【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の治し方

【あなたは知ってる?】腰痛の治し方のポイントと3つの手順で根本改善

更新日:

腰痛を抱えている人や、慢性的な痛みに悩まされているという人の中では、治し方や症状軽減の方法についてあれこれ試しているという人も多いでしょう。病院でもらった薬が効かなかったり、リハビリや接骨院などでの施術であまり変わらない場合にはメディアでよく紹介されている方法を取り入れたり、器具やグッズを購入する人もいると思います。

 

どのような方法をとるにしても、腰痛が改善するには基本となるポイントや手順が存在します。治ったという人は、意識しているにせよしていないにせよこれらを押さえているということです。特に根本改善ができたという人であれば、必ずと言っても良いでしょう。今回はそんな腰痛の治し方について、ポイントとなることや3つの手順を紹介していきます。

自身の腰痛を詳しくみよう

まずは、自身の腰痛を詳しくみていきましょう。ただ漠然と腰が痛いという認識では、良くなる可能性が低いということだけでなく、長引かせてしまう可能性も高いと言えます。セルフチェックのポイントを挙げるので、詳しくみていきましょう。

全か無かに陥らないこと

ただ漠然と腰が痛いという認識は良くないと述べましたが、慢性化している多くの人が陥っているのが全か無かの状態になっているということです。つまり100か0かということですね。痛みが続くとそれに捉われるようになり、一日のうちで痛くない時間の方が長い場合でも一日中痛かったという認識になってしまっています。

 

また、少しずつ良くなっているような場合でも痛みがあるかないかという点に捉われすぎて、いつまでも痛いという認識になってしまうということです。このような誤った認識が余計に痛みを助長し、長引かせる原因となってしまいます。

整体師
実際に臨床現場では、これらを訴える患者さんが多くいます。よくよく聞いていくと痛みが出ているのは限られた時間であったり、改善しているにも関わらず変化に気付いていないというケースです。みなさんも改めて自身の症状の認識を確認してみてください。

痛い動作をはっきりさせる

ではセルフチェックの項目をみていきましょう。まずは、痛みなどの症状が出る動作や姿勢をはっきりさせることです。どのような動作をすると痛いのか、どのような姿勢をすると痛いのかということですね。

 

この点についても認識が誤っている人もが多く、特定の動作のみが症状を起こすにも関わらずすべての動作が痛みにつながると勘違いしている人もいます。余計な緊張が悪循環を招いてしまうので、症状を正確に把握しましょう。

楽になる動作や姿勢を探す

痛みがどのような動作や姿勢で出るのかがはっきりしたら、次はその症状が楽になる動作や姿勢がないかを探していきましょう。動作の場合は身体の使い方を変えるということですね。普段の動作は何気なくやっていることも多いですが、どのように力を入れたり身体を動かしていたのか、どのようにしていくと良いのかなど考える機会になります。

 

姿勢の場合の方が探しやすいかもしれません。体勢を変えてみて、症状が軽減するかどうかをみるということですね。ただし背中や腰が極端に丸まっているなど理想とされる姿勢から遠い場合には新たな問題となる場合もあるので、長期間行うのは注意しましょう。

悪化する動作や姿勢を探す

楽になる動作と一緒に、悪化してしまう動作や姿勢も探しましょう。わざわざ痛みを強くすることは嫌だという人も多いかもしれませんが、悪化する動作や姿勢を避けるだけでも改善につながっていきます。それを知るということはとても重要ということですね。

整体師
また、ここまで挙げてきたポイントをしっかり把握して整形外科や接骨院などに行くと、より問題解決がしやすくなります。ドクターやセラピストはこれらの情報を集めるために様々な検査や問診を行いますが、患者さん側からこれらの情報が得られるとより原因に近づきやすくなるので有益です。

自身の動きチェックしよう

動作や姿勢について把握したら、次は普段の自身の動きをもう少し詳しくみていきましょう。楽になる動作や姿勢が見つかっても、それが身体にとって理想的でない場合には一時のことで終わってしまいます。新しい動作や姿勢によって新しい症状が出てくるということですね。動きのチェックポイントを挙げていくので参考にしてみてください。

姿勢が崩れていませんか?

まずは、背骨や骨盤の位置です。先に少し触れたように、症状が楽になる姿勢を探していった場合に、背中や腰が極端に丸くなっている姿勢が楽という場合もあります。しかし、この状態が続いたり、この姿勢で動作をすれば身体への負担はやはり大きいでしょう。

 

いずれ新たな問題が起こってしまいます。腰椎は前に自然にカーブしており、骨盤の動きにも連動します。骨盤が後ろに倒れる後傾の位置にあると腰椎のカーブも少なくなってしまうので、背骨や骨盤の位置をチェックしてみましょう。

お腹に力は入っていますか?

背骨や骨盤の位置をチェックしたら、次はお腹に力が入っているかもチェックしてみましょう。お腹にしっかり力が入っていることで、体幹周りが強化されスムーズに動けたり負担を受け止めることができます。

 

お腹と言っても一般的にイメージされる腹直筋ではなく深層の部分なので、下っ腹をイメージすると良いでしょう。お尻が締まるイメージという方がわかりやすい人もいます。息を止めることではないので注意してください。

わからない場合は専門家に

ここで挙げたチェックポイントは自身ではなかなかわかりづらい部分もあります。背骨や骨盤の位置が問題になっていないか、腹圧がしっかりと維持できているかどうかなどは、専門家にみてもらうとわかりやすいでしょう。整形外科でのリハビリや、接骨院などでの施術、ジムのトレーナーなどこれらのポイントがわかる人にみてもらいましょう。

腰痛の治し方のポイント

では次は、腰痛の治し方のポイントについて、3つの手順をみていきましょう。冒頭でも述べたように、症状改善では必ず通る道と言っても良いと思います。これらのポイントや手順を意識して、症状改善につなげていきましょう。

負担をそれ以上かけないもしくは減らす

症状改善で一番のポイントになるのは、負担をそれ以上かけないもしくは減らすということです。継続して患部に負担がかかっていれば、良くなることが望めないのは当たり前のことですね。負担がかかり続けていれば変わらないだけでなく、悪化してしまう場合もあります。

回復を促す

負担を減らすことで期待できるのは、身体の回復です。多くの治療が身体の自然治癒力を引き出すことがメインとなります。これは、風邪の治療でも同様です。負担を減らして組織の修復など回復を促すことが重要なポイントということですね。

 

回復を促すという点では、睡眠や栄養も重要です。食事の見直しやサプリメントなども活用していきましょう。
腰痛に効くサプリならコレ!本当に効果のあるオススメ商品5選!
 

また、マットレスなどを使って睡眠の質を上げることも効果的です。
腰痛対策に効果のあるマットレス人気ランキング

強くしていく

3つ目は予防にもつながっていくことですが、回復が進んで症状が落ち着いてきたら負担に耐えられる身体づくりや負担のかかりにくい身体づくりをしていくことも大切です。ここまでできると根本改善ができたと言って良いでしょう。予防という点については、下記も参考にしてみてください。

腰痛予防で知っておきたいことは5つ!それを踏まえて運動もしていこう

腰痛を抱えている人の数はとても多く、経験した人も含めるとほとんどの人に当てはまると言ってもよいくらいありふれた症状だと言 ...

続きを見る

まとめ

腰痛の治し方について、ポイントとなることや3つの手順を紹介してきましたがいかがでしたか?効果的なエクササイズや健康法など、方法論だけでなく、これらの基礎も覚えておきましょう。基礎の上に方法論も成り立ち、症状の改善が期待できます。

よく読まれてる記事

腰痛対策

【腰痛対策グッズ】クッション・椅子・ベルト・布団(マットレス)効果まとめ

腰痛対策の方法をいろんな角度からご紹介いたします。腰痛クッション、椅子、ベルト、布団、マットレスなどの商品紹介と効果などわかりやすくご説明しています

腰痛マットレス

腰痛マットレスおすすめランキング!効果が高いのはコレ!

寝ているときに腰痛対策のできる腰痛マットレスをご紹介いたします。腰痛に効果のある腰痛マットレスはどんなもの?高反発?低反発?効果の高い腰痛マットレスをランキング形式でご紹介いたします。

-腰痛の治し方
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2017 All Rights Reserved.