【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の治し方

坐骨神経痛に効く薬と効かない薬!おすすめはどれ?

更新日:

ネットで販売されている坐骨神経痛に効果がある薬って

⇒本当に坐骨神経痛に効くの?
⇒どんな成分が入っているの?
⇒どんな薬を選べばよいの?
⇒効かない薬はなに?

など色々気になりますよね。

そこで、今回は坐骨神経痛に効果のある薬や効かない薬などについて詳しくまとめました。

坐骨神経痛に効く薬はどんな成分が必要?

坐骨神経痛は、腰から足にかけて存在する坐骨神経が圧迫・刺激され起こる症状です。

腰痛に続いて発症されることが多いですが、神経による痛み・しびれを伴います。

▼坐骨神経痛について詳しくはこちら▼

坐骨神経痛はどうして起こる?2つのポイントを押さえて症状を改善しよう

坐骨神経痛という言葉はよく聞くかと思いますが、正しく理解されているかどうかという点ではまだまだよく知られていないとも言え ...

続きを見る

整体師
坐骨神経痛の改善に努めたい場合は、ビタミンB1・ビタミンB12・ビタミンEの3種類が最低含まれた薬を選ぶと良いでしょう。

筋肉の機能を維持する成分「フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)」

フルスルチアミン塩酸塩はエネルギーを効率的に作り出す効果があります。

坐骨神経痛になると、痛みが生じている体に負担をかけないように、身体を動かすことも少なくなるので、筋肉量が減り、疲れやすい体になってしまいます。

フルスルチアミン塩酸塩を摂ることで、スタミナをつけることができるので、疲労が溜っている時や、筋肉量が落ちて体力が低下しているときに効果的です。

また、活性型ビタミンB1として神経の働きを整えて、坐骨神経痛の症状を緩和する作用があります。

神経の伝達や、筋肉の働きにはビタミンB1が欠かせないので、普段からフルスルチアミン塩酸塩を摂取して、身体の疲れを回復させて、痛みを改善することが大切です。

神経の痛みを緩和する成分「シアノコバラミン(ビタミンB12)」

シアノコバラミン(ビタミンB12)は末梢神経や中枢神経の機能の維持・改善の効果があります。

坐骨神経痛は神経の圧迫が原因で発生するため、シアノコバラミン(ビタミンB12)を摂ることで、神経組織の障害を回復させたり、過剰に働く神経を正常にすることで、痛みを改善する作用があります。

ビタミンB12は、いくらやすじこ、たらこなど魚卵や海産物に多く含まれていますが、毎日食生活に取り入れることが難しいという方は、シアノコバラミン(ビタミンB12)が多く含まれた坐骨神経痛薬を飲むことで、手軽に補給することができますよ。

血液循環を改善する成分「トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE)」

トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE)は血流をよくすることで、筋肉や神経の状態を正常に保つ効果があります。

毛細血管を拡張する働きのあるビタミンEは、血液が酸素や栄養を身体の隅々にまで届けるのをサポートする作用があります。

そのため、筋肉の硬直を和らげて、筋肉内に溜まった疲労物質などを取り除いて、坐骨神経痛を改善、予防することができます。

他にも、神経痛に効果のある成分はたくさんありますので、もっと詳しく知りたいという方は下記を参考にして下さいね。

腰痛薬に配合されている主な成分まとめ

腰痛に良い薬を飲みたいけれど、どの薬を飲んだらいいのか分からない…と悩んでいませんか?そんな時は、腰痛に効く成分から、自 ...

続きを見る

坐骨神経痛におすすめの薬3選

リョウシンJV錠

⇒疲れた体に栄養を補給するビタミンB1誘導体配合
⇒神経痛を緩和するシアノコバラミン配合
⇒滞った血流を促進するビタミンE配合
⇒肉体疲労時の栄養補給の効果もあり
⇒服用は1日1回で続けやすい

おすすめの理由!

疲れた体に栄養を補給する、フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)やパントテン酸カルシウムを配合しています。

他にも、神経痛を和らげる効果のあるシアノコバラミン(ビタミンB12)や、血流を促進するトコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE)など、6つの医薬品有効成分が、身体の内側から働きかけます。

服用は1日1回なので、飲み忘れも防げますし、痛みの改善には継続して服用することが大切なので、続けやすいのがメリットです。

また、神経痛に効くだけでなく、筋肉痛の緩和や、病中病後の体力低下時、肉体疲労時の栄養補給もできるので、身体の痛みから中々体を動かせていない方、筋肉量が下がってきた方にもオススメです。

公式サイトでは、通常より半額の1,900円(税抜)でお得に購入できます。

ラークセブン

⇒筋肉のエネルギー代謝を助けるフルスルチアミン塩酸塩配合
⇒神経痛やしびれを緩和するシアノコバラミン配合
⇒血行を良くするビタミンE配合
⇒第3類医薬品なので安心
⇒1日1回の服用なので続けやすい

おすすめの理由!

吸収の良いフルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)を配合しているので、神経組織や筋肉のエネルギー代謝を助けて、神経痛や筋肉痛などの症状を緩和します。

シアノコバラミンは神経機能の維持に関与し、神経痛やしびれを緩和する効果があります。

また、末梢血管を拡張して血行を良くし、足のしびれなどの症状を緩和するビタミンEも配合しています。

品質や有効性、安全性が認められた第3類医薬品なので、効果も実感できて安心して飲むことができます。

服用は1日1回で、小さく飲みやすい錠剤なので、飲み忘れの可能性も少なく毎日続けやすいです。

今だけのキャンペーン:定期初回1,490円(税込)、2回目以降3,780円(税込)

アユミンS

⇒筋肉の機能を維持するビタミンB1誘導体配合
⇒神経の痛みを和らげるシアノコバラミンを1500㎎配合
⇒血液の流れをよくするビタミンEを配合
⇒効能・効果が認められた医薬品なので安心

おすすめの理由!

フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)やニコチン酸アミドなど3種のビタミンB群がエネルギー代謝を促進し、筋肉の機能を維持します。

また、シアノコバラミン(ビタミンB12)やピリドキシン塩酸塩など自律神経や末梢神経の働きをサポートする3種の有効成分を配合し、辛い神経の痛みに効果を発揮します。

さらに、トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE)が血管を拡張することで血行を促進し、栄養を身体の隅々まで届けます。血液の流れをよくすることで、身体の痛みを緩和します。

アユミンSはサプリメントではなく、効能や効果が科学的に証明された医薬品なので、毎日飲み続けることで、神経痛の症状を緩和することを保証しています。

今だけのキャンペーン:特別モニターコース 定期初回2,980円(税込)、2回目以降5.980円(税込)、送料無料、「ひざ快適ブック」プレゼント特典付

ロキソニンは坐骨神経痛に効かない?

坐骨神経痛の疾患に処方されることが多いといわれるロキソニンは、非常に効果の高い薬ではありますが、効果には個人差がありますし、服用を続けても全く効果がなかったという方もいるようです。

ロキソニンは痛み止めの薬の中でも比較的強めの薬なので、服用することで、痛みが軽減することもありますが、あくまでも一時的に症状を緩和する薬のようです。

痛みにも様々なタイプがあるので、ロキソニンを服用しても症状にあった薬でなければ、そもそも効果を発揮しないということもあるので、痛みを根本的に解決したい方は、病院にて診察してもらう方法が確実です。

具体的にどのようなケースでロキソニンが効かないのか、また、痛みにはどのような種類があるのかなどについては、下記を参考にしてみて下さいね。

効かなくて困ったという人は多い?ロキソニンが効かない腰痛の種類と原因

腰痛に対して痛み止めを飲んでやり過ごしているという人はどのくらいいるでしょうか。 整形外科や接骨院などを受診する人の2人 ...

続きを見る

処方箋のリリカの作用、副作用

どんな作用があるの?

リリカは、神経に原因がある痛みなどに対して効果を発揮する薬です。

痛みを発する異常に興奮した神経系に対して、興奮性神経伝達物質の放出を抑制する作用があります。

過敏になっている神経を鎮める効果があるので、一般的な鎮痛薬が効きにくい神経に起因する痛みに効果的です。

副作用はあるの?

リリカは神経痛に効く痛み止めとして、坐骨神経痛に効果がありますが、重い副作用が発生するリスクが高いことで知られています。

主な副作用に、傾眠、浮動性めまい、むくみがあります。

重大な副作用になると、心不全や肺水腫、意識消失、腎不全、血管浮腫などがあります。

厚生労働省は、リリカを服用した後に、劇症肝炎や肝機能障害の重い副作用を発症するケースが確認されたので、製造販売元に、二つの副作用への注意を促す記述を薬の添付文書に加えるよう指示したことからも、リリカとこれらの症状の因果関係があることが分かります。

もし服用した後にこのような症状が現れた場合は、すぐに服用を止めて、担当の医師や薬剤師に相談しましょう。

どうやって手に入れるの?

リリカは現在ドラッグストアなどの薬局では販売されていません。

手に入れるためには、病院にて医師診察の上、処方してもらう必要があります。

病院での処方以外に、輸入代行で手に入れる方法もありますが、日本で認可されていない薬のため、万が一重篤な副作用が起こったとしたも保証されないなど、自己責任なので、不安な方は病院で処方してもらうことが安全です。

副作用が起きたときのリスクを踏まえた上で、病院に行く時間が面倒な方や、安く手軽に購入したい方は、輸入代行での購入も良いかもしれません。

▼坐骨神経痛に効く薬はこちら!レビューあり▼

リョウシンJV錠の効果・成分・副作用を徹底調査!口コミの秘密に迫る!(レビュー追記)

加齢による腰痛やひざ・肩などの痛みによって階段の昇り降りがつらくなってしまったり、しゃがむのが億劫になってしまったりしま ...

続きを見る

-腰痛の治し方

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2018 All Rights Reserved.