【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の病院

腰痛治療で保険が適用される症状と診療先まとめ【整形外科はOK!】

更新日:

このページでは、腰痛の治療で保険が適用される症状と診療先についてまとめています。

 

「腰痛の治療をしたいけど今の症状で保険は適用されるのか?」「どこの診療先なら保険を適用してもらえるのか?」「実費の可能性はあるのか?」など、腰痛の治療費についてお悩みの方は是非参考にしてみてください。

腰痛治療で保険が適用される診療先とその条件

まずは腰痛と保険診療についてみていきましょう。整形外科や接骨院などでの保険診療の概要について挙げていきます。

整形外科では基本的に保険診療

整形外科では基本的にすべての症状に対して保険診療となります。後述する接骨院とは違い、急性や慢性などに関係なくドクターの診察を受けて何らかの処方がされます。薬の処方であったり、リハビリであったりということですね。

 

装具やコルセットなども保険適用が可能な場合がありますが、これらの場合はほとんどが自費となります。保険適用ができる場合でも受診時は全額支払いをし、後に手続きを行って償還されるという流れが多いでしょう。

接骨院では急性の外傷のみ

接骨院も保険適用ができるとして知られていますが、その内容についてはあまり浸透してはいないようです。近年は厳しくなってきているので徐々に広まっていますが、接骨院で保険適用ができるのは骨折や脱臼、捻挫、打撲、肉離れといった急性の外傷に限られます。

 

柔道整復やほねつぎとも言われるように、柔道など武術で負ったケガに対する施術から始まっており、これらの分野で保険請求ができることが認められているということです。接骨院や整骨院、ほねつぎという名称が使われています。

鍼灸院ではドクターの同意書が必要

鍼灸の場合はさらに限定的であり、一度ドクターの診察を受けて同意書を作成してもらうことが必要です。ドクターが鍼灸による治療が効果的と判断した場合に保険適用ができるということであり、あまり知られていないため一般的には自費診療となることが多いでしょう。

 

接骨院でも骨折・脱臼に関してはドクターの同意書が必要ですが、その他であれば柔道整復師本人が判断します。この点が鍼灸師との違いであるということです。あん摩・マッサージ・指圧師による治療も鍼灸師と同様です。

その他の施設は自費

ここまで挙げてきた施設以外での施術は、自己負担となります。整体やカイロプラクティックなどがよく知られていますが、これらの施設では保険適用はできないため高いというイメージもあるのではないでしょうか。

 

また、リラクゼーションサロンやフットケアなどでも骨盤矯正や反射区を用いた内容が取り上げられることが多いですが、これらも自費ですね。医療費控除に含まれると勘違いしている人も少なくないようですが、これらは含まれません

気付かないうちに不正に関わっているかも

 

腰痛と保険診療について、整形外科や接骨院、その他の施設などの概要を挙げてきました。次は、保険診療がされているケースでも、実は不正に関わっているかもしれないという場合を挙げていきます。

接骨院で保険適用できる症状かどうか

近年よく取り上げられるようになっているのが、接骨院での不正請求です。上述のように接骨院では保険適用が急性の外傷に限られますが、慢性の肩こりや腰痛などにも使われているということですね。

 

また、3ヶ月を越える場合には保険適用を継続するために正当な理由が必要なため、他の部位の傷病名を使って保険請求をするなどの方法がとられています。接骨院に長く通っているけどずっと保険を使った値段という人は、これらの不正に関わっている可能性が高いと言えるでしょう。

整形外科では疾患名が適切かどうか

上記のように他の部位の傷病名を使って保険請求を続けることを部位転がしと呼びますが、部位転がしは整形外科でも行われているケースがあります。整形外科の場合はリハビリテーションの計画書が作成され、サインをすることが必要なので必ず目を通すようにしましょう。

 

自身の状態やリハビリの目標などが記載されるとともに、当然ながらどのような傷病名でリハビリを行うのかということも記載されています。この計画書にも保険点数がついており、消炎処置などを除いては必ずサインが必要になるものです。

必要な薬かどうかも重要

整形外科では薬が必要以上に処方されているケースもあるようです。必要以上かどうかということは判断が難しいですが、今は情報が得やすい時代です。一般的なケースと比べて多いような場合や、疑問をもった場合にはドクターに質問してみましょう。必要ない場合は断ることもできます。

自賠責保険について

健康保険とは少し逸れますが、事故でよく耳にする自賠責保険についても近年厳しくなってきています。実際には症状が良くなっているのに通い続けたり、後遺症が残っているように書類を作成してもらうといったことがまかり通っていましたが、打ち切りや後遺症として認められないケースが増えているということです。通院日数だけを稼ぐような方法もありましたが、やはり不正は不正ですので適切に治療を受けましょう。

腰痛と医療費

最後は、腰痛と医療費についてみていきましょう。保険診療が適切に行われないと、破たんを近づけることになります。

医療費は着実に増加

高齢者の数がどんどんと増えている日本では、医療費も着実に増加しているとされています。国民皆保険であることは日本の素晴らしい特徴とされていますが、適正に使用されていない面にも注目が集まってきており、取り締まりや規制がかかっていることがニュースにもなっていますね。

 

医療費削減のために、医療費控除の制度も変わっています。自費で湿布や市販薬を購入した場合には、条件を満たせば医療費控除が受けられるようにもなっているので知っておくと良いでしょう。
腰痛の薬おすすめランキング!飲んで効くのはコレ!

国民皆保険の破たんが懸念される

医療費の増加で何が心配されるかと言うと、保険制度そのものですね。年金制度もその破綻が懸念されており、老後世代を支える現役世代の負担はよく取り上げられます。それと同様に医療費の増加も懸念されており、近い将来国民皆保険ではなくなるかもしれないという予測もあるほどです。

不正請求に加担しないように注意しよう!

誰しも安く治療は受けたいと思い、治療や施術を提供する側はやはり利益が必要になります。どちらにもおいしいということでバレなければ大丈夫という考えも起こりやすいですが、それによって制度そのものが破たんしてしまっては意味がありませんし、不正は不正です。

整体師
普段あまり医療費や保険について興味のない人でも、自身が保険診療を受けたときにはどのように使われているのかに興味をもってみてください。

まとめ

今回は腰痛と保険に関して、整形外科や接骨院などでの保険診療の概要や不正使用について、そして国が抱える医療費の問題を紹介してきましたがいかがでしたか?保険についてしっかりと知っておくことは、医療費制度そのものにも関わります。自分1人くらいたいしたことないという考えや、みんなもしていることだからという考えではなく、適切に保険が使われるようにしていきたいものですね。

-腰痛の病院
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.