【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の薬

アンメルツNEOの効果・口コミ・成分・副作用まとめ【腰痛塗り薬】

更新日:

小林製薬の「アンメルツNEO」はしつこい腰の痛みや血行不良による腰や肩のコリなどに「ジンジン効く」と評判の製品です。

腰や背中などの手が届きにくい場所にもしっかり塗れるロングボトルも人気です。

使用上の注意や効果的な使い方をチェックしましょう。

アンメルツNEOとはどんな製品?

小林製薬の「アンメルツNEO」効果と塗りやすさで非常に評判の高い商品です。

まずはアンメルツNEOとはどのような製品なのかを見ていきましょう。

「アンメルツ」といえば

「アンメルツ」と聞くと「アンメルツヨコヨコ」というロングセラー商品が浮かぶ人も多いかもしれません。

アンメルツは1966年に最初の商品「アンメルツ」が販売されて以来、1974年に「アンメルツヨコヨコ」が大ヒット商品となり、その後もリニューアルや新製品を発表している肩こりや関節痛の塗り薬としては国内でも指折りの人気ブランドです。

「アンメルツNEO」とは

アンメルツNEOは2016年に登場した、かなり新しい製品です。これまでのアンメルツのラインナップ同様「効果感」を追求し、鎮痛成分に加えて3種の血行促進成分を配合しています。そのため、「じんじん」とした温かい感覚があるのが特徴です。

首の曲がったロングボトルを採用していることで、届きにくい背中までまんべんなく塗ることができます。

整体師
通常のストレート形状のボトルでは背中の中央部分や腰には手が届きにくく、うまく塗れないという欠点がありました。アンメルツNEOのロングボトルなら広範囲に渡って塗ることができます。

「アンメルツNEO」の商品ラインナップと価格

アンメルツNEOは通常ボトルの「アンメルツNEO」、ロングボトトルの「アンメルツNEOロング」、ゲルタイプの「アンメルツNEOゲル」の3種類がラインナップされています。

商品名 内容量 希望小売価格
アンメルツNEO 46ml 1,300円(税込14,04円)
アンメルツNEOロング 90ml 1,900円(税込2,052円)
アンメルツNEOゲル 35g 1,300円(税込14,04円)

アンメルツNEOの口コミ、評判は?

デスクワークをしているので、肩凝りを改善したいと思いアンメルツNEOを購入しました。肩だけでなく背中にもしっかり簡単に届くので、疲れも早く取れました。メントールも多く配合されているので、スーッとした感じが気持ち良かったです。

ロングボトルなので、肩や腰に塗りやすそうだと思い、購入しました。いつも使用していた他の会社の商品よりも長さがあるので、とても塗りやすかったです。

パソコン作業などで、疲れた時にアンメルツNEOを使用しています。塗るととてもひんやりするので心地よいです。肩こりや腰痛がひどく、体調も悪かったのですが、少しずつ改善しているので嬉しいです。

肉体労働で身体に痛みが出るようになりました。アンメルツNEOが効くと思って購入しましたが、背中にも簡単に塗ることができますし、効果もあるのでオススメです。

重たい荷物を持った時に腰が痛くなるので、アンメルツNEOを購入しました。毎日使うと、痛みが和らいで辛い腰痛が楽になりました。塗った部分の血行も良くなるので、気に入っています。

腰痛に効く飲み薬をお探しの場合は、今売れてる腰痛薬ランキングも参考にしてみてください。

▼こちらもおすすめ▼

☞ 腰痛に効く薬おすすめランキング!

↑神経や血行不良からくる腰痛に効果あり。

アンメルツNEOの成分

アンメルツNEOに含まれている成分と効果を見ていきましょう。

アンメルツNEOには鎮痛成分1種類、血行促進成分が3種類含まれています。

鎮痛成分「ジクロフェナクナトリウム」

アンメルツNEOに含まれている鎮痛・消炎成分は「ジクロフェナクナトリウム」と言います。

ジクロフェナクナトリウムは非ステロイド系の消炎鎮痛成分の中ではインドメタシンと並んで非常に強力な成分です。

ジクロフェナクナトリウムは炎症や痛みの元となるプロスタグランジンが作られるのを抑えることで、痛みや炎症を鎮める効果があります。

3種の血行促進成分を配合

アンメルツNEOは3種類の血行促進成分を配合しています。

この3つの成分によって血行が促進され、血行不良によるコリや筋肉の硬直などが原因の痛みに効果があります。

トコフェロール酢酸エステル

トコフェロール酢酸エステルは「ビタミンE誘導体」です。

末梢の循環障害に効果があるため、血行を促進する働きがあります。さらに炎症を沈める作用もあります。

ノナン酸バニリルアミド

ノナン酸バニリルアミドはカプサイシンの辛味を決定する基準となる物質として知られています。

そのため、血行を促進する効果があります。辛いものを食べると体がポカポカしてくるのは血行が良くなるためです。また、消炎鎮痛作用もあります。

ニコチン酸ベンジルエステル

ニコチン酸ベンジルエステル血管を拡張させて血行を促進してくれる成分です。

また、外用薬として用いると消炎・鎮痛の効果もあります。

l-メントールで爽快なつけ心地

l-メントールが配合されているため、塗ったときには爽快なつけ心地です。

 

アンメルツNEOはどんな効果がある?

アンメルツNEOはどんな効果があるのか見ていきましょう。

アンメルツNEOは以下の症状に効果あり

アンメルツNEOは以下のような筋肉・関節などの諸症状の腫れや痛み、血行不良を抑えるという効果があります。

  • 血行不良などの肩こりに伴う肩の痛み
  • 腰痛
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 腱鞘炎
  • 肘の痛み
  • 打撲
  • 捻挫

アンメルツNEOの副作用は

アンメルツNEOは体質によって、以下のような副作用が現れる場合があります。

皮膚への副作用

アンメルツNEOを使用することにより、発疹、発赤、かゆみ・かぶれ、腫れや、ピリピリとした刺激感や熱感、場合によっては水疱や色素の沈着が起こる場合があります。

このようなときには使用を中断し、医師や薬剤師に相談してください。

まれに重篤な副作用が起こることが

まれにアナフィラキシーショックや接触皮膚炎、光線過敏症と言った重篤な症状が現れることがあります。

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックは塗布後すぐに以下の症状が現れます。

これらの症状が現れた場合には、使用を中断し、早急に医師の診察を受けてください。

  • 皮膚のかゆみ・じんましん
  • 喉が枯れる・喉のかゆみ
  • くしゃみ
  • 息苦しさ
  • 動機
  • 意識混濁

光線過敏症・接触皮膚炎

薬を塗った箇所に皮膚炎症状(強いかゆみを伴う発疹、発赤、刺激感、はれ、ただれや水疱など)、白斑や色素沈着が現れた場合や、薬を塗った箇所が日光にあたることで症状が現れる(あるいは悪化する)と言った場合には、接触皮膚炎や光線過敏症が疑われます。使用を中断し、早急に医師の診察を受けてください。

サプリメントも腰痛の症状改善には効果的な場合があります。

腰痛に効くサプリをお探しでしたら、今売れてる腰痛に効くサプリランキングも参考にしてみてください。

☞ 腰痛に効くサプリランキング!

アンメルツNEOを使用する際のポイント

アンメルツNEOを使用する際のポイントや、より良い使い方、そして使ってはいけないのはどのような場合なのかをしっかりしって、安全に効果的に使いましょう。

アンメルツNEOのより良い使い方は?

アンメルツNEOは一日に数回、3回から4回程度を患部に塗ります。

アンメルツNEOは痛み・炎症・腫れを治療するため、痛みなどがある場合のみ使用しましょう。

適量を使用する

アンメルツNEOは適量を使用しましょう。1週間あたり50gを超えないようにすることを留意してください。

通常ボトル(46ml)を1週間以内に使い切るペースはよくありません。

また、外用薬ですので内服しないように注意してください。

つけた後は密閉しない

アンメルツNEOを塗ったあとはラップフィルムや矯正ベルト、コルセットなどのような通気性の悪いもので密閉しないようにしてください。

効果が過度に出る場合があり、副作用の原因となります。

使ってはいけない場所・部位

アンメルツNEOは傷口や湿疹・かぶれ・水虫の箇所、化膿している箇所には使用しないでください。

また、目の周囲や、粘膜の露出している箇所にも使用しないようにしましょう。

顔や頭など、皮膚の弱い場所にも使用しないようにしてください。

長期にわたる連用は避ける

5〜6日に渡って使用しても症状が改善されない場合には使用を中止してください。

骨折など適切な治療が必要なケースも考えられますので、医師や薬剤師に相談してください。

なおその際は商品のパッケージや添付文書を持参すると良いでしょう。

こんな人は使用を避けましょう

次のような人は使用を避けるようにしましょう。

場合によって副作用が起こりやすくなったり、症状が悪化したりする場合があります。

アレルギーを起こしたことがある人

アンメルツNEOに含まれる成分でアレルギー症状が現れたことがあるという人は使用しないようにしてください。

再度アレルギー症状が現れる可能性があります。

妊娠中の女性

ジクロフェナクナトリウム製剤は妊婦あるいは妊娠している可能性がある女性への投与は「禁忌」となっています。

ジクロフェナクナトリウムによって胎児の心臓への影響(動脈管収縮・閉鎖など)がある恐れがあります。

15歳未満の小児

アンメルツNEOは15歳未満の小児には使用しないようにしてください。

アンメルツNEO以外の消炎鎮痛剤を使用している人

アンメルツNEO以外で外用の消炎鎮痛剤を使用している場合は、並行して使用することは避けてください。

アンメルツNEOを塗った上から湿布を貼るなどの行為は、塗った箇所を密閉することに加えて湿布の成分も吸収されるため、副作用が出やすくなります。

整体師
安全に使うためにも用法と用量をしっかり守ること、そして自分の体調や体質などを考えた上で、正しく使用しましょう。過ぎた薬は害にもなり得るので、気をつけて使うと良いですね。

アンメルツNEOで腰痛の痛みを和らげよう

アンメルツNEOはインターネットでも「高いけれど非常に効果がある」「買って損はしない」という評判をよく見かけます。

非常に強い消炎鎮痛成分が含まれている上に届きやすいロングボトルによってピンポイントで痛みを鎮めてくれます。

腰の痛みは何をするにも邪魔になりますが、アンメルツNEOでしつこい痛みをすっきり解消しましょう。

腰痛の原因NO1は悪い姿勢。正しい座り方・立ち方を徹底解説

腰痛に苦しんでいるあなた、もしかして姿勢が悪くありませんか?姿勢の悪さは腰痛の原因になるのです。どのような姿勢が腰に悪い ...

続きを見る

-腰痛の薬
-, , , , , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.