【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

このサイトでは、2人に1人が抱えているとも言われる腰痛に関して、その症状や原因、セルフケアによる治し方や病院への受診タイミング、そして市販薬やサプリメント、マットレスなどのその他の対策も含めて紹介しています。

整体師
慢性的に腰痛に悩まされている人から、ぎっくり腰のような急性の腰痛を繰り返している人まで程度や症状も様々だと思いますが、腰痛についてしっかりと理解することで症状に悩まされることのない生活を取り戻しましょう。

まずは腰痛の症状をチェック!

 

一言で腰痛と言っても、人によって症状は違います。腰の右側や中央など痛みの部位の違いもあれば、特定の動作をすると痛みが出る場合など姿勢やシチュエーションの違いなどです。

 

また、普段から慢性的な痛みを抱えている場合や、何かをきっかけに急に痛みが出てきた場合など急性の症状と慢性の症状にも分けられます。お腹の痛みが続いた場合には腰も痛くなってくるなど、内臓が関連している症状もよく取り上げられますね。

例えば座ると痛いという場合

座ると痛いという場合では、立位でかかる負担よりも座位でかかる負担の方が大きいということを示してします。姿勢が崩れていることによる症状である場合や、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などの疾患による症状ということが考えられるということですね。

 

整体師
特定の動作や痛みの性質など、キーワードが揃うことでも腰痛の原因に迫ることができます。ご自身の症状について、改めてチェックして見直してみましょう。

→ 腰痛の症状についてもっと詳しく ←

腰痛の原因を探ろう!

腰痛の症状に対して改善を図るためには、その原因を探らなければなりません。腰痛に効く体操やグッズなどが流行しては消えていきますが、自身の原因に合ったものであれば改善が期待でき、合っていなければ改善が見込めないということです。

 

あの体操が効いたという声やあのグッズは効果がなかったなどという声は必ず存在しますが、自身の原因を知らずに取り入れるのは運任せとも言えますね。

姿勢の崩れでは骨盤のバランスが最たる例

原因として多いのは、やはり姿勢の崩れが挙げられるでしょう。背中が丸まっている猫背の姿勢の人では、骨盤が後ろに倒れる後傾というポジションが多くなります。後傾が続くことで反対の動きである前傾がとりづらくなり、背中や腰に負担が大きくなるということですね。

 

このような姿勢や動作が原因の場合や、椎間板ヘルニアなどの疾患が原因の場合などから自身の腰痛が起こっていることを知ることで、適切な対処ができるということです。

→ 腰痛の原因についてもっと詳しく ←

腰痛の治し方としてセルフケアを紹介!

自身の腰痛の症状や原因がある程度わかっていれば、それに適したセルフケアをすることで改善が見込めます。やみくもに運動やケアをしていくよりは、ある程度絞り込んで行っていきたいものですね。

 

ただし、何か特別な運動やケアが必要ということはほとんどありません。腰痛のほとんどは動作や姿勢などから起こっているものなので、自身の生活習慣や癖などから起こる偏りを見直すことでも充分改善は期待できます。

セルフケアという点では病院の治療法も同じ

症状改善のポイントは、負担を取り除いて身体の回復を促すことにあります。姿勢や動作、日常生活の習慣や癖などといった原因に対処し、身体への負担を軽減させることが重要です。

 

整体師
負担を減らせば身体は回復してくれるので、それを促すことがセルフケアの目的とも言えますね。運動をはじめとして身体の使い方や寝方など、セルフケアという点では整形外科などのリハビリとしての治療法も同じです。

→ 腰痛の治し方についてもっと詳しく ←

腰痛で病院を受診するタイミングは?

ほとんどの腰痛は姿勢や動作などを原因として起こっていますが、中にはヘルニアなど何らかの疾患が原因の場合もあります。内臓からきている腰痛などもそうですね。

 

セルフケアを続けても症状が変わらない場合や何らかの疾患の可能性がある場合など、病院を受診するべきタイミングを知っておくことも大切です。病院での治療方法や治療費などについても知っておくと良いでしょう。

接骨院や整体との違いとは

患者さんの多くで悩むポイントとなるのが、どこに行ったら良いかわからないということではないでしょうか。整形外科や接骨院、整体などの違いはどこにあるのか一般の人にはわかりづらいですね。

 

保険適用が可能かどうかなども含め、それぞれの違いについても理解しておきましょう。

→ 腰痛の病院についてもっと詳しく ←

とにかくすぐになんとかしたい場合で腰痛に有効な薬とは

原因やセルフケアなどが大事なことはわかったけど、今はとにかくすぐになんとかしたいという人も少なくないかと思います。ぎっくり腰になってしまって仕事に支障が出たというケースは、自身の場合や周囲の人の場合も含めて多くの人が経験しているのではないでしょうか。

 

整体師
対症療法でもなんでもいいからとにかく動けるようにしたいという場合などでは、市販薬に頼ることもあると思います。あまり頼ってほしくはないものですが、仕方のないケースもありますね。

副作用もしっかりと把握すること

市販薬は病院で処方される薬に比べて薬効が半分程度とされており、効かないからと言って適量を越えて服用する人もいますが絶対に止めましょう。ドラッグストアなどだけでなく、インターネットで気軽に購入出来る腰痛の薬もあるので誰でも手に入れることは可能です。

 

しかし、用法・用量があるだけでなく、薬であるからには副作用も必ず存在します。おすすめとされている薬の効果だけをみて服用するのではなく、副作用についてもしっかりと把握しておきましょう。

→ 腰痛の薬についてもっと詳しく ←

腰痛改善にはサプリも活用できる

栄養の補助として、普段からサプリメントを飲んでいるという人も多いと思います。身体のはたらきを良くして健康管理をする目的で栄養成分を摂取していたり、具体的な症状などに対して摂取している場合など様々でしょう。

 

健康管理や症状の改善に限らず、サプリメントには特定の栄養成分を含むものといくつかの栄養成分を含むものがあり、コンプレックスタイプも人気になっていますね。腰痛の症状にも効果が期待できるということです。

腰痛改善に効果が期待できる成分とは

腰痛改善に効果が期待できると言っても、薬ではないので飲めば痛みがなくなるというようなものではありません。血流の改善を図ったり、神経系のはたらきを調節するなどあくまでサプリメントは補助ということは覚えておきましょう。

 

整体師
薬以上にサプリメントは個人差があると言えます。ランキングや口コミなどを参考に、どのような成分が有効なのかや自身に合ったものが選べると良いでしょう。

→ 腰痛サプリについてもっと詳しく ←

その他の腰痛対策

 

運動などのセルフケアや病院などでの治療、そして薬やサプリメント以外にも、腰痛に対してできることはあります。腰痛に関連して様々なグッズが販売されていますが、それらを実際に購入して使ってみたという方も多いのではないでしょうか。

 

主なものではマットレスやクッション、コルセットなどが挙げられますね。ポイントでのケアグッズや、運動の補助などのグッズもあります。

やはり負担を減らすことがメイン

これらのグッズも、やはりメインは腰への負担を減らすことと言えます。負担を軽減して回復を促すということですね。上手に使うことで、症状の改善に役立てていきましょう。

→ 腰痛対策についてもっと詳しく ←

病院でヘルニアだと言われたら

臨床でよくみられる傾向の1つとして、病院でヘルニアと言われたから今の症状は仕方ないと諦めている人や、手術を行ったのにまた症状が元に戻ってしまったという人が挙げられます。どちらの場合もヘルニアという診断は事実かもしれませんが、ヘルニアについてもう少し理解する必要があります。

あまり知られていないヘルニアの事実とは

病院でヘルニアと言われた場合には、それが原因とわかって納得する反面で、症状と付き合っていくということも受け入れなければならないという心境に多くの人がなるようです。しかしこれは正解とは言えません。

 

ヘルニアや症状、さらに言えば痛みについて理解をすることで、症状の改善を諦める必要はないということを知ってもらいたいと思います。

→ ヘルニアについてもっと詳しく ←

更新日:

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2017 All Rights Reserved.