腰痛に対して、生物的・心理的・社会的なアプローチを試みることで改善を図ろうとしているのが近年の流れでもあります。

脳のはたらきが影響を受ける

脳には痛みを抑制するはたらきもあります。痛み自体は身体のどこかで損傷が起こっていたり、無理がかかっていることを知らせてくれるサインです。そのサインを受け取ることは重要ですが、出続けるサインにずっと対応していたのでは身体がもちませんね。

 

そこで、脳で痛みを抑制するはたらきをすることで、サインを減らすというイメージです。情報を受け取ったという連絡がいくことでサインが弱まるというイメージに置き換えるとわかりやすいでしょうか。しかし、心理的な負荷などがかかっているとこのはたらきに影響が出ます。

 

痛みを抑えるはたらきが弱くなり、強い痛みを感じ続けている状態や、少しの痛みに過敏に反応するようになってしまうのです。

多くの人が心理的な影響を経験している

私たちは痛み記憶というものをもっています。過去の経験で痛みを受けた状況を覚えているということです。ストレスと腰痛との関連で言えば、ストレスを強く受けた状況で腰痛を感じると、その後同じ状況になるだけで腰痛が引き起こされます。

 

職場で過度の緊張状態となった場合や、家庭で何かトラブルがあった場合など、そのときの感情が思い出されるだけでも痛みの原因となることがわかっています。一度レールに乗ってしまうと、仕事、家庭、生活、経済状況などあらゆる要素が引き金になってしまうということです。緊張でお腹が痛くなるというのは多くの人が経験していますが、腰痛との関連も気付いていないだけで多くの人に起こっているということですね。

 

腹痛や腰痛に対して市販薬を飲んでいるという人もいるかと思いますが、身体や心を全体として扱う漢方などが効果的なのも心との関係があるからと言えるでしょう。

こちらも参考にしてみてください。
腰痛の薬おすすめランキング!飲んで効くのはコレ!

どちらからも起こり得る

腰痛と心との関係については理解してもらえたでしょうか。次はうつ病から腰痛が起こることと、その反対で腰痛からうつ病になってしまうということについて仕組みをみていきましょう。

うつ病から腰痛

うつ病の症状の1つとして腰痛が挙げられると述べましたが、ストレスなど心理的な負荷がかかっている状態では同じような動作をしていても腰の周囲の筋肉への負担が大きくなることが明らかにされています。単純な荷物の上げ下ろしなどでも、心理的な負荷がかかっていることで腰部へかかる力が大きくなり、負荷がなければ腰部への力も減少するということです。

 

負担が大きいということはそれだけ腰痛になりやすい要因を抱えていることになり、それが積み重なれば日常生活の動作でも充分腰痛を起こし得るということですね。また、身体的な面をみると交感神経が過剰にはたらく状態が続くことで筋肉や血管は収縮し、血流が悪くなってしまいます。

整体師
負担がかかりやすくなってしまうことに加えて、血流が悪くなって組織の状態や回復に影響が出ることで腰痛が起こっていると言えますね。

腰痛からうつ病

腰痛からうつ病が起こるというのは、慢性化した場合に起こりやすいとされています。慢性化した腰痛では組織そのものの問題だけでなく、心理的もしくは社会的な要因も加わってくると上述しました。非特異的腰痛のおよそ60%はこれらの要因も絡んでいるということでしたね。

 

痛みが続くと気持ちも落ち込みやすくなり、痛みが強かったり長引くほど精神的な健康は保ちにくくなっていきます。いろいろと手を打っても変わらなければ、何をしても変わらないという無力感にも襲われてしまうでしょう。痛みで何もできない、やる気が起こらないということから悪循環にはまっていってしまい、うつ病やそれに近い状態になってしまうということです。

整体師
痛みの悪循環にはまってしまうと抜け出すのは簡単ではないことが多いです。しっかりとした理解、そして長引かせないよう適切に対処していくことが大切です。

腰痛と心の状態の関連をチェックしよう!

腰痛とうつ病との関連についてみてきましたが、最後は自身で腰痛と心との関連をチェックしていきましょう。痛みや心との関連についてはチェックの方法にもいくつかありますが、主な方法の1つであるBS-POPというものを紹介します。腰痛患者さん用に作られた質問紙で、答えに対して点数化することでストレスとの関連をチェックするものです。

Brief Scale for Psychiatric Problems in Orthopaedic Patients

以下の質問に対して直近1ヶ月の状態を選択し、点数化してください。

 

1、突然泣きたくなったり、泣いたりすることがある

いいえ1点  時々2点  ほとんどいつも3点

 

2、わけもなくいつもみじめな気持ちになったり気が浮かない

いいえ1点  時々2点  ほとんどいつも3点

 

3、いつも緊張したりイライラする

いいえ1点  時々2点  ほとんどいつも3点

 

4、ちょっとしたことですぐに腹が立つ

いいえ1点  時々2点  ほとんどいつも3点

 

5、食欲は普通か

いいえ3点  時々なくなる2点  普通1点

 

6、一日の中では朝方が一番気分が良い

いいえ3点  時々2点  ほとんどいつも1点

 

7、なんとなく疲れることがある

いいえ1点  時々2点  ほとんどいつも3点

 

8、いつも変わりなく仕事ができる

いいえ3点  時々できなくなる2点  できる1点

 

9、睡眠に満足できている

いいえ3点  時々満足できない2点  満足できる1点

 

10、痛み以外の理由で寝つきが悪いときがある

いいえ1点  時々2点  ほとんどいつも3点

 

 

合計点数が15点を越える場合には、腰痛に対してストレスが関与している可能性が高いと言えます。この方法だけで決めつけることはできませんが、実際に15点を越える人のおよそ9割に心理的な問題が見つかるとされています。

整体師
心の問題が関わっているのはその人が弱いからではありません。適切な対処がされれば痛みと心の問題との関連も薄くなっていきます。原因を明らかにして、治療アプローチをよくドクターやセラピストと相談しましょう。

まとめ

腰痛とうつ病との関連や、腰痛と心との関連のチェックについて紹介してきましたがいかがでしたか?腰痛だけでなく心の健康状態は全身の健康状態に影響します。口に入れるものに気を付けている人も多いかと思いますが、頭に入れるものにも気を付けるようにすることで、心の健康も保っていくようにしましょう。

-腰痛の原因
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2017 All Rights Reserved.