【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の症状

腰痛の症状に関連してふくらはぎも?考えられることとケアの方法を紹介!

更新日:

腰痛を抱えている人の中では、一緒にふくらはぎや足先にも症状が出ているという人も少なくないのではないでしょうか。腰痛の症状がひどくなってくると症状が足に向かって拡がっていくという場合や、腰痛に先立ってふくらはぎなどに症状が起こるといった場合など様々だと思います。

 

ふくらはぎなどにも症状が出ている場合には、どのようなことが考えられるのでしょうか。また、ふくらはぎのケアをすることで得られる効果は腰痛以外にも挙げられています。今回はふくらはぎの症状で考えられることを挙げていくとともに、ふくらはぎのケアで得られる効果や方法について紹介していきます。

腰痛とともにふくらはぎにも症状が出る場合

 

まずは、腰痛とともにふくらはぎや足先にも症状が出る場合で考えられることについてみていきましょう。主な原因となるものやそれぞれ症状を挙げていきます。

ふくらはぎや足先のしびれの原因とは

ふくらはぎや足先にも症状が出るケースでまず大事になるのは、特異的腰痛か非特異的腰痛かということです。特異的腰痛とは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など画像検査で明らかな所見が認められるものとされています。この2つについては後述します。

 

非特異的腰痛は画像検査では明らかな所見のないものですが、筋肉や筋膜などが原因となって症状を引き起こしており、これについても2つ紹介していきます。非特異的腰痛については下記も参考にしてみてください。

腰痛の85%は原因不明!あなたの腰痛の原因がわからない理由

腰が痛くて整形外科を受診したときに、原因がわからないと言われたり特に異常はないと言われた経験をした人は少なくないかと思い ...

続きを見る

椎間板ヘルニア

ヘルニアについてはよく知られている名前でもあり、実際に診断されたという人も多いのではないでしょうか。椎間板は中心の髄核とそれを囲む線維輪から構成されていますが、線維輪に問題が起こることで髄核がとび出してしまう状態ですね。

 

そしてとび出したヘルニアが神経に障害を起こすことでその神経の支配する領域に症状を引き起こすということです。しびれや感覚低下といった症状の他に、筋力の低下も起こります。ヘルニアについては下記も参考にしてみてください。

ヘルニアとは?原因・症状・治療・注意点まとめ

みなさんはヘルニアと聞くと何を思い浮かべますか?腰痛を引き起こす疾患であったり、手術が必要な場合もあるというイメージでし ...

続きを見る

腰部脊柱管狭窄症

ヘルニアと同じく腰から下肢に症状が拡がる疾患として、脊柱管狭窄症も知られています。ヘルニアの場合は神経が枝分かれしたところで障害を受けますが、脊柱管狭窄症の場合はおおもとの脊髄の部分で障害を受けます。脊髄を通している脊柱管が加齢や腰椎分離症などによって狭くなることで起こるということですね。

 

おおもとの脊髄の部分で障害を受けるということで、その先のどこにでも症状が起こり得るということです。また、間欠性跛行といって少しの距離でも休憩を挟まないと歩けなくなるという症状も特徴とされています。

トリガーポイント

非特異的腰痛の場合で考えられるケースとしては、トリガーポイントができているケースが挙げられます。トリガーポイントとは筋肉や筋膜にできるしこりのような硬結で、その部分から離れた部位にも症状を引き起こすことで知られています。

 

筋膜のつながりが影響しているとされており、専門家でなくてもできる簡単な方法としてはしこりの部分を圧迫することで症状が再現されればトリガーポイントと判断できるでしょう。トリガーポイントについては、下記も参考にしてみてください。

トリガーポイントって何?基本の3点を理解して腰痛を劇的改善しよう

腰痛の原因や治療について、トリガーポイントという言葉を聞いたことがあるという人はどのくらいいるでしょうか。セルフケアの方 ...

続きを見る

筋肉の過緊張による障害

トリガーポイントができていない場合でも、単純に筋肉の緊張が過多になって組織同士の滑りが悪くなっていると、神経の走行にも影響を与えることが考えられます。ふくらはぎの部分で過緊張や癒着が起きていると、足先にしびれが出る場合があるということです。ふくらはぎの場合は膝の周囲や太ももの筋肉の影響を受ける場合もあります。

整体師
筋肉や筋膜が滑らかに滑ること、さらには神経や血管などその他の組織と癒着することなく滑らかに動くことでスムーズに身体は動いています。過緊張や癒着などによって神経が影響を受ける例は意外と多いとされており、みなさんも当てはまるかもしれません。

ふくらはぎのケアで腰痛が楽になることも

では次は、ふくらはぎのケアをすることで得られる効果や方法について紹介していきます。特異的腰痛の場合はその治療が必要ですが、非特異的腰痛の場合にはふくらはぎのケアで改善できる場合もあります。ふくらはぎのケアを取り入れて、症状の改善や健康維持につなげていきましょう。

循環が良くなる

ふくらはぎのケアで得られる効果としてまず挙げられるのは、循環が良くなるということです。ふくらはぎの筋肉をケアすることで本来の柔らかさを取り戻したり、癒着してしまって影響が拡がるということを押さえるということが期待できるでしょう。

筋膜のつながりを利用して緊張緩和

筋膜のつながりについて先に少し触れましたが、全身は筋膜のタイツのようなものを着ているとも言われています。そして、つながりによって遠いところにも影響が及ぶということですね。足裏やふくらはぎのケアを行うことで、腰の部分の筋膜やそれに接する筋肉にも影響を与えることができます。

整体師
筋膜リリースという言葉も知られるようになってきましたが、遠い部分の影響を受けているのであればそこにも対処することで症状の改善につなげられるということですね。

ストレッチやマッサージの組み合わせ

具体的なケアの方法としては、何か特別なことをしなければならないというわけではありません。ストレッチやマッサージなど自分でできることで充分効果を得ることができます。アキレス腱を伸ばすストレッチでふくらはぎの筋肉も伸ばすことができます。膝を曲げた状態で行うのと、伸ばした状態で行うのではメインで伸びる筋肉が変わるので両方行いましょう。

 

マッサージをする場合には自身でふくらはぎを触って硬いところをほぐすようにしたり、気持ちの良いポイントを探して緊張をとっていきましょう。手で行うと疲れてしまうという場合には、グッズも利用すると良いですね。

あまり強くマッサージはしないこと

マッサージの場合には、あまりグリグリと強く行うのは避けましょう。強い刺激が好きという人もいるかと思いますが、強く押し付けるのは癒着を起こす原因になるので逆効果です。優しくほぐすようにしていき、押し付けるだけでなく筋肉を掴んで骨から剥がすように緩めていく方法も行っていきましょう。

ふくらはぎは第二の心臓

循環が良くなるということを最初に挙げましたが、その効果は局所だけにはとどまりません。ふくらはぎは第二の心臓とも言われているように、下肢の血流を心臓に還す役割をふくらはぎの筋肉の収縮、ポンプ作用によって担っています。ふくらはぎのケアによってポンプ作用がしっかりとはたらくことで、全身の循環を良くすることが期待できますね。

整体師
また、循環が良くなるということは冷えの解消にも効果が期待できるでしょう。代謝のアップも効果の1つとして挙げられることが多いので、女性にとってはうれしい効果が多いということですね。

まとめ

今回はふくらはぎの症状で考えられることを挙げていくとともに、ふくらはぎのケアで得られる効果や方法について紹介してきましたがいかがでしたか?ふくらはぎに症状を抱えている人はもちろん、抱えていない人でもふくらはぎのケアを行うことはとても効果的なので、是非取り入れてみてください。

 

また、腰痛の改善には睡眠や食事、運動といった生活習慣のバランスも重要です。睡眠や栄養をしっかりととり、運動も加えてバランスを整えていきましょう。睡眠の改善にはマットレスなどを使ってみるのも効果が期待できます。マットレスについては下記を参考にしてみてください。
腰痛対策に効果のあるマットレス人気ランキング

-腰痛の症状
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.