【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛対策

腰痛コルセットの効果|使用上の注意点・正しい巻き方

更新日:

膝の痛みに対してサポーターを使う人が多いように、腰痛に対してコルセットを使っているという人も多いのではないでしょうか。サポーターやコルセットといったグッズは様々な種類が売り出されており、機能や特徴を謳っています。コルセットを使って腰痛をなんとかごまかしながら仕事をしているという人も少なくないでしょう。

 

コルセットを日常的に使っている人もいれば、痛みが強いときだけという人もいるかと思います。腰痛に対してコルセットを使う場合には、知っておくべきポイントがあるので押さえておきたいものです。腰痛に対してコルセットを使う場合に期待できる効果、そして注意点や巻き方について紹介していきます。

腰痛コルセットの効果

まずはじめは、腰痛に対するコルセットの効果についてみていきましょう。コルセットを巻くことで期待できる効果にはどのようなものがあり、そして症状の軽減につながるのでしょうか。

腹圧の維持

コルセットを巻くことで期待できる効果としてまずはじめに挙げられるのは、腹圧の維持です。体幹の重要性はよく知られていますが、腹筋や背筋が協調してはたらくことで適切な腹圧が維持され、腰への負担が軽減されます。力を発揮する土台となったり、スムーズに動くために力を伝えたりしているということですね。

 

姿勢が悪くなると腹圧も抜けやすくなりますが、さらに腰痛を抱えている人では長引くと腹圧がなかなか維持できなくなっていくとされています。腹圧が維持しづらくなってしまうことで余計に負担がかかってしまうという悪循環になっていくということですね。コルセットを使うことで腹圧の維持はしやすくなり、症状の軽減が期待できるということです。

 

腹圧に関しては下記も参考にしてみてください。

前かがみの姿勢が楽?逆に痛い?症状からみる腰痛の原因と対策

日常的に腰痛に悩まされている人では、前かがみの姿勢が辛くてとれないという人も少なくないと思います。また、ぎっくり腰になっ ...

続きを見る

仙腸関節の安定

コルセットを巻くことで期待できる効果として次に挙げられるのは、仙腸関節の安定です。画像検査で原因が明確にならない非特異的腰痛では姿勢や動作などの負担が積み重なって起こっているものが多いとされています。そして、その負担がかかっている部位として挙げられるのが仙腸関節です。

 

もともと大きく動く部分ではありませんが、小さな動きでも影響力が大きいため、動きが悪くなってしまったりズレた状態で固まってしまうと腰痛の原因となります。腹圧が緩むことで不安定な状態になってしまうことも考えられますね。コルセットで骨盤周囲を締めて仙腸関節を安定させることで、症状の軽減が期待できるということです。

整体師
仙腸関節の安定性に関しては、コルセットもそうですが骨盤ベルトも流行しましたね。仙腸関節は身体全体の動きにも影響するということで、まだやったことがない人は試してみる価値はあります。

安心感

コルセットを巻くことで期待できる効果としては、安心感も挙げられます。身体の問題ということで分けて考えられることが多いですが、精神状態というのは痛みに重要な影響を与えます。ストレス過多の状態ではちょっとした痛みにも過敏になってしまうことが明らかにされているのです。

 

コルセットを巻くことで安心感を感じる経験は、巻いたことがある人であれば多くの人がしているかと思います。この安心感も症状の軽減にはたらいているということですね。サポーターや湿布などを使ったときの安心感など、プラセボにも通じるものはありますが、痛みが少しでも和らぐことで悪循環になっていくのも防げると言えるでしょう。

コルセットを使う場合の注意点

コルセットの効果について見てきましたが、次は腰痛に対してコルセットを使う場合の注意点について挙げていきます。どのような注意点を押さえておかなければならないのでしょうか。

あくまで症状の強いときに使う

腰痛に対してコルセットを使う場合の注意点としてまず挙げられるのは、あくまで症状の強いときに使うということです。症状がひどいときというのは上述した腹圧が維持できなくなっているときと言えます。症状がひどくない場合など普段から使っていると楽にはなるかもしれませんが、自身で腹圧を維持する力はどんどん落ちていってしまいます。

 

つまりコルセットが手放せなくなってしまうということですね。痛みの悪循環にもはまっていってしまいます。あまり頼りすぎて、依存することのないようにしていきましょう。

整体師
ただし、予め負担がかかることが予測できる日もあると思います。仕事が忙しい日や負担が大きくかかることがわかっているときには、予防として1日だけ使うという方法はアリでしょう。

寝るときは避けた方が良い

コルセットについて聞かれることで多いのは、寝るときにはどうしたら良いかというものです。安心感について上述しましたが、つけていないと不安という人もいると思います。しかし、寝るときには使わない方が良いでしょう。

 

上述したように依存してしまうことにつながるだけでなく、悪影響でもあります。寝ているときは回復の時間ですが、締め付けがあることで血流は悪くなります。酸素や栄養が充分にあれば回復も期待できますが、それが制限されかねないということですね。

 

コルセットを使わないと横になれないというほどであればまずは骨などに異常がないか受診するべきです。基本的に寝るときは使わないということを覚えておきましょう。

リハビリの重要性

依存してしまわないことについて述べましたが、腰痛のリハビリでは腹圧がとても重要なポイントとなります。コルセットはあくまで自身の筋肉の補助をしているということですね。リハビリをしっかりと行い、自身で腹圧を維持したり仙腸関節の安定性を保てるようにしていくことが腰痛には重要ということです。

 

これは非特異的腰痛だけでなく、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など整形外科領域の特異的腰痛の場合にも当てはまります。腰痛で整形外科や接骨院に通っている人も多いと思いますが、内容を思い返してみてください。電気を当ててマッサージを受けてといった内容では、いつまで経っても症状が変わらないということになってしまいます。

整体師
電気を当ててもらう、マッサージをしてもらうなど、やってもらうという受け身の治療ではなく、自身で腹圧を維持できるようにセラピストと一緒に取り組んでいくことが大切です。

コルセットを使う場合のポイント

では最後に、コルセットを使う場合のポイントを挙げていきます。基本的なことですが、押さえておきましょう。

サイズの合ったものを使う

基本の1つ目は、自身に合ったサイズのものを使うということです。少し大きめでも大丈夫といったことを耳にすることもありますが、骨盤を締めて仙腸関節の安定を図ることやお腹に巻いて腹圧を維持することが目的です。

 

適切なサイズでないと効果も得にくくなってしまいます。また、先にも触れたようにコルセットや骨盤ベルトなど種類も多いので用途にあった使い方をしましょう。

正しい巻き方で装着

基本の2つ目は、正しい巻き方で装着するということです。上述したように仙腸関節の安定のために骨盤を締める、腹圧の維持のためにお腹にしっかりホールドさせるといったことが重要になります。

 

巻く位置やベルトの締め方など、使い方をきちんと理解して装着しましょう。正しく巻けていないと、効果も期待できなくなってしまいます。

まとめ

腰痛に対してコルセットを使う場合に期待できる効果、そして注意点や巻き方について紹介してきましたがいかがでしたか?コルセットを適切に使っていくことで腰痛を軽減させるとともに、リハビリをしっかり行って根本から改善していきましょう。

-腰痛対策
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.