【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の薬

自分が何を飲んでるか知ってる?処方薬の種類や副作用を理解しよう

投稿日:

腰痛に対して薬物療法がとられることは一般的な治療と言えますが、処方された薬や使用されている薬剤についてきちんと理解している人はどのくらいいるでしょうか。痛みを抑えるといった効果は知っていても、胃が荒れるといった副作用など効果以外のところを細かく知った上で服用しているという人は多くはないと思います。

 

腰痛に対して用いられる薬についてはいくつか種類があり、症状や経過、目的によって使い分けられていますが、理解が浅い故に途中で止めてしまったり正しい使い方ができずに効果がそれほど得られないということにもつながっているようです。それらの薬について効果や副作用などをきちんと理解して服用することで、症状の改善につなげていきましょう。

 

今回は腰痛に対する薬について主なものを挙げ、それぞれ概要や機序、副作用などを紹介していきます。

腰痛に対する薬①NSAIDs

腰痛に対する薬でまずはじめに紹介するのは、NSAIDsです。NSAIDsは多くの人が飲んだことがある薬だと思いますが、どのような薬なのでしょうか。

NSAIDsとは

NSAIDsはnonsteroidal antiinflammatory drugの略であり、エヌセイズやエヌセッドと呼ばれています。非ステロイド系抗炎症薬とされるものです。ステロイドではないということで、ステロイドというと効き目の強い薬というイメージもあるかと思いますが、まずはステロイドよりもこちらが選択されることが多いということです。ステロイドについては後述します。

最も一般的な痛み止め

腰痛に関しては第一選択薬ともされており、最も一般的な痛み止めと言っても良いでしょう。ロキソニンやボルタレンなどが良く知られており、処方薬だけでなく市販薬でも含まれているものを使っている人が多いのではないでしょうか。

 

その他にはアスピリンやインドメタシン、アセトアミノフェンなどが知られているかと思います。アセトアミノフェンはカロナールと言った方がわかりやすいかもしれませんね。

NSAIDsの作用機序

NSAIDsは炎症反応の過程で痛みを感じさせる物質が放出されるのを防ぐというはたらきがあります。細胞の構成物質に酵素が作用することによって痛みを感じさせる物質が発生します。プロスタグランジンなどは聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

その酵素のはたらきを阻害することで、プロスタグランジンなどの痛みを感じさせる物質が発生するのを未然に防ぐということですね。ただし先に挙げた中でアセトアミノフェンははたらきが違い、中枢神経で痛みを感じる度合いを下げることで鎮痛にはたらいています。

整体師
アセトアミノフェンの方が副作用が起こりにくく、小児にも安心使えるとされています。アメリカではアセトアミノフェンが第一選択となることが多いようです。

NSAIDsの副作用

NSAIDsの副作用としては、最も知られているのが消化器系の症状でしょう。胃が荒れたり、吐き気や下痢を起こします。大抵の場合は胃粘膜を保護する薬も一緒に処方されますね。長期に渡るとその分起こりやすくなるので、特に市販薬を長期に服用している場合には気を付けましょう。

 

近年では副作用を起こしにくいタイプが出されているようですが、それでも起こる人は少なくないようです。その他、腎臓や肝臓、心臓などに副作用が起こる場合もあります。

腰痛に対する薬②ステロイド

腰痛に対する薬として次に紹介するのは、ステロイドです。強い薬として知られるステロイドですが、どのような薬なのでしょうか。

ステロイドとは

ステロイドとは、本来は身体の中で分泌されているホルモンのことを指します。ステロイドのホルモンにはいくつかありますが、そのうちの副腎と呼ばれる臓器で作られているホルモンに炎症を抑えたりアレルギーを抑えるはたらきがあります。

 

このステロイドホルモンを人工的に作って薬として用いることで鎮痛や炎症を抑えることを図っているということですね。効き目の強い薬で、副作用も強いということが広く知られているかと思います。

ステロイドの作用機序

ステロイドも作用機序としてはNSAIDsと同じように、痛みを感じさせる物質が放出されるのを防ぐことで鎮痛にはたらいています。炎症部位で痛みを感じさせる物質、上述したプラスタグランジンやブラジキニンなどが酵素によって作り出されるのを防ぐということです。私たちの身体の中で起こっている鎮痛のしくみを、人工的に薬にしているということですが、もともと強い鎮痛のしくみがあるということですね。

ステロイドの副作用

ステロイドは効き目が強い分だけ副作用も強いというイメージだと思いますが、その最もメジャーなものは免疫力の低下です。炎症を抑えるというはたらきを強力にしてくれますが、そのはたらきによって免疫も抑制されてしまうということです。

 

量や期間などのコントロールが重要とされており、骨粗鬆症や糖尿病にもつながってしまうようです。

整体師
もっとも、腰痛に関してはブロック注射に用いられるケースが主なので、ドクターとよく相談して信頼関係が築けていれば技術的な面以外の問題は少ないでしょう。

腰痛に対する薬③オピオイド

腰痛に対する薬としては、オピオイドも挙げられます。ステロイドと非ステロイドということで先に挙げてきましたが、鎮痛という面では専門的にはオピオイドか非オピオイドかという面で分けられます。

オピオイドとは

オピオイドとは医療用の麻薬のことで、医療用麻薬と言うと末期がんなどの痛みを和らげるために使われるモルヒネなどが知られているのではないでしょうか。長引く腰痛で痛みも強いような場合に、その強力な鎮痛作用を期待してオピオイドが使われるということです。ただし、すべてのオピオイドが麻薬ということではなく、麻薬性と非麻薬性のものとがあるということです。

オピオイドの作用機序

オピオイドは医療用麻薬と述べましたが、麻酔のように神経の伝達に作用するイメージがわかりやすいでしょう。上述したような痛みを感じさせる物質の刺激によって神経が痛みを感知するのを抑制したり、神経によって痛みの情報が伝達されていく過程でそれを抑制します。

 

モルヒネの他にフェンタニル、オキシコドンといったものが挙げられ、パッチやテープで用いられることも多いとされています。オピオイドの中でも弱いものには、トラマドールやペンタゾシンなどが挙げられます。

オピオイドの副作用

オピオイドの副作用として充分な注意が必要とされるのが、依存性です。医療用なのでそれほど強くはないですが、用法や用量を守らないと依存症になってしまうリスクが高まります。定められた使用法を守るということや、自己判断で中止しないことが大切です。

 

また、飲み始めには眠気や痒み、そして吐き気や便秘などの消化器症状が出やすいようです。ふらつきがみられたり、高齢者では錯乱状態が起こることもあるので転倒などに注意しましょう。自動車の運転なども避けるように指導されます。

まとめ

今回は腰痛に対する薬について主なものを挙げ、それぞれ概要や機序、副作用などを紹介してきましたがいかがでしたか?薬は正しく使えば症状を改善する味方になってくれますが、間違って使ってしまうと毒にもなるものです。効果だけでなく副作用なども理解し、さらに機序まで知っていると痛みに関してはより効果的になります。正しい理解のもとで使用し、症状の改善につなげていきましょう。

 

腰痛の市販薬については下記を参考にしてみてください。
腰痛の薬おすすめランキング!飲んで効くのはコレ!

-腰痛の薬
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2017 All Rights Reserved.