【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の薬

効かなくて困ったという人は多い?ロキソニンが効かない腰痛の種類と原因

更新日:

腰痛に対して痛み止めを飲んでやり過ごしているという人はどのくらいいるでしょうか。

整形外科や接骨院などを受診する人の2人に1人は腰痛と言われていますが、ありふれた症状であることや病院に行くほどではないと思われやすいことから潜在的な数はもっと多いと言われています。

痛み止めでよく知られるものの1つにロキソニンが挙げられますが、ロキソニンが効かなくて困ったという人もいるのではないでしょうか。

ロキソニンはよく効くというイメージが広まっていますが、万能ということはもちろんありません。

ロキソニンが効かないというケースではどのようなことが挙げられるのでしょうか。

整体師
今回はロキソニンが効かない腰痛のケースについて、ロキソニンの概要や痛みの種類、そしてロキソニンが効かないということはどのような場合なのかを紹介していきます。

ロキソニンについて知ろう

ロキソニンが効かない腰痛ということに関しては、ロキソニンや痛みについて知ることがポイントです。

まずはロキソニンについて理解していきましょう。

概要や鎮痛のしくみを挙げていきます。

ロキソニンとは

ロキソニンは、整形外科をはじめとする多くの診療科で痛み止めとして一般的に処方される薬ですね。

大半の人が処方された経験がある薬だと思います。

成分名はロキソプロフェン ナトリウムで、ロキソニンは製品名ということです。

オロロックスも製品名として使われており、ロキソニンと同じです。

ロキソニンは非ステロイド性抗炎症薬の1つで、NSAIDs(エヌセイズ、エヌセッド)とも呼ばれます。

ステロイドは強力な薬として知られていますが、副作用などに注意が必要なところがポイントですね。

そのステロイドではない抗炎症薬がNSAIDsということで、比較的身体に優しいということを示していると言えます。

ロキソニンの鎮痛のしくみ

ロキソニンは非ステロイド性抗炎症薬の1つと述べましたが、NSAIDsのほとんどで鎮痛のしくみは同じです。

体内で炎症や発熱などの炎症反応が起こることに関連している物質に、プロスタグランジンがあります。

プロスタグランジンやブラジキニンなどは発痛物質としてご存知の人もいるでしょう。

このプロスタグランジンは細胞の構成物質に酵素がはたらきかけることで発生しますが、ロキソニンを服用することでこの酵素のはたらきを阻害し、プロスタグランジンなどが発生するのを防ぐということです。

痛みのもととなる物質を発生させないことで、鎮痛作用を有しているということですね。

整体師
誤解してほしくないのは、痛みなどの炎症反応は不要なものではないということです。痛みはサインでもあり、炎症反応がなければ身体の修復も進みません。本来であれば、強すぎたり長引いているなど炎症反応が弊害となってしまう場合にのみ服用したいということです。

市販薬のロキソニンSは?

市販薬は基本的に処方薬に比べて薬効が半分程度に抑えられているということを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

しかし、ロキソニンの市販薬であるロキソニンSは処方薬と成分量や添加物が同じとされています。

薬自体の違いはないと言っても良いでしょう。

処方薬とロキソニンSの違いについては、市販されているロキソニンSの場合は短期の服用、そして頓服使用の目的とされている点です。

効果が高い分管理をしっかりとする必要があるので、市販薬のロキソニンSは短期服用や緊急の服用を推奨しています。

この点はしっかりと理解しておきましょう。

下記も参考にしてみてください。

ロキソニンSの腰痛への効果は?実際の飲んだ人の口コミは?

強力な鎮痛作用が評判のロキソニンSは、キツい腰の痛みをしっかりと抑えて楽にしてくれる内服薬です。1錠飲むだけで、あっとい ...

続きを見る

痛みについて知ろう

ロキソニンについては理解してもらえたでしょうか。

次は、痛みの種類についてみていきましょう。

痛みについても知ることで、より理解が深まります。

痛みの種類について主に挙げられる3つを紹介します。

侵害受容性疼痛とは

痛みの種類についてまず1つ目は、侵害受容性疼痛です。

侵害受容ということで、身体が侵害刺激を受けた場合に痛みを発するということですね。

身体に害となる刺激には様々なものが挙げられます。

切り傷や打撲などの外傷はイメージされやすいですが、熱さや冷たさなども侵害刺激に入ります。

実際に組織に損傷が起こっているということであり、それらの情報を痛みとして受け取っているということですね。急性期の痛みというイメージで良いでしょう。

神経障害性疼痛とは

痛みの種類の2つ目は、神経障害性疼痛です。文字が表しているように、神経に障害が起こることで感じる痛みということですね。

末梢神経が痛みを受容するところや伝えるところ、もしくは中枢で痛みの情報を受け取るところで問題が起こっているということです。

痛みを感じるラインが下がってしまうことで痛みに敏感になっていたり、情報が伝達される間に勝手に情報が強くもしくは多くなって痛みが強く感じられるようになります。

組織に損傷が起こっていない場合でも生じ、急性期以降痛みが残る場合に考えられます。

下記も参考にしてみてください。

まるで倍々ゲームのように痛みが増える?感作の理解と腰痛の改善

感作(かんさ)ということについて知っているという人はどのくらいいるでしょうか。アレルギーを持っている人ではひょっとしてド ...

続きを見る

心因性疼痛とは

痛みの種類の3つ目は、心因性疼痛です。

上記の2つに含まれないものとして非器質性と呼ばれることもあります。

心因性の問題が関与すると痛みが長引くとされていますが、急性期を過ぎるとだんだんとストレスなど心理・社会的な要因の影響が大きくなるとされています。

しかし反対に、原因のわからないものはすべて心因性と片付けられることも懸念されており、痛みについての問題の難しい部分です。心因性疼痛については、下記も参考にしてみてください。

【え、あの人がストレスで?】軽視されがちな心因性腰痛の3つの誤解

腰痛に関して、心因性と聞くとこころが関わっているということはイメージされやすいかと思います。しかし、適切に理解しているか ...

続きを見る

ロキソニンが効かないということは

ロキソニンや痛みについてみてきたところで、整理をしていきましょう。

ロキソニンが効かない腰痛というのは、何が考えられるのでしょうか。

ロキソニンが効くのは侵害受容性疼痛のみ

ここまでみてきたことから、ロキソニンは実際に組織に損傷が起こってプロスタグランジンなどの発痛物質が生じている場合に効くということがわかります。

つまり、侵害受容性疼痛ですね。その他の種類の痛みに関しては、発痛物質を伴う痛みではないため機序を考えると効果が期待できないということです。

実際に神経障害性疼痛には専用の薬が処方されますし、心因性疼痛が疑われる場合については精神薬が処方されます。

整体師
ロキソニンが効かないということは侵害受容性疼痛ではないという可能性があり、市販薬の場合は一度受診した方が、処方薬の場合はドクターに相談した方が良いということですね。

慢性期はプラセボ?

作用機序を考えると急性期の侵害受容性疼痛以外に効果は期待しづらいですが、ロキソニンを飲むことで得られる安心感から症状が軽減する場合もあります。

いわゆるプラセボですね。近年の研究では、明らかにプラセボだと認識した状態で服用をしても、本来の薬と同等の効果が得られるケースもあることがわかっています。

整体師
薬を飲むという行為自体が症状の軽減につながっているとも言えるということですね。どのようなケースでも、効かない場合には長期の服用は避け、一度ドクターに相談するようにしましょう。

まとめ

ロキソニンが効かない腰痛のケースについて、ロキソニンの概要や痛みの種類、そしてロキソニンが効かないということはどのような場合なのかを紹介してきましたがいかがでしたか?

ロキソニンや痛みについてそれぞれ知ることで理解も深まりますね。

薬は正しく用いることで得たい効果を得ることができます。

その反面で、用法・用量をはじめ使い方を間違えることで副作用など思わぬ結果を招くこともあります。

しっかりと理解し、正しく使っていきたいものですね。腰痛の薬に関しては、ロキソニン以外にも様々なものがあります。

薬や痛みについてしっかりと理解し、自身に合った薬を使っていきましょう。

腰痛の薬については、下記も参考にしてみてください。

☞ 腰痛に効く薬のおすすめはこちら

-腰痛の薬
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.