【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

ヘルニア

首のヘルニア|原因・初期症状・手術・リハビリに関するまとめ

更新日:

頸椎椎間板ヘルニアという言葉を聞いたことがあるという人はどのくらいいるでしょうか。

ヘルニアって腰じゃないの?と思う人も少なくないでしょう。

しかし、腰椎の椎間板ヘルニアと同じように頸椎にも椎間板ヘルニアは起こります。

まれではありますが、胸椎でも起こることがあり、脊椎のどこで起こっても不思議ではないということですね。

そんな中で頻度の多いものが腰椎でのヘルニアや頸椎でのヘルニアということであり、今回は腰椎ほど取り上げられない頸椎の椎間板ヘルニアについて紹介していきます。

頸椎椎間板ヘルニアの原因や症状、リハビリについて知っていきましょう。

腰だけでなく首にも起こるヘルニア

冒頭でも述べたように腰椎と同じように頸椎にもヘルニアは起こります。

まずはヘルニアの概要についてみていきましょう。

頸椎の部分で起こる

椎間板ヘルニアとは、背骨の1つ1つの間でクッションや構造保持の役割を果たしている椎間板が、圧力を受けることで本来の位置からとび出してしまうことを言います。

背骨1つ1つの間に椎間板があることによって、スムーズに身体を動かしたり、背骨の位置関係が保たれるということです。

椎間板がなければあっという間に骨がすり減ってしまうとも言えます。

背骨は24個が積み重なっており、そのうちの7つである頸椎の部分で起こるのが頸椎椎間板ヘルニアということですね。

頸椎はもともと前にカーブを描いており、そのカーブによって起こりやすい部位と起こりにくい部位が出てきます。

脱腸も同じ意味?

みなさんは鼠径ヘルニアや大腿ヘルニアという言葉を聞いたことがありますか?

いわゆる脱腸は鼠径ヘルニアのことを指し、お腹で内臓などを包んでいる腹膜や腸の一部が本来の位置からとび出してしまう状態を指します。

お腹はいくつかの膜に包まれており、腹圧が重要なことは腰痛とも関連しています。

しかし、その腹圧によって外に押し出されてしまうということですね。

鼠径部のシワにある鼠径靭帯よりも上側でポコっととび出てしまう場合を鼠径ヘルニア、下側にポコっととび出てしまう場合を大腿ヘルニアと言います。

腹圧に関しては、下記の記事で触れているので参考にしてみてください。

前かがみの姿勢が楽?逆に痛い?症状からみる腰痛の原因と対策

日常的に腰痛に悩まされている人では、前かがみの姿勢が辛くてとれないという人も少なくないと思います。また、ぎっくり腰になっ ...

続きを見る

頸椎椎間板ヘルニアの原因は?

では次は、頸椎椎間板ヘルニアの原因についてみていきましょう。

どのようなことが原因となっているのでしょうか。

加齢による変性

頸椎椎間板ヘルニアの原因としてまず挙げられるのは、加齢による変性です。

どんな人でも避けられないのが歳をとっていくということですが、年月の積み重ねによって頸椎やその周りの組織には変性が起こっていきます。

50歳以降の人では、症状を感じていない人でもレントゲンなどの画像を撮ると何らかの変性がみつかることが多いとされています。

若いうちは椎間板もみずみずしい状態ですが、歳を重ねるにつれてその水分量も減っていくと言われているのです。

頸椎自体にも同様に加齢による変性は起こるということで、ヘルニアの起こりやすい状態にはなってしまうということですね。

繰り返しの負荷

頸椎椎間板ヘルニアの原因として次に挙げるのは、繰り返しの負荷です。

頸椎は自然に前にカーブをしていると上述しましたが、姿勢が悪い状態が続くといわゆるストレートネックのような状態になったり、カーブが後ろになることもあるようです。

このような姿勢が長年続けば加齢による変性と合わさってヘルニアの起こりやすい状態になってしまうことは想像しやすいですね。

また、スポーツなどで首に繰り返し負荷がかかる場合には、若い人でもなる場合があるようです。

コンタクトスポーツでの衝撃や、コンタクトスポーツ以外では捻る動作などの負荷ですね。

将来の変形の素因になるという指摘もされています。

事故などによる衝撃

頸椎椎間板ヘルニアの原因としては、事故などの衝撃も挙げられます。

繰り返しの負荷によって徐々になっていってしまう場合だけでなく、一度に大きな外力が加わって起こることもあるということですね。

上述のコンタクトスポーツでも、加わる衝撃が大きい場合には一度もしくは数回の接触で起きてしまう場合もあります。

ヘルニアの場合は神経などに触れなければ症状がないことも多いので、見過ごされやすいようです。

また、レントゲン画像などでヘルニアが認められても、その症状がヘルニアからきているものではない場合もあります。

整体師
姿勢の負担などもともとの原因があればそちらの改善で症状が良くなることもあるということですね。

頸椎椎間板ヘルニアの症状は?

次は、頸椎椎間板ヘルニアの症状についてみていきましょう。

ポイントは神経の症状です。

初期症状はわかりにくい

頸椎椎間板ヘルニアの症状のポイントは神経の症状と述べましたが、初期症状としては一般的な首や肩のこりであることが多いとされています。

姿勢などによる負担がかかっていれば当然とも言えますね。

そして、筋肉の緊張が高まればそこから頭痛につながることも考えられるということです。

首や肩のこり、頭痛といったこれらのキーワードだけでは他の多くの頸椎疾患も当てはまるので、判断がつかないということですね。

神経の圧迫による症状での受診が多い

ポイントは神経の症状と述べたように、神経の圧迫が起こっているとしびれを感じたり力が入りづらいといったことが起こってきます。

神経は末梢に向かって枝分かれして伸びていますが、基本的には圧迫が起こった部位から先の支配領域で症状が起こるということです。

ポイントは、腰椎であれば下肢に症状が出ますが頸椎の場合は多岐に渡ります。

上肢にも症状が起こりますし、腰椎の場合と同じように下肢に出る場合もあります。また、顔面や頭部の症状も起こり得るのです。

整体師
手足のしびれや脱力感、そして便に関する異常などの神経に関する症状がみられた場合には、一度受診するようにしましょう。
坐骨神経痛はどうして起こる?2つのポイントを押さえて症状を改善しよう

坐骨神経痛という言葉はよく聞くかと思いますが、正しく理解されているかどうかという点ではまだまだよく知られていないとも言え ...

続きを見る

頸椎椎間板ヘルニアのリハビリ

頸椎椎間板ヘルニアの原因や症状についてみてきましたが、最後はリハビリについてもみていきましょう。ポイントを挙げていきます。

まずは負担を減らすこと

頸椎椎間板ヘルニアのリハビリのポイントとしては、どの疾患にも当てはまりますがまずは負担を減らすことです。

姿勢の問題が多いと述べたように、首に負担がかかり続けている限り状態は良くなりません。

また、ヘルニアが本当の原因ではなく姿勢などの問題が原因のこともあると述べたように、まずは負担を減らしてみるだけで症状が良くなることもあるのです。

整体師
姿勢などに気を付け、減らせる負担はできる限り減らしていきましょう。これは首だけではなく他の症状にも言えますね。

自然に吸収されることも

首の部分での負担が軽減できればそれだけで症状が良くなることもあると述べましたが、ヘルニアが自然に吸収されることもあるとされています。

私たちの身体は適応するようにできているということですね。

もちろん負荷がかかり続けていれば期待できないので、やはり負担を減らすということがまずは重要と言えます。

手術は慎重に

繰り返し触れていますが、画像所見でヘルニアが認められても、症状には関係のないこともあるということを知っておきましょう。

ただ単に姿勢などの問題から症状が起こっていたものが、画像所見でヘルニアがみつかって手術になったというケースもあったようです。

このようなケースではヘルニアを除去しても症状は改善しません。

近年では見直されていますが、ヘルニアがあるからということではなく、ヘルニアがあって症状を引き起こす原因となっているかどうかが重要ということです。

ヘルニアについて知っておきたい重要なこととして下記も参考にしてください。

ヘルニアとは?原因・症状・治療・注意点まとめ

みなさんはヘルニアと聞くと何を思い浮かべますか?腰痛を引き起こす疾患であったり、手術が必要な場合もあるというイメージでし ...

続きを見る

まとめ

ヘルニアは首にも起こるということで、頸椎椎間板ヘルニアの原因や症状、リハビリを紹介してきました。

神経の症状がみられる場合には早期に受診して、はっきりさせた方が良いでしょう。

姿勢などを意識して、症状に悩まされないようにしたいものですね。

-ヘルニア
-, , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.