【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の治し方

整骨院?接骨院?整体?それぞれの違いは?腰痛を治すならここに行け

更新日:

腰痛になったとき、「整骨院」「接骨院」「整体」「整形外科」など、さまざまな医療機関があるため、どこに行けばいいのか迷ってしまうことがあるかもしれません。それぞれの違いや、どこに行けばいいのかということなど、しっかり疑問を解決しましょう。

整骨院とは?

腰痛など関節を痛めたことがある人は、「整骨院」という言葉を聞いたことがあると思います。整骨院とはどのような医療機関なのでしょうか?

「整骨院」という名前は正式ではない

実は「整骨院」という名前は一般的に使われているものの、正式な名前ではありません。本来は「接骨院」というのが正しい名称です。どこかで「整体」と混ざってしまい、それが使われるように成ってしまったのでしょう。また、整体として営業しているところが「整骨院」という名称を使っている場合もあります。

実は「整骨院」という名称を使うのは違法である

接骨院について定めている「柔道整復師法」によると、「整骨院」という名前は厳密には違法になります。ですが「整骨院」という名前を使っているところが多く、一般的に広く認知されているという理由で認められているということです。

接骨院と整体の違いは

それでは、接骨院と整体にはどのような違いがあるのでしょうか。接骨院は「柔道整復師」という国家資格が必要です。「接骨院」「ほねつぎ」「柔道整復」といった名称がありますが、全て同じ柔道整復師が治療に当たります。整体には資格は必要ありません。また、接骨院は広義では医療機関ですが、整体は民間療法あるいはマッサージに類するものです。そのため、接骨院は健康保険が適用されますが、整体は健康保険の適用外です。

その「整骨院」は接骨院か整体か

接骨院が「整骨院」と名乗っている場合と整体が「整骨院」と名乗っている場合では、医療機関か否かということで、意味合いが大きく違います。国家資格の有無や健康保険が適用されるかなど、事前に確認しておくと良いでしょう。最近ではウェブサイトを持っている整骨院も多いため、料金表や院長の経歴などを確認すれば簡単にわかることが多いです。わからない場合には直接電話で問い合わせてみましょう。

接骨院で行う治療とは

接骨院ではどのような治療を行うのでしょうか。医療機関ですが、病院との違いはどこにあるのでしょうか。

接骨院ではこんなことを行う

接骨院で行うことは「施術」のみです。病院のように「診断」や「検査」と言ったことは行いません。薬の処方やレントゲン、手術を行うことができません。急性腰痛(発症から4週間以内)や亜急性腰痛(発症から4週間から3ヶ月以内)について、特に原因が明らかな場合(打撲、捻挫、骨折、脱臼)の施術を行います。

接骨院の治療費は

接骨院では保険適用の場合には初診料が700円〜1,000円程度、再診料が300円〜600円程度となります。手軽に通いたい場合には接骨院を選択肢に加えるのも良いでしょう。

保険適用である

接骨院は健康保険が適用されます。ただし適用範囲が限定されており、外傷など原因のはっきりしている急性腰痛や亜急性腰痛のみです。慢性腰痛や、ヘルニアのような病気による腰痛は施術は行うものの保険適用外になってしまいます。

整体で行う治療とは

整体ではどのような治療を行うのでしょうか。

整体ではこんなことを行う

整体は関節の歪みやズレを整える骨格矯正や、筋肉をほぐして血行を促進したり、疲労を回復したりと言ったことを行います。国家資格が無いため、店舗ごとに技術のレベルや方法に差があるのが現状です。専門学校もありますが、学校によって授業内容やレベルがまちまちなので、あくまでマッサージの延長というところもあるようです。

「ボキボキッ」と鳴らすだけではない

整体と聞くと、関節を勢い良くひねって「ボキボキッ」と鳴らす手技をイメージする人も多いと思いますが、マッサージのように筋肉をほぐすこともしますし、一般的な関節を鳴らしたりひねったりと言ったことを一切行わないという整体院もあります。これは整体院ごとにルーツとしている手技に違いがあることにも由来しています。中国の伝統医学を元にしているところもあれば、日本の柔術やカイロプラクティックなどを元にしているところもあるためです。施術方法や理論が統一されていないというのも整体の特徴です。

保険適用外である

整体は医療機関ではないため、保険適用外です。認定資格はありますが、学校や団体などによる資格であり、法的・公的に認められたものではありません。そのため、治療行為は行うことが出来ず、あくまで「医療類似行為」となります。健康保険が適用されないため、1回の施術に5,000円前後かかるというところが多いです。

口コミなどをしっかり見て選ぼう

整体師
整体は根強い人気があり、骨格の歪みを矯正したあとは腰痛や肩こりを感じにくくなるということも多いです。ですが、無資格でも開業・営業出来てしまうということもあり、その施術のレベルはさまざまです。ネットでの口コミや人気度などをしっかりと確認して整体院を選ぶと良いでしょう。

まずは整形外科を受診しよう

腰痛を発症した際には、まず整形外科を受診すると良いでしょう。特に原因がはっきりしていない場合には病院に行くようにすると良いです。

「診断」は整形外科でしか行われない

レントゲンやMRIなどによる検査や、検査結果や触診、問診などを元にした診断は、医療機関の中でも病院でしか行うことが出来ません。腰痛の場合には診断を行うのは主に整形外科ですが、厚生労働省の策定した「腰痛診断ガイドライン」を元に、神経症状があるか、既往症の有無は、内臓系の疾患は無いかどうかなどを検査し、症状を診断していきます。

重篤な症状が隠れている場合も

検査を行った結果、椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症、腰椎骨折や腰椎分離すべり症などの症状が分かる場合もありますし、場合によっては脊椎腫瘍などが発見される場合もあります。これらの症状は整体はもちろん、接骨院で診断することは不可能です。

整体師
特に半身にしびれがある場合や、1ヶ月以上に渡って痛み止めを飲んでいる場合、またどのような態勢になっても痛みが取れない場合などは危険信号です。

どのような治療を望むのか?

多くの場合、整形外科でも保存療法を行います。湿布や飲み薬などが処方されて経過観察ということもあれば、赤外線や電気などを利用した温熱療法を行う場合もあります。湿布などの外用薬や内服薬が処方されるという点は接骨院には無い整形外科の利点の一つです。また、整形外科では神経ブロック注射や手術と言った方法も選択できるため、これらの治療法を考えている人は整形外科以外はありえないでしょう。

→ 腰痛の際に病院に行くポイントや注意点はこちら ←

腰痛の治療費用まとめ【医療機関別の具体的な金額を公開】

腰痛の治療をする際に気になるのが治療費がどれくらいかかるか?ということです。腰痛は完治するまでに長い時間がかかってしまう ...

続きを見る

腰痛治療で「整骨院」を選ぶ際は情報をしっかり集めることが大切!

「整骨院」は「整体」なのか「接骨院」なのか、一見するとどちらなのかよくわからない場合があります。「保険適用」か否か、あるいは「柔道整復師」の資格を持っているかどうかという点で判断が出来ますので、ウェブサイトや病院の看板などで確認してみると良いでしょう。わからない場合には直接電話などで問い合わせをするようにしましょう。また、痛みの状態やしびれなどによっては整形外科でしっかりと検査をしなければいけない場合もあります。自分の症状と相談した上で整形外科に行くのか、接骨院で治療をするのか、それとも整体に行くのかというのを判断しましょう。どこに行けばよいかわからない場合は、まずは整形外科で診察してもらうようにするとよいでしょう。

-腰痛の治し方
-, , , , , , , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.