【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の原因

私の腰はなぜ痛むの?腰痛が発生するメカニズムの3つのポイント

更新日:

腰痛を抱えて日々を過ごしている人や、疲れてくるとすぐに腰が痛くなってくるという人では、なぜこんなにも腰が痛くなるのかとイライラする気持ちになったり、気持ちが沈んだりするときもあるのではないでしょうか。整形外科や接骨院に通ったり、腰痛に効くという体操などケアを取り入れたり、他にも腰痛改善のためのグッズを使うなど治すためには様々な方法がとれます。薬やサプリメントもそのうちの1つですね。

 

それらを試していてもなかなか改善せずに長引いてしまう場合では、半ば諦めのように腰痛と付き合っている人もいるでしょう。症状が改善しないポイントは2つあり、改善するために正しい方法をしていない、もしくは方法は正しいが良くなるまで継続できていないとされています。腰痛のメカニズムについて知ることで、正しい方法がとれること、そして正しい方法が継続できるようにしていきましょう。

器質に問題が起こっている腰痛

まずはじめは、器質に問題が起こっている腰痛についてみていきましょう。器質とは骨や筋肉に損傷が起こっているもので、レントゲンやMRIなどの画像検査ではっきりとした所見のあるものは特異的腰痛と呼ばれます。骨や筋肉などは運動器と呼ばれ、それに関するものを運動器疾患と言います。

骨や筋肉が損傷を受けている

器質に問題があるケースとして一般的なのが骨や筋肉が損傷を受けていることによる腰痛ですね。骨の場合は高齢者の圧迫骨折などが浮かぶかと思いますが、加齢による変形も含まれます。また、腰椎の分離症や分離すべり症などは若年者で起こるので注意しましょう。

 

筋肉の場合、腰の肉離れはメジャーではありませんが、損傷を受けているケースは多々あります。微細な傷で炎症を起こしていても痛みは痛みなので、画像検査による所見としてははっきりとしない場合もあります。

神経が障害を受けている

器質に問題があるケースとしては、神経が障害を受けている場合も挙げられます。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症がよく知られているでしょう。圧力を受けてとび出したヘルニアが神経を圧迫したり炎症を起こさせることで症状が出るということですね。

 

また、狭窄症ではおおもとの脊髄で圧迫を受けて障害が起こります。ちなみに坐骨神経痛もしびれなどが起こるために神経の問題としてイメージされますが、坐骨神経痛は疾患名ではなく坐骨神経領域に起こる症状の総称です。

認識の痛みと呼ばれる

ここに挙げてきた骨や筋肉の損傷、神経の障害などは、器質に実際に問題が起こっているということで、認識の痛みとも呼ばれます。原因となっている損傷を脳が認識することで痛みを感じるということですね。

 

損傷部位は安静を保ち、負担を減らすことで回復を促します。姿勢や動作などで負担がかかっていればそれを取り除くことが必要ですし、場合によってはコルセットなどによる固定や手術が必要なこともあります。

整体師
器質そのものに問題が起こっているということもあり、手術や注射など、ドクターが関わる部分が大きいケースです。

機能面の問題で起こっている腰痛

器質に問題がない場合に痛みが出ている原因としては、機能面に問題がある場合が挙げられます。組織としては正常ではあるものの、その動きやはたらきなど機能に問題が起こっていることで痛みにつながっているということですね。

姿勢や動作によって負荷がかかっている

先にも少し触れましたが、日常生活の姿勢や動作によって身体に負担はかかります。疲れない人はいないように、単純に負担の量が大きくなればどれだけ理想的な姿勢や動作をしていても崩れてしまい、痛みにつながっていくということです。

 

筋肉が収縮や緊張を強いられることが過度になっているということで、だんだんと柔軟性が失われたり、硬く縮こまることで血流が悪くなるということですね。循環が悪くなって回復も遅れていくと、痛みを感じやすくなるということです。

画像検査などでははっきりしない

機能の問題に関しては、骨や筋肉にはっきりとした損傷などがないということで画像検査をしてもはっきりとしません。微細な損傷が起こっている場合もありますが、多くは写らないこともあり、疲労による負担や筋肉痛などと同じとイメージしてもらえば良いでしょう。

 

このような画像所見が認められない場合を非特異的腰痛と言い、腰痛全体では85%が該当すると言われています。原因不明や異常なしとされて経過観察になるのはこのケースです。

異常なしと言われても現実に腰は痛い!腰痛の85%が原因不明とされる理由

  腰が痛くて整形外科を受診したときに、原因がわからないと言われたり特に異常はないと言われた経験をした人は少な ...

続きを見る

警告の痛みと呼ばれる

器質に問題がある場合を認識の痛みと述べましたが、機能面の問題の場合は警告の痛みと言われます。負荷がかかりすぎており、これ以上は大きな損傷につながるという身体のサインです。限界というサインを脳が受け取ることで痛みを感じるということですね。

 

負荷の蓄積の原因となっている姿勢や動作を改善しない限り、何度でも再発します。安静や薬の服用で一時的には治まっても、また負荷がかかれば再発するということですね。

整体師
根本の姿勢や動作による負担が改善されないことで、多くの人が繰り返すもしくは長引く腰痛に悩まされているということです。機能面ということで、その改善にはセラピストが関わる部分が大きいケースです。

それ以外の原因で起こっている腰痛

運動器や機能に問題がない場合の腰痛で考えられるものとしては、内臓疾患などのケースが挙げられます。また、慢性腰痛では組織の問題だけでなく心理面の要因も複雑に絡むとされているので、ストレスなどによって長引いているケースもあるということです。

消化器疾患

内臓疾患で心配されるのは、まずは消化器系ですね。腸に問題があると関連痛として腰に痛みが起こりやすいとされています。内臓疾患に共通することですが、ポイントとしては姿勢や体勢によらず痛みが変わらない、治療やセルフケアなど対処をしていても2週間以上症状が変わらないという場合は一度受診しましょう。

 

寝ていても何をしていても気になる、そして改善のために何をしても変わらないということがキーワードになるということです。関連痛については下記も参考にしてみてください。

肝臓の問題から腰痛が起こることも?はたらきや痛みとの関連とは

長引く腰痛を抱えている人では、ひょっとして内臓に何か問題があるのではないかと不安になる人もいるかと思います。腰痛の多くは ...

続きを見る

泌尿器疾患

内臓疾患では、泌尿器系の疾患も原因として考えられます。腎臓は左右にありますが、腎臓に問題が起こることでどちらか片側もしくは両側が痛くなるということです。また、腎臓だけでなく尿路での問題も腰痛につながります。

 

女性では尿道が短いという構造的特徴から膀胱炎になりやすいとされていますが、膀胱炎も関連痛として腰の痛みを引き起こす疾患の1つです。排尿や排便に異常がある場合には上述した神経の圧迫なども考えられるので、それも含めて早期に受診するようにしましょう。

生殖器疾患

腰痛に関連する疾患としては、生殖器の疾患も挙げられます。特に女性では経験している人も多いのではないでしょうか。生理のときや排卵のときに腰痛が起こるという人も多いと思います。

 

子宮や卵巣に炎症が起こっていたり、何らかの疾患の場合に腰痛が起こるということです。生殖器疾患の場合は下腹部痛も伴っていることが多いとされており、月経の異常も含めて長引く場合は放置せずに受診するようにしましょう。

精神疾患

慢性的な腰痛では、ストレスなどから痛みの悪循環にはまってしまう可能性があります。痛みによって筋肉や血管が縮こまり、血流が悪くなることで回復が遅れるとさらに痛みを感じやすくなります。縮こまるのはストレスによっても縮こまるので、同じことが起こるということですね。

 

また、長引いてなかなか改善しないと無力感に苛まれ、無気力やうつなどにもつながっていきます。家族や職場、社会との関係が原因となって長引いている腰痛もあるということです。日本ではまだまだ浸透しているとは言い難いですが、腰痛など痛みと精神の関連は深いので、気になる場合は心療内科などを受診することも考えてみると良いでしょう。

まとめ

今回は腰痛が発生するメカニズムについて、器質に問題がある場合、機能に問題がある場合、その他の原因で起こる腰痛をそれぞれ紹介してきました。冒頭でも述べたように、それぞれの腰痛が起こるメカニズムを知ることで正しい方法での対処ができます。あとは良くなるまでそれが継続できるかどうかです。特効薬のようなものを望む人も多いですが、しっかり根本から改善することで、腰痛を治すということだけでなく、腰痛になりにくい身体も手に入れていきましょう。

-腰痛の原因
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2017 All Rights Reserved.