【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の病院

腰痛は整骨院と整形外科どっちがおすすめ?いろんな角度で違いを徹底比較

更新日:

腰痛の治療をするときに、整形外科と整骨院のどっちに行けば良いのかで悩む人もいると思います。

治療内容や費用、治療できること、できないことや保険適用についても多くの違いがあります。

それぞれが行うことが出来る治療内容を比較して、どちらに行ったら良いかを決めましょう。

腰痛の治療が出来る医療機関

腰痛の治療を行うことが出来る医療機関は病院だけではありません。

整骨院・接骨院も選択肢として考えている人が多いようです。

それぞれどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

整形外科

腰痛の治療を行う際に行く病院は「整形外科」です。

整形外科は筋肉、腱、関節、骨などの怪我や疾患の検査、診断、治療を行います。

これらの疾患による付随する神経症状(椎間板ヘルニアによる手足のしびれなど)の治療も行います。

スポーツ専門医が在籍している整形外科もある

病院によってはスポーツ専門医が在籍していることがあります。

スポーツ専門医は日本医師会の認定スポーツ医、日本体育協会公認のスポーツドクター、日本整形外科学会の認定スポーツ医の3つの資格があります。

整体師
特に日本体育協会公認スポーツドクターと日本整形外科学会認定スポーツ医については取得するのが難しいため、非常に信頼できる資格だといえるでしょう。

外科や形成外科との違いは

整形外科と似た名前で「外科」「形成外科」があります。

外科は手術などによって主に内臓系の疾患を治療する機関、形成外科は傷跡やあざと言った皮膚表面など外見上の問題を改善するための機関です。

切り傷などの治療は外科で行えますが、傷跡が残ってしまったときの治療は形成外科で行います。

切り傷やすり傷と言った怪我は整形外科では治療を行いません。間違えないように気をつけましょう。

☞ 腰痛の際に病院に行くポイントや注意点はこちら

整骨院・接骨院

「整骨院」「接骨院」も医療機関の一つです。

「整骨院」という名称は法的には正しい名称ではなく、「接骨院」というのが正式です。

整骨院の中には、接骨院ではなく整体として営業しているところもありますが、整体は医療機関ではなく、健康保険も適用されません。

柔道整復師が治療を行う

接骨院では「柔道整復師」という国家資格を持っている人が治療に当たります

柔道整復師になるには3年以上決められた学校や施設に通い、年1回の国家試験に合格する必要があります。

整形外科で出来る治療

整形外科ではどのような治療が出来るのでしょうか?

整形外科ではどのような治療を行うか

整形外科では患者に痛みの程度や原因と考えられる行動、いつから痛むかなどの問診を行い、その後触診や視診、症状によっては神経検査や血液検査なども行います。

そして、レントゲンやMRIなどの画像検査などをも行います。

それらの検査結果を元に症状の診断を行い、治療方法を決定していきます。

診察・検査・診断を行うのは病院のみ

問診は接骨院・整骨院でも行いますが、検査を行って症状の診断をするのは病院でしかできません

ですから、腰痛が発症した場合はまず整形外科を受診して原因の特定や治療の方針を決めるようにしましょう。

基本的には保存療法を行う

腰痛の85%は原因の分からない「非特異的腰痛」と呼ばれるものです。

内臓系の疾患や腫瘍、椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症などの神経症状のように原因を特定できる「特異的腰痛」の場合にはそれに応じた治療法を取ります。

非特異的腰痛の場合には湿布薬や消炎鎮痛剤などを処方した上で4週間から6週間の保存療法を行います。

基本的には、腰に負担の掛からない生活をするようにして様子を見るということになります。

温熱療法や電気療法なども行う

病院や症状によって、赤外線やホットパックなどを利用した温熱療法や、低周波治療器などによる電気療法などを行う場合もあります。

神経ブロック注射

痛みを早急に取るために神経ブロックと呼ばれるポイントに麻酔薬を打つ「神経ブロック注射」を行う場合があります。

神経ブロック注射はただの痛み止めの注射というだけではなく、痛みをカットすることで、筋肉の緊張を取り、血流を改善することで治癒能力を上げることが目的です。

痛みのために動かすことができなかった部位が動くようになります。

1週間から2週間程度の間隔で複数回行うことが多く、5回以上に渡る場合には別の治療に切り替えることもあります。

手術

椎間板ヘルニアなどの場合には外科手術を選択する場合もあります。

保存療法や神経ブロック注射でも効果が上がらない場合や早急に治したいという場合に行われます。

通常の切開による摘出術の他、内視鏡を使用した手術やレーザー治療などが行われます。

薬を処方できるのも病院のみ

腰痛の治療では湿布薬や塗り薬などの外用薬や、消炎鎮痛剤などの内服薬が処方されることがあります。

薬を処方することが出来るのは病院のみです。

接骨院・整骨院を始め、その他の機関では薬は自己負担となり、市販品を購入することになります。

市販の腰痛に効く薬はこちらがおすすめです。

☞ 腰痛に効く薬ランキング

整骨院で出来る治療

整骨院・接骨院ではどのような治療を行うことが出来るのかを見ていきましょう。

保存療法が中心

整骨院・接骨院では注射や手術と言った治療を行うことができません。

そのため、基本的には保存療法になります。温熱療法や牽引などが行われる事が多いようです。

保険適用には範囲がある

整骨院・接骨院では健康保険が適用されます。ですが保険の適用範囲には制限があります。

整骨院・接骨院で保険が適用されるのは「原因を特定することが出来る急性および亜急性の怪我」のみとなります。

慢性的な怪我の場合には保険適用外となり自費診療になります。

医師の同意書が必要な場合

骨折や脱臼の場合には医師の同意書が必要になる場合があります。

その場合、まずは整形外科で検査をした上で同意書を書いてもらいましょう。

費用が安い場合がある

ぎっくり腰などの急性腰痛の場合、接骨院での初検料は700円程度、2回目以降は300円程度となります。

整形外科の場合はぎっくり腰で初診料と治療費だけで3,000円程度、さらにレントゲンなどの検査費用や薬代などを含めると5,000円未満になります。

慢性腰痛では接骨院は自費診療になるため、整形外科の方が安くなります。

整形外科は温熱療法などの費用と薬代を合わせても1,000円前後になり、接骨院では5,000円程度になります。

腰痛対策には腰によいマットレスを選ぶことも大切です。

☞ 腰痛に効くマットレスランキング!

整形外科と整骨院ではどちらを選ぶべき?

整形外科と接骨院・整骨院ではどちらを選べばよいのでしょうか。

選ぶ際の基準やポイントをまとめてみましょう。

まずは整形外科へ行こう

腰痛になった場合、まずは整形外科に行きましょう

整形外科ではさまざまな検査をしてくれるため、腰痛の原因を特定できる場合があります。

椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症、変形性脊椎症、腰椎すべり症や、内臓系の疾患、腫瘍等の場合には適切な治療を受ける必要があります。

特に腰痛の原因が内臓系及び腫瘍だった場合には他の科の病院にかかる必要が出てきますし、手術が必要な場合には病院でなければ行うことができません。

腰痛時に病院に行くのは意味ない?放置すると危険な場合の症状まとめ

「たかが腰痛だから」と言って病院に行かないという人もいます。ですが、病院に行っておかないと重篤な症状になってしまう場合や ...

続きを見る

症状によっては整骨院の方が安くなる

単純に治療費という面だけ見れば、整骨院・接骨院の方が安く収まる場合があります。

ただし前述の通り、保険が適用されるのは急性・亜急性の場合のみとなりますので注意が必要です。

また、整形外科で処方される薬は薬局やドラッグストアで販売されている市販薬よりも効果が強く、安価で購入できるというメリットもありますので、治療費と薬をトータルで考える必要があります。

腰痛の治療費用まとめ【医療機関別の具体的な金額を公開】

腰痛の治療をする際に気になるのが治療費がどれくらいかかるか?ということです。腰痛は完治するまでに長い時間がかかってしまう ...

続きを見る

整骨院を選ぶ場合には注意が必要

整骨院を選ぶ場合には注意が必要です。

柔道整復師が運営している接骨院が「整骨院」と名乗っている場合もありますが、整体が「整骨院」という名称で営業している可能性もあるからです。

整体は医療機関ではなく、国家資格も必要が無いので、健康保険も適用されないばかりか、うまく選ばなければ施術者の技術もまちまちです。

整体師
事前に整骨院のウェブサイトを見て保険適用かどうか、柔道整復師が施術にあたるかどうかという2点どちらかを確認しておきましょう。保険が適用されれば接骨院です。また、口コミサイトなどで口コミが書かれている場合もありますので、参考にしてみましょう。

腰痛に効くサプリをお探しでしたら、今売れてる腰痛に効くサプリランキングも参考にしてみてください。

☞ 腰痛に効くサプリランキング!

腰痛の際に整骨院と整形外科のどっちを選ぶかはさまざまなメリット・デメリットを比較して

腰痛になった場合にはまず整形外科を受診しましょう。

その上で整骨院と整形外科のどちらで治療を行うかを決めましょう。

それぞれにメリットがあるため、しっかりと比較した上で決めましょう。

ただし整形外科で治療をしつつ、整骨院でも治療を平行して行うという場合には保険適用外になってしまうため、注意しましょう。

-腰痛の病院
-, , , , , , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.