【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の治し方

体幹を安定させて腰痛改善を!ブレーシングとドローインの違いや効果

更新日:

腰痛に効果のあるエクササイズとして、ドローインを取り入れているという人はどのくらいいるでしょうか。お腹を凹ませてエクササイズすることでくびれなどダイエット効果も取り上げられていますね。腰痛に関してはお腹に力が入ることで体幹を安定させるということですが、このドローインに対してはそれだけでは効果が疑問視されている部分もあります。

 

それに変わってよく取り上げられるのがブレーシングです。ブレーシングもお腹に力を入れて体幹の安定を図るという点では同じですね。しかし、ドローインよりもブレーシングを行うべきという意見もみられるほどですが、この両者の違いはどこにあるのでしょうか。今回はブレーシングについて、その概要やドローインとの違い、両者の使い分けや意識のポイントを紹介していきます。

ブレーシングって何?

まずは、ブレーシングの概要についてみていきましょう。ブレーシングの方法や腹圧の重要性について紹介していきます。

体幹に力を入れて安定させる

ドローインもブレーシングも体幹の安定を図ることは同じだと冒頭で述べました。ドローインの場合はお腹を凹ませて行っていきますが、ブレーシングの場合は動きとしてはないと言ってよいでしょう。特に凹ませたり、逆に筋肉の収縮で盛り上がったりといったことはないということです。

 

ウェストに手を当てるように、骨盤の骨の少し上、横腹に手を密着させるように当ててお腹に力を入れます。このときに、お腹側だけでなく背中側にも均等に力が入っているようにしましょう。全体が引き締まるイメージがわかりやすいかと思いますが、均等に力が入るというところが大切です。

腹圧はとても重要

体幹に力が入ることで安定が図れるということですが、このときに腹圧がしっかり維持されているということが重要な点です。腹圧が維持されないと体幹がしっかりと固定されず、力を受け止めたり、スムーズに受け流したりできません。固定源でもあり、動力源でもある体幹のはたらきが損なわれるということですね。

 

うまくはたらかないだけならまだ良いですが、伝わってきた力が抵抗力をもたない状態で体幹にかかるので、腰部などを傷める原因となります。力が抜けたところに負荷を受けるというのは、痛みなど障害に直結するということもイメージしやすいですね。

腹圧の重要性については、下記も参考にしてみてください。

前かがみの姿勢が楽?逆に痛い?症状からみる腰痛の原因と対策

日常的に腰痛に悩まされている人では、前かがみの姿勢が辛くてとれないという人も少なくないと思います。また、ぎっくり腰になっ ...

続きを見る

ドローインとブレーシングの違い

では次は、ドローインとブレーシングの違いについてみていきましょう。主な目的として文字にするとどちらも同じですが、両者には違いがあります。

ドローインは選択的

ドローインの場合は、腹圧を維持して体幹を安定させるという目的の中で、腹横筋という筋肉を選択的にエクササイズするものです。腹横筋はインナーマッスルの一つであり、聞いたことがある人もいるでしょう。いわゆる6パックの筋肉である腹直筋が表層にあるのに対して、腹斜筋とともに腹部深層で体幹の安定に関与しています。

 

お腹を凹ませるという動作によって腹横筋を刺激し、腹圧を維持しやすくしていくということですね。ドローインを行った状態で様々なエクササイズをすることも効果的とされています。ドローインについては、下記も参考にしてみてください。

あなたのお腹はどれだけ凹む?ドローインの腰痛改善効果とやり方

腰痛の改善や予防に運動が効果的であり、積極的に取り入れていくことが推奨されていますが、その運動の種類は様々です。運動の種 ...

続きを見る

ブレーシングは全体

ドローインは腹横筋を選択的に刺激しているということでしたが、ブレーシングの場合は腹圧に関与する筋肉を全体的に刺激していると言えます。上述したようにお腹側だけでなく背中側にも均等に力を入れることで体幹の安定を図っているということですね。

 

慣れてくるまでは全体に力を入れるという感覚が掴みづらいかもしれませんが、手を当てている分フィードバックも得やすいので、少しずつ感覚を掴んでいきましょう。

整体師
体幹や腹腔を1つのユニットとして考えているということで、よりスポーツなど実戦向きとも言えますね。

目的で使い分けよう!

ドローインとブレーシングの違いについてみてきましたが、どちらが優れていてどちらかが劣っているというよりは、目的に応じて使い分けることが重要です。

腰痛患者では腹横筋の再教育が必要

ドローインでは腹横筋を選択的にエクササイズすると述べましたが、腰痛に用いられるのは腹横筋というところが重視されているためです。慢性腰痛を抱えている人では、腹横筋のはたらきが遅れるということが言われています。

 

上肢であれ下肢であれ、また体幹であれ必ず腹横筋が先行してはたらくことで体幹の安定性に寄与しているということですが、それが失われることで負担が大きくかかってしまうということですね。また、痛みによってその先行収縮が弱くなるとも言われているので、悪循環にはまっていってしまいます。

腹横筋だけでは弊害も

腹横筋の再教育を行う目的で、ドローインによってどのはたらきを取り戻すように図っているということですね。無意識レベルでできていたことができなくなってしまっているので、随意的に意識するところから始めていくということです。

 

しかし、この腹横筋のはたらきに関してはあくまで遅れるというだけで体幹の安定性に大きく寄与しているとは言えないというのがブレーシングを推す人たちの意見です。単純に腹横筋だけがはたらく状態では仙腸関節の安定性も崩れやすくなるとされています。

ブレーシングを組み合わせよう

もう1つ、ドローインのみの弊害としては、スポーツなどの実際の動作のシーンではそのような使い方はされていないということが挙げられます。お腹を凹ませて動くシーンはなかなか思い浮かばないですね。特異性の原則からも有効とは言い難いということです。

 

そこでブレーシングが必要ということになり、ブレーシングの使い方は特異性の原則もクリアできるとされています。

整体師
日常生活復帰レベルのリハビリや先行収縮がみられない場合にはドローインを、それより進んで日常生活の向上や競技レベルなどのリハビリではブレーシングをメインにして取り入れていくと良いでしょう。

ブレーシングで意識するポイント

では最後に、ブレーシングで意識するポイントについて紹介していきます。ドローインとも共通しますが、2つのポイントに注意することでより効果を得ていくことができるでしょう。

息を止めない

まず最初に意識するポイントとしては、呼吸を止めないということです。きちんと使えているかどうか感覚を掴みやすいのでどうしても呼吸を止めてしまう人が多いですが、いきみと同じになってしまうので注意しましょう。血圧が高い人や変動しやすい人では注意が必要です。

 

力の入れ方を掴んできたら、次はその状態で呼吸が続けられるように意識していきましょう。力の入れ方の感覚を掴むこと、そして呼吸が自然にできていることの2つがまず目指すべきポイントです。

努力度を減らしていく

次に意識するポイントは、努力度を減らしていくということです。腹横筋は先行収縮していると述べましたが、それを普段から意識している人はいませんね。また、ブレーシングの力の入れ方も普段は自然に行われているものであり、頑張って力を入れるなどの努力してはいないと思います。

 

スポーツシーンではなおさらですね。体幹の使い方として意識することはあっても、そこに大きな努力が必要で注意をとられるようであればパフォーマンスに支障が出てしまいます。最小限の力で持続されることが無意識レベルに行われているので、リハビリで行う場合もそこを目指すということがメインであるべきです。

まとめ

今回はブレーシングについて、その概要やドローインとの違い、両者の使い分けや意識のポイントを紹介してきましたがいかがでしたか?それぞれの特徴を理解して上手に活用することで、腰痛など症状の改善に活かしていきましょう。痛みに関して運動が効果的なことは明らかにされているので、是非取り入れてみてください。

疼痛と運動療法に関しては、下記も参考にしてみてください。

痛くても動いた方が良いのは2つの理由から!腰痛に対する運動療法の効果

腰痛に対して運動をするという場合では、痛みが多少あっても行った方が良いという場合もあります。しかし、運動をした方が良い場 ...

続きを見る

よく読まれてる記事

腰痛対策

【腰痛対策】腰痛マットレス効果ランキング|人気商品を徹底比較

腰痛対策にオススメの人気腰痛マットレスをランキングでご紹介。最新の腰痛対策に関する話題など腰痛に対策に関する話題・解決方法などをわかりやすくご紹介しています

-腰痛の治し方
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2017 All Rights Reserved.