【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の原因

腰痛はアルコールを飲むと悪化する!?飲んでいいの?注意点をまとめてみました

更新日:

腰痛でお悩みの人の中で、アルコールを摂取すると痛みが悪化する、普段はあまり気にならないのにお酒を飲むと痛みが出てくるという人はいませんか?

腰痛とアルコール、一見あまり関連性があるようには感じませんが、実はこの二つにはとても深い関係があるんです。

整体師
今回は意外と知らない腰痛とアルコールの関係に焦点を当て、その原因や腰痛持ちの人がアルコールと上手に付き合っていく方法を、紹介していきたいと思います。

腰痛はアルコールを飲むと悪化する

 

アルコールが腰痛を引き起こすと聞いて、意外に感じる人は多いのではないでしょうか。

アルコールは摂取しすぎると病気などを引き起こすことは知られていますが、腰痛を引き起こすというのはいまいちピンときませんよね。

まずはアルコールが腰痛を引き起こす理由について、詳しく解説していきたいと思います。

内臓疾患が誘発される

過度な飲酒は、あらゆる内臓疾患が誘発されることは有名な話だと思います。

特に肝臓や腎臓などの臓器には大きな負担がかかり、酷くなるとあらゆる肝臓病や腎臓病を引き起こすことに繋がっていきます。

内臓病と腰痛、一見関係なさそうですが、実は内臓の疾患は腰痛に繋がるものが多いと言われています。

これは大きな疾患でなく、胃炎などでも引き起こされることがあります。内臓疾患が原因の腰痛はこちらを治療しなければ、整体などにいっても改善しません。

特に注意が必要な内臓疾患は膵炎(すいえん)

アルコールの摂取はあらゆる内臓疾患を引き起こし、そこから腰痛にも繋がっていきます。

その中でも特に注意が必要な疾患が、膵炎です。その名の通り、膵臓に炎症が起こる病気である膵炎。

急性と慢性の二つがあり、急性膵炎では激しい腹痛や腰痛が起きます。

慢性膵炎では鈍い腰痛や腹痛などの症状が続くため、膵炎だと気づかないまま時間が経過してしまうことも多いです。

膵炎は病院での治療が必須になります。

整体などにいってもいつまでも腰痛が引かない、腰痛の他にも腹痛などの症状があるという人は、一度専門医の診察を受けてみてください。

腰痛時に病院に行くのは意味ない?放置すると危険な場合の症状まとめ

「たかが腰痛だから」と言って病院に行かないという人もいます。ですが、病院に行っておかないと重篤な症状になってしまう場合や ...

続きを見る

炎症が悪化して腰痛がひどくなる

腰痛が炎症からきているものの場合、アルコールを摂取することでその炎症が悪化してしまうため、腰痛が起こってしまうことが多いです。

炎症は身体に何らかの強い刺激が与えられた際に起こり、その箇所の血管は時系列に沿って拡張や収縮します。

アルコールを摂取すると、一時的に身体の血流が良くなります。

一見良いことのように思えますが、炎症を起こしている状態だとその箇所に刺激が与えられる形になり、結果的に腰痛が酷くなってしまうというわけです。

同じ体勢で座ったままなので腰に悪影響

これはアルコールの摂取が原因というよりは、アルコールを摂取している体勢が原因、というところでしょうか。

飲酒している時は長時間同じ体勢でいることが多いうえ、姿勢も良くない状態のことが多いです。

そのせいで腰に負荷がかかり、腰痛を引き起こしていることも多いようです。

腰痛対策として姿勢を意識しよう!座り方・立ち方・寝方のポイントを紹介

腰痛と姿勢との関わりがとても重要ということは、みなさんよくご存知ではないでしょうか。姿勢が悪いことで腰に負担がかかり、腰 ...

続きを見る

アルコールを飲むと腰痛が悪化しやすい人

炎症を伴う腰痛はアルコールで悪化する

上記でも少し触れましたが、最もアルコールによって腰痛が悪化しやすいのは炎症を伴う腰痛持ちの人です。

動くたびに刺すような痛みがあったり、赤みなどが出ている炎症のある腰痛の場合は、アルコールの摂取により腫れが悪化してしまう場合があります。

デスクワークなど、長時間腰に負荷がかかる状態が続くと起きる筋肉疲労による腰痛や、ふとした刺激によって生じるぎっくり腰などがいい例ですね。

整体師
またアルコールを摂取すると、それを分解するためにビタミンB群、葉酸、炭素、カリウムなどの多くの栄養素が必要となります。アルコールの分解に必要な栄養素の中には腰の炎症を抑えてくれるものも多く含まれており、これらの栄養素が取られてしまうということは、腰痛がなかなか改善しないことにも繋がっていきます

内臓系の病気がある人

肝臓や腎臓、胃などになにかしらの疾患がある場合、それが原因で腰痛が引き起こされる人が多いです。

すでに内臓が弱っている状態のところにさらにアルコールを摂取してしまうと、身体の負担はますます大きくなります

それほど重篤な内臓疾患でなくても、腰痛に繋がるものは多いです。

大した症状じゃないから大丈夫だろうと考えずに、アルコールの摂取で腰痛が悪化する場合、一度専門医で受診をすることをお勧めします。

腰痛時に病院に行くのは意味ない?放置すると危険な場合の症状まとめ

「たかが腰痛だから」と言って病院に行かないという人もいます。ですが、病院に行っておかないと重篤な症状になってしまう場合や ...

続きを見る

アルコールの摂取で身体が冷えやすい人は腰痛が悪化する

アルコールを摂取した後、一時的に体温が上がり身体が熱くなるものの、その後冷えてきてしまうタイプの人がいます。

アルコールを摂取すると急激に上がった体温を下げようとして、身体は放熱をはじめます。

元の体温に戻るだけで済むという人もいますが、中には体温を維持する働きが低下しており、身体が冷えてしまう人もいるのです。

整体師
身体の冷えは血管が収縮してしまうため、患部の治りが遅くなり、腰痛を悪化させてしまうことにも繋がります。飲酒後に冷えを感じる人は、腰痛が悪化しやすいタイプと言えるのでアルコールの摂取を控えた方が良いでしょう
腰痛に効く食べ物まとめ【血行促進・骨を作る・炎症を抑える】

腰痛はさまざまな原因がありますが、そのほとんどは原因が特定できないと言われています。 食生活でも腰をケアしましょう。 目 ...

続きを見る

腰痛でもアルコールを飲みたい!

お酒は百薬の長という言葉もある通り、腰痛だからといって絶対に飲酒はだめ!というわけではありません。

もちろん症状などにもよりますが、少量の飲酒であれば血行が程よく促進され、腰痛の緩和などに役立つこともあります。

ここでは腰痛もちがアルコールと上手に付き合っていくための方法を紹介していきます。

強い痛みがあるときはできるだけ飲まない

アルコール好きな人は、例え腰痛があるときでも、お医者さんから止められていても、ついついお酒を飲みたくなってしまいますよね。

実際アルコールを飲んでいる時は頭が麻痺して痛みなどを感じにくくなるため、腰の痛みがある時でも飲酒をしてしまう人は多いです。

しかしそれはあくまで、一時的なもの。

お酒を飲んでいる時は大丈夫だったけれど、翌朝になって強い痛みが襲ってきた…という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

強い痛みが出ている時はアルコールを摂取しない、これが腰痛を治すための近道です。

早くお酒をたくさん飲みたい人ほど、腰痛が出ている時は我慢をしましょう。

内臓に負担をかけない食生活を

前述した通り、飲酒によって引き起こされる腰の痛みは、内臓疾患が原因であることがとても多いです。

逆を言えば内臓が健康であれば、アルコールによる腰の痛みは起こりにくいということです。

普段から内臓に負担をかけないような食生活をして、健康な臓器を保つようにしましょう。

また内臓に負担をかけないような、上手なアルコールの摂取の仕方も知っておくとなお良いでしょう。

適正な飲酒量を守る

一日の飲酒量の目安としては、ビール500ml、日本酒1合(180ml)、ウイスキー・ブランデー60ml(ダブル)、焼酎72ml、ワイン200mlが推奨されています

飲み会などでたまに羽目を外すことはあったとしても、日頃の飲酒量はこのラインを超えないように心がけていきたいですね。

またきちんと休肝日を設けることも忘れずに。

まとめ

腰痛とアルコールの関係について、その原因や腰痛持ちの人がアルコールと上手に付き合っていく方法を、紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

腰痛とアルコール、一見あまり関係がなさそうですが、実はこんなにも深い関りがあったんですね。

整体師
一口に腰痛といっても、その原因は様々です。炎症によるものの場合もあれば、思わぬ内臓疾患が原因の場合もあります。症状が長引くようであれば、専門医に相談しましょう。

腰痛改善に役立つページ

☞ 腰痛マットレスおすすめランキング!効果が高いのはコレ!
※腰痛を治す最高の睡眠環境を整えたい方が読むべきページ

☞ 腰痛の薬おすすめランキング!飲んで効くのはコレ!
※辛い痛みをすぐになくしたい方が読むべきページ

☞ 腰痛に効くサプリならコレ!本当に効果のあるオススメ商品5選!
※薬に頼りたくない、手軽に腰痛対策始めたい方が読むべきページ

-腰痛の原因
-, , , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.