【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛対策

しつこい腰痛を解消しよう!腰痛予防・解消にこの道具が効果あり!

更新日:

腰痛に悩む人は、どうにかして腰痛が出にくい体にしたい!と思うものです。腰痛の予防や解消をするのに良い道具やグッズがあれば、ぜひとも頼りたいと思う人は多いですね。エクササイズや日頃のケアを行うことで腰痛を予防・解消しましょう。

しっかり伸ばして腰痛解消!ストレッチ用グッズ

腰痛の原因の一つに腰や背中、お尻や太ももなど、周囲の筋肉が凝り固まっていることが挙げられます。うまくストレッチしようとしてもなかなか大変ですが、道具を使えば手軽に効率よくストレッチを行うことが出来ます

ストレッチ用ポールは手軽にストレッチできる

上に乗って寝転がって動くだけで手軽にストレッチできる「ストレッチ用ポール」は背筋や腰周辺の筋肉をほぐすのに非常に効果があります。股関節をほぐしたり、骨盤の歪みを矯正したりすることでも腰痛の解消になりますし、ストレッチ用ポールを使った簡単なエクササイズで腰痛の予防を行うことも出来ます。

痛みが強いときにはストレッチ用ポールは使わないこと

ストレッチ用ポールは痛みがあるときに使用すると逆効果になる場合もあります。腰痛の原因は筋力不足や血行不良だけではなく、椎間板ヘルニアや内臓系疾患など、さまざまな物があります。そのため、ストレッチをすることで改善する腰痛もあれば、逆に悪化してしまうという場合もあるのです。痛みが無いときであれば腰痛の予防になりますが、痛みが強いときには控えるようにしておきましょう。

予防のために腹筋・背筋のエクササイズ用の道具を使おう

腰痛の原因が運動不足や筋力不足、血行不良であった場合、腹筋や背筋のエクササイズを行うことで腰痛の予防をすることが出来ます。ただし無理なエクササイズは逆効果になる場合があります。「ワンダーコア」のような体を倒すだけで腹筋も背筋も鍛えられ、体への無理な負担が少ない器具が人気ですので、試してみると良いでしょう。また、腹筋ローラーは簡単に使えて効果が非常に高いと評判のトレーニング器具です。

腰痛になるのは運動不足が原因?腰痛改善に効果のある運動方法とは?

腰痛になると、身体の様々な動きが制限されてしまい、日常生活に支障が出てしまいます。腰痛になりやすい人の特徴として、運動不 ...

続きを見る

普段の座り方を矯正するための道具とは?

腰痛の原因の一つに、長時間に渡るデスクワークや運転で、腰に負担のかかる座り方をしている事が挙げられます。座り方一つとっても腰への影響は非常に大きいのです。正しい座り方ができるようにするグッズを導入してみると良いでしょう。腰への負担がぐっと軽くなりますよ。

椅子を選ぼう

腰に負担がかからないようにする基本は椅子です。会社でのデスクワークで自分の椅子を持ち込んだり、自分専用の椅子を発注するということは難しいでしょうが、自宅で使う椅子ぐらいはしっかりこだわりたいものです。市販されている椅子の中には、「座るだけで腰に負担のかからない座り方になる椅子」があります。「バランスチェア」や「プロポーションチェア」と言った名前の椅子は座るだけで背筋が伸びるように設計されています。座面に角度がついており、座っただけで立ち姿勢と同じように、自然と背筋が伸びる姿勢になります。

クッションや矯正用マットを使おう

仕事場などで椅子を変えられない場合には、ドーナツ型の円形クッションや、美しい姿勢で座れるような、椅子にセットして使うマットやサポートシートのようなものがあります。座るだけで背筋が伸び、骨盤の歪みを整えてくれます。

腰を守って支える道具を使おう!

鍛えたりほぐしたりするだけでなく、痛めてしまった腰を支えたりサポートしたりといった道具を取り入れるのも大切なことです。

腰痛ベルトやコルセットを使う

腰痛ベルトやコルセットなど、骨盤を矯正してくれたり腰を固定し、支えてくれたりするグッズは腰痛には非常に効果があります。骨盤の歪みを固定し矯正してくれる「骨盤バンド」、締めることで腹腔圧を高め、腰にかかる負担を軽減する「腰痛ベルト」や「コルセット」があります。本来筋肉によって腰の負担を軽減するところを、筋肉の代わりの役割をベルトやコルセットが果たすことになります。

種類 特徴
硬性コルセット 病院で処方されてオーダーメイドする。高額だが保険適用。着けると腰はほぼ動かないくらい固定できる。
軟性コルセット 市販されている。布製のものをマジックテープで止めるタイプか、総ゴム製のものもある。硬性コルセットほど動きが宣言されるわけではないが、固定する力は強い。
腰痛ベルト 軟性コルセットより固定する力は弱いため、動きやすい。
骨盤バンド 骨盤の歪みを矯正するためのもの。腰の負担を軽減するものではないが、骨盤の歪みを矯正することで間接的に腰痛に効果がある。

サポーターなどで温めよう

整体師
捻挫や打撲等の直後は冷やすことが多いですが、慢性的な腰痛や炎症が収まったあとの腰痛は温めて血行を促進する方が良と言われています。そのため、サポーターなどを使って温めることで血行を促進するのも良いでしょう。

寝ているときにも腰に優しく!寝具の選び方

人間は1日の3分の1から4分の1をベッドの上で過ごしていると言われます。そのため、腰に負担のかからないような寝具・マットレスを選ぶ必要があります。

高反発マットレスがおすすめ

一般的に「腰痛の人には固いベッドや床に布団を敷いて寝た方がよい」と言われることがありますが、正しい部分もあれば、間違っている部分もあります。やわらかすぎるベッドに比べると、固めのベッドの方が良いですが、固すぎても良くありません

ポイントは「体圧分散性」

仰向けに寝ているときには頭・肩甲骨・尻・かかとの4点に特に体重がかかります。この4点にかかる体重をうまく分散させることで、寝ている間に腰にかかる負担を減らすことができます。この体重を分散させる「体圧分散性」が高いマットレスが腰痛の人に良いマットレスだということができます。

寝返りのうちやすさもポイント

体圧分散性の高いマットレスは「高反発マットレス」「低反発マットレス」と呼ばれるウレタン製のマットレスです。その中でも「高反発マットレス」は体圧分散性も高く、適度な沈み込みが体をしっかり支えてくれ、寝返りが打ちやすいため、腰痛の人に適していると言われています。

低反発マットレスは腰痛にはオススメできない

高反発マットレスに対し、低反発マットレスという商品もあります。低反発マットレスはその名の通り、反発力が低いため、体重をかけると沈み込むような感触になります。そのため、マットレスに包み込まれて寝ているような感覚になり、非常に寝心地が良いのが特徴です。寝心地では低反発マットレスにかなうものはありませんが、その沈み込みによって寝返りが打ちづらくなるという欠点もあるのです。そのため、腰痛の人には低反発マットレスは適さないと言われています。

店頭で一度寝てみると良い

整体師
マットレスを購入するときには、必ず店頭で一度寝てみると良いでしょう。高反発マットレスにもそれぞれの商品ごとに固さや柔らかさの違いがあります。実際に寝てみて、沈み込みや反発力、寝返りのうちやすさなどを確認してから購入しましょう。
寝ている間も腰痛ケア!腰痛の人にベストな寝方と寝具の選び方は?

腰痛で横になるのがツライ、朝起きたら腰が痛い、マットレスや枕が合わずに腰が痛くなってしまうなど、寝ている間でも腰に負担が ...

続きを見る

腰痛を解消するためにさまざまな道具も活用しよう

腰痛は日常生活でのさまざまな活動のさまたげになります。痛みが出ないのが一番ですから痛みが出る前にストレッチやトレーニングでケアをしたり、使っている寝具のことを気にかけたりすると良いでしょう。自分の力だけでは解消できない場合には、さまざまな道具を使ってみるというのも良い方法ですよ。

-腰痛対策
-, , , , , , , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2017 All Rights Reserved.