【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の症状

突然の腰痛にはどのように対処したら良い?応急処置の3つのポイント

更新日:

腰痛というと多くの人が慢性的に抱えているものというイメージがありますが、中にはぎっくり腰などのように急に強い痛みに襲われて動けなくなるといったこともありますね。当たり前ですが突然襲ってきた痛みに対しては何の準備もできていないことがほとんどだと思うので、焦ったりその場で動けず何もできなくなるといった経験をしている人もいるでしょう。

 

また、慢性的に腰痛を抱えている人でも日によっては痛みが強く動きに支障が出るといったときもあるかと思います。腰痛が突然起こったり、痛みが強いときにはどのようにしたら良いのでしょうか。湿布や薬などで耐えるという人もいるかと思いますが、負担の軽減を図ることが大切です。

 

今回は突然の腰痛など痛みが強い場合にできる対処について、座り方と立ち上がり方、寝る体勢と起き上がり方、そして動き方などのポイントを紹介していきます。

まずは安静になれるところで座る

痛みは突然襲ってくるので、どのようなシチュエーションかによって対処も変わります。基本となるのは安静になれるところで安静にするということです。仕事中であれば横になるのは難しいと思うので、椅子に座るというのが現実的な選択肢ですね。

身体を起こしていられる場合はクッションを使う

椅子に座った状態で身体を起こしていられる場合には、できるだけ腰や背中が丸まらないように気を付けましょう。そうは言っても痛いという場合が多いかと思います。腰の部分にクッションや丸めたタオルなどを挟むことで負担を軽減しましょう。

 

座っている姿勢は椎間板への圧力は立っている状態のときよりも高くなります。無理して身体を起こしている必要はないので、辛い場合には次に述べる突っ伏す方法をとってみてください。

起こしていられない場合には突っ伏す体勢で

座っている状態では椎間板への圧力が高まると述べたように、やっとの思いで座ってもなかなかその状態も厳しいということも多いと思います。上記のようにクッションなどを挟んでも厳しい場合には、机があれば突っ伏す体勢になってみましょう。肘で身体を支える体勢ということですね。

 

このときに足を開き、お腹を下に突き出すようにしてください。腰や背中を丸めて突っ伏すのは避けましょう。痛みで緊張が強い場合の方が多いですが、うまく体勢を作ることができれば、余計な緊張がとれて痛みも少しマシになるかと思います。

負担の少ない立ち上がり方

一度座った状態から立ち上がる場合には、背骨をまっすぐにした状態で前傾した姿勢をとることが望ましいでしょう。身体を起こしていた場合には上半身が棒のようなイメージで、そのまま身体を前に倒します。手は膝について支えても良いでしょう。身体を倒していくとお尻が自然に浮くと思うので、浮きかけたところで脚に力を入れて立ち上がります。

 

突っ伏した状態であればもう身体は前に倒れているので、背骨を真っ直ぐにした状態にもっていき、そのまま脚に力を入れて立ちましょう。机などで支えて立ち上がれると思います。

整体師
身体を前に倒してお尻が浮いたところで力を入れるというのはリハビリでも意識のポイントとして取り入れられる立ち上がりの方法なので、是非覚えておきましょう。

横になれる場合は膝が重要

安静にするために座るということについてみてきましたが、横になれる場合には横になって安静にすると良いでしょう。この場合にポイントとなることとして、膝がよく取り上げられますね。

横向きが一番楽?

一番楽な体勢と言うと、やはり横向きが多く取り挙げられます。上述したように椎間板への負担も含め、腰が一番楽なのは重力の影響を避けられる寝る姿勢でしょう。回復体位とも言われるように側臥位、つまり横向きが一番楽という人が多いようです。寝るときは横向きが多いという人も少なくないでしょう。

 

このときのポイントとしては、膝を曲げて間にクッションなどを挟みましょう。腰部への負担が軽減され、痛みもマシになるかと思います。胸の前にもクッションを置くと楽になるので、抱き枕がある場合にはそれを使うと良いでしょう。腰や背中はあまり丸まらないように気を付けてください。

仰向けの場合は膝を立てる

横向きの方が辛いという場合や、肩などに問題がある人では仰向けを選択する場合もあるかと思います。その場合は膝を立てることで腰の負担を軽減できます。さらには、大きなクッションや布団などを積み上げて下肢をすべて持ち上げた状態に近づけられるとより負担は軽減できます。

 

あまり身体が沈みすぎると腰が丸くなる姿勢に近づくので、腰の下にタオルなどを入れましょう。沈み込みに関しては、普段の睡眠にも影響します。マットレスなどで調整すると、負担の軽減につながるでしょう。
腰痛対策に効果のあるマットレス人気ランキング

負担の少ない起き上がり方

寝た状態から起き上がる場合には、一度横向きになってから起き上がると負担が少なく起き上がることができます。ベッドの場合は足がすぐ降ろせるように端に置いておき、まず上の手でベッドを押して身体を浮かせます。そして下の腕の肘でさらに身体を起こしてくると同時に、脚を降ろすと負担が少ないでしょう。

 

布団の場合は脚を降ろせないので、横向きから次は四つ這いになります。上半身を起こす手順は同じで、腰を捻らないように四つ這いの姿勢にもっていきましょう。そして何かつかまるものがあればそれをつかんで立ち上がるか、一度正座の姿勢のように身体を起こしてから立ち上がります。

急な腰痛の応急処置と対処法

座り方や立ち上がり方、寝る姿勢や起き上がり方についてみてきましたが、最後は動き方についてもみていきましょう。応急処置と合わせて挙げていきます。

お腹に力を入れて動く

痛みで動けないときにより著明になるのは、お腹の力が抜けやすいということです。緊張して筋肉はガチガチになりやすいですが、お腹だけ抜けてしまうことがあります。上述したように立ち上がるときや起き上がるときも、お腹に力が入っているかどうかを意識しながら行いましょう。

 

また、お腹に力を入れるときに息を止めてしまう人がいますが、いきむことになり良くありません。動く前にお腹に力を入れたら、フーと吐き出しながら立ち上がったり起き上がったりすると良いでしょう。何か動作をするときも同様です。

腹圧維持で腰痛とは無縁な生活を!コルセットの利用やエクササイズの方法

腰痛に関連して腹圧が重要なはたらきをしているということを耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。実際に体幹トレー ...

続きを見る

コルセットの活用

腰痛のときにコルセットを利用している人もいるかと思いますが、コルセットが上述したお腹の力を入りやすくしてくれます。圧迫や固定によって支えてくれるだけでなく、お腹に力が入りやすくなることで負担を軽減しているということですね。ただし、あまり頼りすぎると自身の筋肉が落ちてしまいコルセットに頼った生活になってしまうので、痛みが強いときなどあくまで補助として認識しておきましょう。

腰痛コルセットの効果|使用上の注意点・正しい巻き方

膝の痛みに対してサポーターを使う人が多いように、腰痛に対してコルセットを使っているという人も多いのではないでしょうか。サ ...

続きを見る

痛みが強い場合は薬も

具体的な対処法や応急処置に関することを述べてきましたが、痛みが強い場合には薬で対処することも効果的です。睡眠が妨げられたり、仕事などに支障が出るのは避けたいですね。とりあえず薬で痛みをやわらげ、動き方などを意識して負担を減らしましょう。

 

痛みが続く場合や、負荷がかかることが見込まれて薬を飲み続けるような場合には早めに受診するようにしてください。薬は適切に使用することが重要です。
腰痛の薬おすすめランキング!飲んで効くのはコレ!

まとめ

今回は突然の腰痛など痛みが強い場合にできる対処について、座り方と立ち上がり方、寝る体勢と起き上がり方、そして動き方などのポイントを紹介してきましたがいかがでしたか?突然の痛みに襲われたときのために、基本を押さえておくと慌てずに済むでしょう。もちろん、そうなる前に適切なケアをしていきたいものですね。

腰痛予防で知っておきたいことは5つ!それを踏まえて運動もしていこう

腰痛を抱えている人の数はとても多く、経験した人も含めるとほとんどの人に当てはまると言ってもよいくらいありふれた症状だと言 ...

続きを見る

-腰痛の症状
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.