【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の症状 腰痛マットレス

腰痛が仰向けで痛い場合と楽な場合の症状・原因の違いをまとめてみました

更新日:

みなさんの中で、仰向けに寝ると辛いという人はどのくらいいるでしょうか。腰痛を抱えている人は特に、寝るときの体勢によって痛みが変わったり、睡眠の深さも変わるという人が少なくないでしょう。普段はそこまで症状を感じていなくても、仰向けで長時間寝ていると痛くなるという人もいるかと思います。

 

睡眠は貴重な回復の時間ですが、そこで痛みなどの症状が出ていると回復もままなりませんね。回復がうまくいかないということで、悪循環にはまっていってしまいます。同じ仰向けに寝ていても、楽な人もいます。仰向けで寝た場合に腰痛が辛い場合と楽になる場合はどのようなことが考えられるのかということを紹介していきます。

仰向けに寝て腰痛が楽になる場合

まずは、仰向けに寝て腰痛が楽になる場合に考えられることについてみていきましょう。このケースはシンプルとも言えます。

単純な疲労がメイン

仰向けに寝ることで腰痛が楽になるということは、単純な疲労によって症状が起こっていることがまず挙げられます。立っていても座っていても、身体を起こしているときに腰を含めて背骨を支えているのは筋肉です。自然なS字のカーブを描いてショックを吸収したり身体の支持をしている背骨ですが、靭帯や筋肉がなければすぐにバラバラになってしまいます。

 

どんな人でも長時間立っていたり座りっぱなしであれば肩や腰が硬くなるのを感じたり、痛みが出てきますね。横になればその負担もかからなくなるので、寝ることで楽になるということです。頑張っている筋肉が休息できるということで、これはイメージもつきやすいでしょう。

同じ姿勢ではいられない

筋肉への負担が解消されるということで寝た方が楽になるということでしたが、これは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの整形外科疾患でも同じことが言えます。基本的には身体を起こしているときにかかる負荷が原因となって痛みなどの症状も出やすいので、横になってそれが解消されれば楽になるということですね。負担を解消して回復を促すというのは他の疾患でも同じと言えます。

 

私たちの身体は長時間同じ姿勢でいると必ず疲労などでバランスが崩れてきます。どれだけ良い姿勢をキープしていても、長時間になれば必ず疲労によって崩れてしまい、硬さや痛みなどにつながるということです。

整体師
同じ負荷をかけないということで、姿勢をこまめに変えたり動かしたりするなどが必要ということですね。

仰向けに寝て腰痛が辛くなる場合に考えられること

では次は、仰向けに寝て腰痛が辛くなる場合についてみていきましょう。腰痛を抱える人の多くは仰向けが辛いのではないでしょうか。

背骨の柔軟性の低下

仰向けに寝て腰痛が辛くなる場合に考えられるまず1点目は、背骨の柔軟性の低下です。自然なS字カーブを描いていると述べましたが、身体の動きに合わせて動いているのが背骨でもあります。よく言われる猫背の姿勢では後ろに弓なりになってしまいますし、反り腰と言われる状態では腰椎の自然な前へのカーブが強くなっているというように、動きのあるものなのです。

 

この動きというのは寝るときも同様で、ベッドや床に合わせて背骨の位置も影響を受けます。問題ない状態であれば床にうまく適応しますが、筋肉の緊張が強い場合などはうまく適応できません。それによって痛みや寝づらさといったことが起こるのですね。

寝具など環境の問題も

床にうまく適応すると述べましたが、ベッドの硬さや布団の厚みなど、そして枕やクッションなども症状に影響を与えます。せんべい布団で腰が痛くなったという話や、ホテルなどに宿泊した際に慣れない枕やベッドの硬さで身体が痛くなったという話はよく耳にしますね。反対に、そういった機会で自身に合った寝具がみつかったという人もいるようです。

 

近年では高反発のマットレスや低反発のマットレスがよく取り上げられていますが、どちらも一長一短はあり、自身に合っているかどうかということが重要です。寝返りが多くなく、腰が沈み込んでしまって起き上がりにくくなる人では低反発は向いていません。しかし、低反発の沈み込みは横向きで寝た場合に肩にはやさしいとも言えるのです。

どのくらい寝ていられるかで重さがわかる?

仰向けに寝て腰痛が辛くなる場合をみてきましたが、その症状の重さはどのくらい寝ていられるかで測れるとも言えます。ポイントを挙げていきます。

軽度の場合

仰向けになって最初は痛みがあるがなんとか寝ていることができ、慣れると良くなるという人は軽度と言えるでしょう。また、最初はなんともないが寝ていると徐々に痛くなってくるという人もまだ軽度と言えます。このような段階ではまだ睡眠にそこまで支障も出ていないことが多く、放置している人も多いでしょう。

 

痛みがあって徐々に慣れてくるというのは、筋肉の緊張が強かったものがだんだん緩んでいくことが考えられます。反対に徐々に痛くなってくるというのは、仰向けでいることで筋肉がだんだんと緊張してきてしまうということです。

整体師
同じ姿勢ではいられないと述べましたが、これは寝ていても同じということですね。

重度の場合

重度と言えるのは、仰向けになったときからすでに痛いというケースです。緊張が強く床に適応できないために痛みが出ており、さらに緊張を招く悪循環とも言えます。中には仰向けになるために身体を倒していくのも辛いという人もいるかもしれません。

 

ぎっくり腰などで痛みが強い場合などももちろんそうですが、筋肉の緊張が強すぎるためにうまく動けなくなるということもあり、やはり痛みと緊張の悪循環になっていってしまうということです。

起きたときに痛いのは?

どのくらい寝ていられるかということを挙げてきましたが、寝るときはそこまででも起きたときに痛いという人もいると思います。このような場合には何が考えられるのでしょうか。

寝返りの回数

同じ姿勢でいることは必ず負担が溜まって硬さや痛みを引き起こすと述べました。さらに、それは寝ていても同じということも上述しましたね。寝ている時に身体がバランスをとる動きが、寝返りです。無意識に行っていることのため自分ではわからないですが、起きたときに痛いというのはこの寝返りが少なく、同じ姿勢で寝ている負担と言えます。

 

子どもが寝ているときでもよく動くのは、積極的に身体のバランスをとっているためとも言われています。身体は自分で調節するように動いているということですね。寝返りを直接的に多くするということは難しいですが、生活習慣を見直して身体のはたらきを整えていくことで、寝返りも自然な回数になっていくことが期待できるでしょう。

精神的ストレス

寝返りが少なくなってしまうことや、筋肉の緊張を生み出してしまうこととしては、精神的なストレスも挙げられます。眠りについた姿勢からおそらくまったく、もしくはほとんど動かずに朝を迎えているという人もいるかと思います。そういった場合には腰をはじめとして身体のあちこちに痛みも出てしまいますが、ストレスが過多になっていないか、うまく発散できているかに目を向けてみましょう。

 

痛みの悪循環にはまってしまうと、ストレスを感じただけで腰痛が起こるということも言われています。組織に問題がなくても痛みが起こるということですね。

整体師
寝る姿勢ということも含めて、ストレスと腰痛との関連は深いので、痛みの悪循環にはまらないように早めに対処することが重要です。

まとめ

仰向けで寝た場合に腰痛が辛い場合と楽になる場合はどのようなことが考えられるのかということを紹介してきましたがいかがでしたか?背骨の柔軟性を保ち、身体のはたらきを整えることで腰痛に限らず他の部位の痛みなども改善につながります。寝ている間にしっかりと回復できるように、身体はじっとしているのが苦手ということを覚えておきましょう。▼

-腰痛の症状, 腰痛マットレス
-, , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.