【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

ヘルニア

ヘルニアは整骨院で治る?保険は効く?施術内容?疑問まとめ

更新日:

椎間板ヘルニアと診断を受けた場合、症状に対して行われるアプローチはいくつかありますが、その方向性については納得いかない人も少なくないようです。リハビリを受けたいけど薬物療法で経過観察になったという場合などがそうですね。このような場合では、自身で治療を受けられる場所を探すという人も多いのではないでしょうか。

 

整形外科以外では接骨院や整骨院、鍼灸院、整体、カイロプラクティックなどが治療や施術を受けられる場所になりますが、これらの違いはあまり知られていないと言っても良いでしょう。今回は接骨院や整骨院でヘルニアの治療に対してできることや、保険適用など覚えておきたいポイントについて紹介していきます。

 

整骨院でヘルニアは治る?施術内容を公開

では最後は、接骨院や整骨院でヘルニアに対してどのようなことをしていくかといった流れについてみていきましょう。

負担の軽減を図る

まずはじめは、その痛みなどの症状が少しでも楽になるよう負担の軽減を図るということでしょう。患者さんとしても、少しでも楽にしてほしいというのは当然のことですね。この点に関して言えば、電気やマッサージなども効果的と言えるでしょう。

 

痛みがあると筋肉や血管が収縮して循環が悪くなってしまいますが、その状態では身体の回復もなかなか進みません。電気やマッサージを行うことで循環が良くなれば、痛みの原因となっている物質を流すこともでき、回復も促せるということです。

負担のかかりにくい身体にしていく

負担の軽減だけでは対症療法と同じです。根本の改善が必要と上述したように、負担のかかりにくい身体にしていく必要があります。普段の姿勢が原因であれば、その姿勢を変えていくよう図ることで負担がかかりにくくなるでしょう。

 

仕事などの負担に関しても同様です。どうしても負担が避けられないというケースもありますが、身体の使い方や意識を変えるだけでも負担のかかりにくいようにしていくことはできます。

回復力を強くしていく

姿勢や身体の使い方を変えることに加えて、さらに体幹を鍛えるなどの身体づくりもしていくことが効果的です。体幹を鍛えることで負荷に耐えられるようになったり、回復力も強くなることが期待できるでしょう。

 

整体師
まずは負担を減らすこと、そして負担のかかりにくい身体にしていくこと、最後は対応力や回復力の高い身体にしていくというところまでできれば、腰痛に限らずその他の症状とも無縁になるでしょう。すべて順番というわけではなく、並行して行っていくことも必要です。

接骨院・整骨院でヘルニアに対しての保険適用はできない

まずはじめは保険適用について知っておきましょう。接骨院や整骨院では保険を使って施術が受けられると思っている人が多いですが、その適用には条件があります。なんでもかんでも保険で安く施術が受けられるわけではないということですね。

整体師
患者さんの不利益になることは少ないですが、どのような場合に保険適用となるのかを知っておいてもらうと良いでしょう。不正が発覚した場合には、後に全額自費負担になる場合もあります。

急性期のみの適用

接骨院で保険適用となるケースは、急性のケガのみです。骨折や脱臼、捻挫、打撲、挫傷というのが正式な範囲で、捻挫は一般的なのでわかりやすいかと思います。打撲などで痛みや動きに制限がある場合も保険適用となるということですね。

 

挫傷というのは肉離れをイメージしてもらえると良いでしょう。直接的に外力が加わった部分以外に損傷が起こるケースが当てはまります。また、骨折や脱臼は整復を行うことができますが、その後に医師の診察が必要です。

 

そして、その後のリハビリを接骨院や整骨院で行うことに関しての同意が必要になります。正しくは接骨院や整骨院での後療法と言います。これらが接骨院や整骨院で保険適用となるケースです。

患者照会への返答は正確に

これを聞くと、「あれ?当てはまらないけど保険を使って施術を受けている?」という人もいるでしょう。また、上記のケースであれば日常生活がそれまで通り送れるようになるのにそう時間はかからないかと思います。骨折など一部のケースを除いて、長期間に渡る施術でも残念ながら不正が行われているケースが多いということです。

 

近年では患者さんにどのような目的で接骨院に通ったのかや通院日数などを確認する患者照会も多くなっているので、そのような手紙が来たという人もいるかもしれません。照会が届いた場合には自身の保険傷病名や期間などを接骨院に確認しましょう。

 

整体師
照会は忘れたころに届くということが多いです。記憶だけでは通院日数など誤りが出やすいですが、不正をしていなくても間違って返答してしまうと保険適用が取り消されれる場合もあるので、一度通院先に確認すると良いでしょう。

ヘルニアは当てはまる?

ここまでみてきて気付いたかと思いますが、ヘルニアは接骨院での保険適用のケースには入りませんね。ヘルニアとわかっていなければスポーツ時などに起こった急性の腰の症状として施術されるケースもあるかと思いますが、診断がついている段階では急性期を終えていることが多いでしょう。

 

また、事故などの外力によって起こるケースもありますが、その場合は整形外科で治療を継続することがほとんどだと思います。基本的にはヘルニアの場合、接骨院や整骨院で保険適用はできないと覚えておきましょう。

接骨院・整骨院で施術を受けるときのポイント

接骨院や整骨院で保険適用はできないと述べてきましたが、施術を受けることは可能です。保険が適用されないので全額自費ということになります。

全額自費という点では民間と同じ

ヘルニアの場合でも、全額自費で施術を受けることが可能です。信頼している施術家にみてもらいたいというのは多いと思います。ヘルニアの場合では、制度上の扱いは民間と同じと言えるでしょう。自費であるので、接骨院で受けても整体やカイロプラクティックで受けても扱いとしては同じであり、場所によって料金が変わります。

 

違いと言えば国家資格を保有しているかしていないかという点になりますが、民間資格しかもっていない人でも勉強をしている人は多いので、やはり信頼というのがポイントになるのかもしれません。国家資格をもっているからという優劣は、一概には言えないということですね。

ただ揉まれて終わりでは意味がない

ヘルニアの治療に限らずですが、慢性的な症状などにルーティンのように電気を当ててマッサージをしてもらってという治療が多いのも事実です。これは整形外科でも接骨院でも同じでしょう。電気をはじめとする物理療法は、多くが急性期にのみ効果が明らかになっているものです。

 

また、マッサージにも同じことが言えます。電気を流して身体を揉んでもらってという流れでは、その場では楽になっても根本が変わっているとは言えません。このことが回復までの期間を延ばしているとも言えるので、根本を変えるという点を意識して選択することが望まれます。

姿勢の保持など負担の軽減をしてくれるところを選ぶ

根本とは、ヘルニアが起こっている原因が何かということですね。多くのケースでは日常の姿勢の崩れや仕事などの負担です。それらを変えることが本当の治療や施術と言えるでしょう。

まとめ

接骨院や整骨院でのヘルニアの施術や保険適用について紹介してきました。根本を変えるということについては、整形外科での治療も同様なので覚えておきましょう。姿勢や仕事の負担が変わらなければ、手術をしても再発することもあります。適切な治療や施術を行っていき、症状を改善したいものですね。▼

-ヘルニア
-, , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.