【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

ヘルニア

ヘルニアとは?原因・症状・治療・注意点まとめ

更新日:

みなさんはヘルニアと聞くと何を思い浮かべますか?腰痛を引き起こす疾患であったり、手術が必要な場合もあるというイメージでしょうか。ヘルニアという言葉イコール腰痛という認識が多いのではないかと思います。

 

しかし、ヘルニアは腰に起こる疾患というだけではありません。ヘルニアという疾患がいったいどのようなものなのか、種類について知ることでもどんな病気か理解が進むでしょう。また、ヘルニアについては知っておくべき重要なポイントがあります。

ヘルニアとは?

まずはじめは、ヘルニアの病態についてみていきましょう。ヘルニアとはどんな病気なのかについて説明していきます。

ヘルニアの意味

ヘルニアは腰だけに起こるものではないと述べましたが、病態を知るには言葉の意味を理解すると簡単です。ヘルニアという言葉はとび出すという意味とされており、病態を指してそう呼ばれるようになったということですね。組織が本来あるところからとび出してしまっている状態がヘルニアということです。

 

身体は至るところで膜に包まれている構造をしていることや、組織間の狭い隙間があることから圧力が高まってとび出してしまうとされています。とび出した先に神経があれば圧迫などが起こり、症状が出るということですね。

一般的なイメージは椎間板ヘルニア

冒頭でも述べたように、ヘルニアと言った場合は腰を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。この一般的なイメージのヘルニアは、正式には腰椎椎間板ヘルニアと言います。背骨は24個が積み重なっていますが、そのうちの5つの腰椎部分で起こるヘルニアということですね。

 

それぞれの脊椎の間には椎間板というショックを吸収したり構造を保つための組織があり、その椎間板が圧力を受けてとび出してしまうのが椎間板ヘルニアです。脊椎の間に存在すると述べたように、頸椎や胸椎でも起こります。肋骨との連結で胸郭が構成されるなどの理由から、胸椎ヘルニアは他の2つに比べてまれな疾患です。

他の部位でのヘルニア

椎間板ヘルニア以外にもヘルニアと呼ばれる状態は起こります。いわゆる脱腸がそうですね。正式には鼠径ヘルニアと言います。鼠径ヘルニアは文字通り鼠径部で起こるヘルニアで、お腹を包んでいる腹膜や腸が狭いスペースからとび出してしまっている状態です。

 

鼠径靭帯という鼠径部のシワにある靭帯よりも頭側にとび出しているものが鼠径ヘルニアです。鼠径靭帯よりも足側にとび出てしまう場合もあり、この場合は大腿ヘルニアと呼ばれます。鼠径ヘルニアは中高年の男性、大腿ヘルニアは中高年の女性に多いとされており、出産が多かった人がなりやすいようです。

椎間板ヘルニアの原因と症状

次は、椎間板ヘルニアの原因や症状についてみていきましょう。どのような原因で起こり、症状を呈するのでしょうか。

姿勢や加齢が主な要因

椎間板ヘルニアの主な原因としては、まずは姿勢が挙げられます。腰を丸めている姿勢が多い人や、その姿勢での作業が多い人などでは椎間板に後方への圧力が常にかかっていることになります。そして、圧力がかかり続けた結果として脆くなってしまった部分から椎間板がとび出すということです。

 

また、加齢によってヘルニアが起こりやすい状態になっていってしまうことも原因の1つとされています。ただし、高齢になると椎間板やその中の髄核の水分も減っており、とび出すほどの圧力にならないために数は多くないということのようです。

痛み以外の症状に気を付ける

椎間板ヘルニアの症状としては、やはり痛みは挙がりますね。ただし、姿勢が原因の1つ述べたようにもともと痛みの出る要因はあったとも言えます。痛みに加えて、神経の圧迫があるかどうかがポイントです。

 

圧迫された状態では、しびれや力の入りづらさが現れます。通常は症状は片側で、感覚の低下がみられる場合もあります。生殖器と肛門の間の会陰(えいん)部分にしびれなどが出ている場合や、排便に違和感を感じるような場合では早急に受診するようにしましょう。

椎間板ヘルニアの治療・注意点

では最後は、椎間板ヘルニアで知っておくべき重要なことを紹介していきます。これを知っていることで、ヘルニアの治療に関して後悔する人が少しでも減ってほしいものです。

手術をしても症状が再発する人は多い

椎間板ヘルニアに限らずですが、脊椎の手術を行って成功したとしても、数年後には症状が再発するというケースは少なくないとされています。椎間板ヘルニアや変形性脊椎症の手術に加え、側弯症の手術なども当てはまります。ひどい場合には手術後にも症状が変わっていなかったという場合もあるようです。

 

側弯症に関しては、脊椎を固定しても同じように側弯していってしまうケースもあります。これでは何のために手術を受けたのかわかりませんね。手術は成功していなかったということでしょうか?

 

さすがに失敗しているのを成功したと言うようなドクターはいないと思いますが、症状が再発したという結果をみると、身体の組織の扱いは成功しても症状に関しては失敗したと言わざるを得ませんね。

整体師
実際に、「手術は成功したと言われたけど、症状は変わらない」という患者さんの声も耳にします。

画像所見だけではあてにならない?

なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。椎間板ヘルニアや変形性頸椎症などは、加齢に伴って誰にでも起きるものとされています。ある程度の年齢であれば、レントゲンやMRIなどで検査をすればヘルニアや変形がみられる人が少なくないということです。

 

近年では見直されてきていますが、腰に症状が出ているということで画像検査を行い、ヘルニアや変形が認められると短絡的に原因とされていました。手術をしなければ根本は変わらないと言われた人も多いでしょう。

 

この、「症状が出ていて画像検査で所見がある」というところから「手術」までがとても短かったということですね。しかし、ある程度の年齢の人では珍しくないということであれば、もっと患者数が多いはずとも言えます。

その症状が本当にヘルニアによって起こっているのか

画像所見から手術までが短いことが、症状の再発に関わっていると述べました。ポイントは、ヘルニアや変形が起こっているからといって症状が必ず出るというわけではないということです。ヘルニアや変形があっても何の症状もなく日々の生活を送っている人もいるということですね。

 

このことから必要なのは、画像所見から手術までの間に、その症状が本当にヘルニアや変形からきているのかをしっかりと確かめる必要があるということです。上述したように近年は見直されていますが、それでもまだ画像所見をとってすぐに手術を奨められるというケースは存在するようです。

 

痛みだけでなく神経症状などその他のポイントをしっかり精査してから手術を受けたいものですね。

整体師
もし手術を行う場合でも、これらの点をドクターとよく相談してから決断しましょう。

まとめ

ヘルニアがどんな病気かということや、椎間板ヘルニアの症状、そして知っておくべき重要なポイントについて紹介してきました。ヘルニアの手術は慎重にということですが、逆に言えばヘルニアと言われたからと言って必ずしも症状がそのせいとは限らないということです。特に痛みしか症状がない場合では、手術の判断は慎重に行った方が良いでしょう。

 

整体師
この重要なポイントをしっかりと理解しておき、椎間板ヘルニアの治療で後悔をしないようにしたいものですね。

-ヘルニア
-, , , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.