【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の原因

スポーツ別に腰痛の原因や症状を理解しよう!ゴルフと陸上競技について

更新日:

腰痛には運動が良いと言われていますが、スポーツをしている人は腰痛にならないかと言うとそうではありません。スポーツをしている人でも腰痛など身体に問題は起こりますし、トップアスリートになればどこかしらの身体の問題とうまく付き合いながら高いパフォーマンスを示していることがほとんどでしょう。

 

スポーツでの腰痛も身体にかかる負荷が高くなってしまうことによって回復が追いつかずに起こりますが、それぞれの競技で特有の負荷のかかり方にもなります。それらの原因を知っておくことが改善にもつながりますね。今回はスポーツにおける腰痛について、ゴルフと陸上競技での腰痛の原因や症状などを紹介していきます。

ゴルフで起こる腰痛の原因や症状

 

最初は、ゴルフで起こる腰痛や原因の症状についてみていきましょう。ゴルフにおける動作の負担や原因について挙げていきます。

ゴルフは左右非対称な動作のスポーツ

ゴルフのスイング動作は利き手によって方向が変わり、左右非対称なスポーツであることは周知のことです。野球やその他のラケットスポーツも同様ですね。この一方向への動作の繰り返しがやはり身体には負担となってしまいます。

 

左右のバランスが崩れてくると左右どちらかに痛みが出たり、回旋に問題があれば中心に痛みが出ることもあります。負担の蓄積で症状が出る場合もあれば、一回のスイングで起こる場合もありますね。

準備運動不足やスイングのみが原因のことも

ゴルフでの腰痛に関しては、準備運動の不足がよく挙げられています。ラウンドはもとより、練習場でも何回か素振りをしていきなりフルスイングを始めるという人も少なくないのではないでしょうか。準備運動をしてしっかり温めてから行わないことで、身体への負担は大きくなるということは当然のことですね。

 

また、ラウンド中はカートを使う場合にはスイングしかしないということになります。カートを使わずに歩くことが運動量の面からも推奨されていますが、歩くことが負担の偏りを避けることにもつながるので、できる限り歩きたいものですね。

身体の使い方をチェックする必要性

スイングの技術的な部分に関しては、回旋の中心がどこにあるかということなどが重要になります。一連の流れの中ではインパクトのときに最も力がボールに伝わるような動作が理想です。

 

その流れの中で力みがあってスムーズに動けていない部分がないか、背骨全体できれいに回旋できているかなどをチェックすると良いでしょう。上半身だけで腰が回っていない人や、腰だけ回旋しすぎている人などは問題が起こりやすいと言えます。

左右反対のスイングでバランスを

多くの人が取り入れていることですが、練習のときに左右反対のスイングを行うとバランスがとれるようになります。反対の素振りはぎこちなくなって気持ち悪い感じがしますが、左右同じ動きに近づいてくると使い方としてはばっちりですね。

整体師
左右反対にすることで上述した技術的な部分のポイントがはっきりする場合もあります。左右で使い方が違う場合もあるので、それも含めてバランスを考えていきましょう。

普段の姿勢から気を付ける

スイングはみなさんご存知ですが回旋の動きです。回旋の動きは腹圧が抜けていると腰への負担が大きくなるので、普段の姿勢から注意しておきましょう。後ろにもたれかかる姿勢が多い人では腹圧が抜けやすくなります。また、慢性的な腰痛を抱えている人も抜けやすくなってしまいます。

腹圧が抜けた状態で捻るというシーンは、ぎっくり腰の発生機序と同じですね。もともと腰痛と姿勢との関わりは深いので、普段から意識していきましょう。腹圧については下記も参考にしてみてください。

前かがみの姿勢が楽?逆に痛い?症状からみる腰痛の原因と対策

日常的に腰痛に悩まされている人では、前かがみの姿勢が辛くてとれないという人も少なくないと思います。また、ぎっくり腰になっ ...

続きを見る

陸上競技で起こる腰痛の原因や症状

次は、陸上競技で起こる腰痛の原因や症状についてみていきましょう。陸上競技は種目が多いですが、それぞれの特徴について挙げていきます。

走跳投は動きの基本

走る・跳ぶ・投げるといった動作は、運動の基本の動作でもあります。そしてそれらの動作はどれも、とてもシンプルな動作と言えますね。しかし、シンプルであるがゆえに間違った使い方での負担が定着しやすいとも言えるのです。

 

また、シンプルな動きなので単純な疲労の蓄積も腰痛の原因となります。この場合は量を落とすことで軽快することが多いですが、動作についてはしっかりチェックする必要があるということを覚えておきましょう。

ウォーキングからダッシュまでの姿勢チェック

すべての動作に重要なことですが、力をしっかりと伝えるパワーポジションというものがあります。走動作で言えば地面からもらった力を上手く身体全体に伝え、前に進んでいく力に変えていくということですね。

 

力を伝達するときに背中や腰が丸くなっていると、力が上手く伝達されずに負担となって蓄積してしまいます。これはどのスピードで走っていても同じことなので、しっかりとパワーポジションがとれているかの確認をしましょう。

整体師
上述したように走動作は単純動作の繰り返しなので、より気を遣う必要があると言えますね。

ハードルは姿勢が悪くなりやすい?

ハードルは特に動作の習熟が重要になる種目と言えます。未熟な選手では着地のときに膝が曲がって腰が落ちる姿勢になりやすいでしょう。このときに骨盤は後傾し、腰や背中は丸くなりやすい状態です。

 

そこに着地の衝撃が入るので、1本走れば10台分の負荷を受け止めることになります。着地動作で減速せず、力をスムーズに流していける動作の習得が必要です。

姿勢に関しては、下記も参考にしてみてください。

腰痛の原因NO1は悪い姿勢。正しい座り方・立ち方を徹底解説

腰痛に苦しんでいるあなた、もしかして姿勢が悪くありませんか?姿勢の悪さは腰痛の原因になるのです。どのような姿勢が腰に悪い ...

続きを見る

跳躍競技は一瞬の力に耐えられる身体を

パワーポジションの話を先に挙げましたが、どの競技でも重要で跳躍競技でも例外ではありません。助走をとってタイミングを計り、踏み切りに至る瞬間に力をどれだけ上手く伝えられるかがポイントになります。

 

一瞬にどれだけ伝達できるかがポイントになるので、このときに姿勢が悪かったり腰に負担が集中するような動作では腰痛は避けられないということですね。上手く伝達ができる動作の習得、そしてその力に耐えられる身体づくりが大切です。

投てき競技は力の伝達をスムーズに

投てき競技もパワーポジションが重要なのは言うまでもありませんが、対象が地面と身体だけでなくモノも加わってきます。力を受け取るのは地面からということで変わりはないですが、身体を上手く使ってその力を砲丸ややり、円盤やハンマーに伝えるということですね。

 

一見身体の使い方はスムーズでも、モノに上手く力が伝わらなければ遠くへは飛びません。跳躍競技と同様で力をどれだけ多く伝えられるかが重要になります。その際の身体の使い方で、腰に負担がかかってしまうということですね。

整体師
ここでもやはり姿勢が重要になってきます。地面から得た力は身体を伝わって流れていきますが、重要なのは骨盤や背骨の部分です。ここで上手く力が扱えるかどうかがパフォーマンスのポイントになり、また腰痛などケガの発症のポイントにもなるということですね。

まとめ

 

今回はスポーツにおける腰痛について、ゴルフと陸上競技での腰痛の原因や症状などを紹介してきましたがいかがでしたか?どのスポーツにも言えることは、動作の負担の偏りをなくしていくことが大切ということです。そして、腰痛全体について言えることは負担を減らして回復を促すことが症状改善のポイントということです。

整体師
これらの点をしっかりと意識してスポーツを楽しみ、日常生活を送っていきましょう。また、競技をしている場合であればこの点を意識することでパフォーマンスの向上を目指していきましょう。

-腰痛の原因
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.