【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の原因

腰痛の85%は原因不明!あなたの腰痛の原因がわからない理由

更新日:

腰が痛くて整形外科を受診したときに、原因がわからないと言われたり特に異常はないと言われた経験をした人は少なくないかと思います。原因がわからないと言われると、どこから痛みが来ているのか、また治る見込みはあるのかなど不安になりますよね。内臓系の病気でも腰痛が起こることは知られているので、そちらも心配になるでしょう。

 

また、異常がないと言われても実際に腰には痛みが出ているので、その場合も不安になったり腑に落ちない心境で帰路につくことになります。実は、腰痛の85%はこのように原因不明と言われたり異常なしと言われているのです。実際に痛みが出ているのにも関わらずこのように言われてしまうのはなぜなのでしょうか。

 

今回は腰痛の85%が原因不明とされる理由について、腰痛の分類のポイントや本当の原因を紹介していきます。

腰痛で整形外科を受診すると

腰痛を抱えている人はとても多く、30~40代をピークにどの年代にもみられる症状です。2人に1人が経験すると言われる腰痛ですが、急性に起こるものや慢性的な痛みなど人によっても様々でしょう。その原因を明らかにするために、整形外科を受診して診断を受けるというのが一般的ですね。

腰痛の原因が不明なのは不安

一番最初は整形外科ではなく、接骨院や行きつけの整体、マッサージなどの人もいるかと思います。それでも長引く腰痛や、勧められた場合などは整形外科を受診して原因を明らかにする必要がありますね。整形外科以外でも原因について説明を受けて施術をしてもらうことはできますが、診断はドクターにしかできません。

 

つまり、最終的に確定してもらうのはドクターしかいないということですね。それにも関わらず原因不明と言われると不安になって当然だと思います。また、異常なしで経過観察と言われても実際に痛みを抱えていることは確かなので、無駄足だったという気持ちにもなってしまいますね。

原因不明の病名はゴミ箱的診断

このとき説明されるかどうか別にして、たいていの場合は病名がきちんとつけられています。カルテに記載されるのは腰痛症や坐骨神経痛などで、どちらの病名も消去法でつけられることが多く、診断学の中ではゴミ箱的診断とも言われるようです。行き場がないものは最終的にゴミ箱に入れられるということを表しているのですね。

 

坐骨神経痛と言うと下肢に拡がるしびれや痛みといった症状で知られていますが、実は正式な疾患名ではなく症状の総称ということなのです。腰に痛みが限局していれば腰痛症、下肢の方にも広がっていれば坐骨神経痛とされることが多いと言われています。

整体師
診断学では安易にゴミ箱が使われることに警鐘を鳴らすドクターもいるようです。

腰痛の原因による分類

診断のことについてみてきましたが、なぜ痛みがあるのに原因不明や異常なしと言われてしまうのでしょうか。これだけ機器や医学が発達しているのに、85%もの数字になるのは不思議でもありますね。実は、腰痛の原因による分類にポイントがあります。

特異的腰痛と非特異的腰痛

腰痛の原因による分類でよく取り上げられるのが、特異的腰痛と非特異的腰痛です。特異的腰痛とは原因のはっきりしているものを指します。具体的に挙げると腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症や腰椎椎体圧迫骨折などです。これらは整形外科領域の疾患であり、神経や内臓疾患などが原因となっているものも特異的腰痛に入ります。

 

それに対して非特異的腰痛とは原因のはっきりしないものを指しており、具体的な病名が当てはまらないことから上述の腰痛症や坐骨神経痛など症状の総称が当てられるということですね。何度も触れているように非特異的腰痛は85%を占めます。特異的腰痛は15%で、内臓疾患はそのうち5%に満たないとされています。

原因とは画像所見のこと

ここでポイントとなるのは、「原因」ということですね。実は原因という言葉が指しているのは、画像所見のことです。レントゲンやMRIなどを撮影し、その画像や映像で明確な異常がみつかった場合に特異的腰痛として疾患名がつけられます。骨折やヘルニアが認められることで診断されるということですね。

 

腰痛診療ガイドラインでは安易なレントゲン撮影は推奨されていませんが、忙しい中でレントゲンを撮って異常がないから経過観察にしましょうというドクターが多いのもまだまだ現実とされています。これが原因不明や異常なしで終わってしまう大きな理由です。もちろん丁寧に身体所見をとって、画像検査も含めて診断してくれるドクターもいます。

整体師
セラピストが合う合わないがあるように、ドクターも選ぶ時代と言われていますね。信頼できる良好な関係を築きたいものです。

非特異的腰痛は何が原因なのか

画像所見上は異常がないという非特異的腰痛ですが、痛みに対しての原因は必ずあります。骨などの器質に問題はなくても、機能に問題がある場合などですね。丁寧に所見をとってくれるドクターや、リハビリのセラピストとの連携のあるところでは機能面も見てくれるので、選択の参考にしましょう。すみ分けされているところでは、器質はドクターが、機能はセラピストが診るということで連携がされ、分類上の原因不明や異常なしで終わらずにきちんと説明してくれます。

普段の姿勢や動作

機能面の問題として原因となるのは、普段の姿勢や動作の癖などです。負担がかかりすぎていることで筋肉などが損傷までいかないにしても、悲鳴をあげているということですね。また、仕事中の動作やスポーツでの身体の使い方に問題があれば、その負担が積み重なって痛みが起こります。

 

セラピストは機能面をみることがその仕事の重要な部分となり、原因となる動作の特定や改善、もしくは代償を考えることで治癒に向けて治療や施術をしていくということです。

整体師
この一連の流れがリハビリということであり、ただ単に揉まれたり電気を流してその場だけ気持ち良いという治療や施術を受けている場合は考え直した方が良いでしょう。

生物・心理・社会的要因

慢性の腰痛の場合は原因が複雑に絡んでくるとされており、痛みの分野では生物・心理・社会的な要因に対するアプローチが必要と言われています。腰痛を抱えながら過度のプレッシャーが絡んでしまうと、組織や機能に問題がなくなってもトラウマのようにプレッシャーを感じることで痛みが起こります。

 

また、痛みによって周囲が自身に優しくなるなどの何らかの報酬があると、無意識レベルでそれを求めるようになるとされています。極端な例ではDVを受けていた人が激しい腰痛を契機にDVが収まる経験をすると、腰痛に依存するようになるということです。同じような仕組みで本人に自覚なく報酬があると、なかなか痛みが改善しないということですね。このように慢性化すると単に身体の問題だけではなくなってしまうので、早期に適切な対処が望まれています。

まとめ

腰痛の85%が原因不明とされる理由について、腰痛の分類のポイントや本当の原因を紹介してきましたがいかがでしたか?根本にあるのは姿勢や身体の使い方であり、慢性化していれば身体以外の部分にも目を向ける必要があります。徒に経過観察をしていると慢性化してしまいますし、痛みを専門にしている外来もあるので受診してみましょう。もちろん、特異的腰痛でないという診断を受けていることも重要なポイントなので、長引く場合には異常がないことを明らかにするためにも一度は整形外科を受診することが必要です。

 

病院などの選択に関しては、下記も参考にしてみてください。

→ 腰痛の際に病院に行くポイントや注意点はこちら ←

-腰痛の原因
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.