【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の薬

牛車腎気丸が効かない腰痛も!?詳しい効果・特徴と飲むときの注意点

更新日:

若い時は問題無かった、重いものを持ったり腰を曲げるといった動作が、年齢を重ねるごとに辛くなったり、腰痛で悩むようになったりしていませんか?加齢と共に腰のバランスをとる筋肉が弱くなったり、身体の疲労が蓄積してすると、腰痛が起こりやすくなるのです。牛車腎気丸は、老化に伴う慢性的な腰痛に良く効く漢方薬です。牛車腎気丸の特徴や、安全に飲むためのポイントについても理解しておきましょう。

牛車腎気丸はこんな薬

牛車腎気丸とは、一体どのような漢方なのでしょうか?漢方の特徴や、牛車腎気丸がオススメな人について詳しく見ていきましょう。

牛車腎気丸の特徴

牛車腎気丸は、八味地黄丸という漢方に身体を温める生薬や、身体に溜まった余分な水分を取り除く作用のある生薬を加えたものです。筋肉に栄養を与え、血の巡りを改善し、身体の水分量を整えることで慢性的な痛みを取り除きます。

整体師
腰痛以外にも、高齢者に良く見られる排尿障害や頻尿、足のしびれや痛み、むくみなどに効果がある漢方です。

牛車腎気丸がオススメなのはこんな人

牛車腎気丸が合う人は、高齢者で手足の冷えがあり、疲れやすく体力が無い人です。下半身のむくみが気になったり、しびれなどがある人にも合っています。牛車腎気丸が効く腰痛は、このような人が抱える慢性的な症状で、身体を安静にしていると改善するタイプの腰痛です。

牛車腎気丸が腰痛に効く理由

腰痛は、東洋医学の観点では「腎虚」といって、身体のエネルギーである「気」を蓄える「腎」、つまり腎臓の機能が加齢により低下していることが原因と考えられています。また、身体を流れる「血」や「水」の流れが悪くなって滞っていることも、腰痛の痛みや冷えが悪化する原因としています。歳をとると、時間が経っても「気」や「血」「水」の流れがなかなか良くならないので、腰痛の痛みが慢性化し、症状が改善しにくい状態になってしまうのです。牛車腎気丸は、これらの腰痛の原因となる「腎」「血」「水」の状態を良くすることで腰痛の症状を改善してくれるのです。

牛車腎気丸に配合されている生薬の特徴は?

牛車腎気丸には、10種類もの生薬が配合されています。それぞれの生薬には、一体どのような効果があるのでしょうか。

地黄(ジオウ)

ゴマノハグサ科ジオウ属植物の根茎を、生または乾燥させて使用します。全身に栄養を与える血を補ったり、血中の熱を除去することで、腰痛や全身倦怠感、排尿困難症、不整脈などに効果を発揮します。

牛膝(ゴシツ)

ヒユ科ヒナタイノコズチの根を使用したもので、膝や腰の痛みなどの関節痛や神経痛に効果があります。活血作用もあり、生理不順などの婦人科疾患や血尿にも使われます。

山茱萸(サンシュユ)

ミズキ科サンシュユの果実で、種子を除いて乾燥させたものを使います。滋養強壮、利尿、鎮静作用、収れん作用を持ち、腰痛や、下肢痛、排尿困難や頻尿、全身倦怠感などに効果があります。老人のかすみ目にも使用されます。

山薬(サンヤク)

ヤマノイモ科ヤマノイモの皮を取り除いて乾燥させたもので、滋養強壮や鎮咳作用があり、老人性の腰痛や疲労、慢性胃炎、食欲不振などに効果があります。

車前子(シャゼンシ)

オオバコ科オオバコの種子で、利尿作用や去痰作用があります。水の流れを改善し、体内の余分な水を取り除く利水効果があり、排尿困難や排尿障害、嘔吐、下痢などの症状に用いられます。

沢瀉(タクシャ)

オモダカ科サジオモダカの根茎を乾燥したもので、体内の水分バランスを整え、余分な水を排出させる効果があります。手足の冷え性や、むくみに効果的な生薬です。

茯苓(ブクリョウ)

サルノコシカケ科マツホド菌の菌核を乾燥させたもので、高い利尿効果を持つ生薬です。落ちてしまった体力を増強させ、食欲不振や消化不良、不眠などにも効果があります。また、薬が体内を巡るのを助ける効果もあります。

牡丹皮(ボタンピ)

ボタン科ボタンの根の皮を乾燥させたもので、鎮痛効果や、抗炎症作用、止血作用があります。下半身の発熱を伴う痛みなど、熱を冷まして痛みを取り除く効果があります。

桂皮(ケイヒ)

クスノキ科トンキンニッケイの樹皮を乾燥させたもので、シナモンとしても生活に馴染みのある生薬です。鎮痛効果や解熱効果、収れん効果などがあり、体内で停滞しているものを動かすことで体調を整える作用があります。胃炎にも効果がある生薬です。

附子(ブシ)

キンポウゲ科シナトリカブトの根を乾燥させたもので、身体を温めて、代謝を活発にする効果があります。鎮痛や鎮静効果もあり、関節痛や神経痛、腹痛に効果があります。利尿、強心効果もあります。

腰痛改善にはサプリメントも有効です。腰痛に効くサプリをお探しでしたら、今売れてる腰痛に効くサプリランキングも参考にしてみてください。

牛車腎気丸を飲む時に気をつけること

牛車腎気丸を安全に飲む為には、どのようなことに注意すれば良いでしょうか?

副作用に注意

牛車腎気丸の副作用で、肝機能障害や間質性肺炎が起こる可能性があります。牛車腎気丸を内服してから発熱したり、呼吸が苦しくなったり、だるさや黄疸などの症状が現れた場合は、すぐに内服を中止して医師の診察を受けましょう。

他の薬との飲み合わせ

他の漢方薬との併用により、配合している生薬が重複して副作用が出やすくなることがあります。特に、附子を配合している漢方との併用には注意が必要です。他の漢方薬との飲み合わせが気になる時は、医師または薬剤師に相談するようにしましょう。

牛車腎気丸が合わない人

牛車腎気丸が合う人は、高齢者で疲れやすく、手足が冷える人です。体力がある人や暑がりの人が牛車腎気丸を服用すると、吐き気や動悸、のぼせなどの副作用が現れやすくなってしまいますし、期待している効果が得られにくくなってしまいます。また、胃腸が著しく弱っている人は、食欲が落ちたり、胃の不快感、下痢、便秘などの症状が出たりする可能性がありますので注意しましょう。元々食欲が無い人、吐き気や嘔吐症状がある人は、牛車腎気丸の服用で症状が悪化する可能性があります。

 

こちらもおすすめ→ 腰痛に効く薬のランキングページ

日常生活で腰痛予防するためには?

漢方を飲むだけではなく、普段から腰痛予防を心がけながら生活してみましょう。

正しい姿勢で生活する

歩く時や座る時に、背骨が曲がって猫背になっていませんか?猫背のように姿勢が悪いまま生活していると、上半身の体重を腰で支えきれなくなり、腰痛症状が出やすくなってしまいます。普段から、正しい姿勢を意識しながら過ごすことで、悪い姿勢のクセを直していきましょう。

適度に身体を動かす

適度に身体を動かすことで、全身の血液の流れが良くなります。血流が良くなると、筋肉に栄養が届きやすくなるだけではなく、筋肉内で発生した疲労物質を取り除きやすくなり、筋肉が原因で起こる腰痛を予防することができます。また、身体を動かすことで腰回りの筋肉を鍛えることができるので、体重をしっかりと支えて、腰への負担を軽くすることができます。

カロリーコントロールで適正体重に

歳をとると、若い時と違って代謝が悪くなり、運動量も減って体重が増えやすくなります。体重が増えると、膝だけではなく腰にも負担がかかるようになり、腰痛が起きやすい状態になってしまうのです。普段の食生活を見直し、適正なカロリーを摂取するように心がけましょう。また、満腹になるまで食べるのではなく、腹八分目で食事を終えるようにすると良いでしょう。

整体師
他にもビタミンやミネラル、タンパク質など栄養バランスをしっかり考えた食事をすることも大切です。また、腰痛の原因が神経や内臓、腫瘍などの疾患であるということも考えられますので、長く続く腰痛は一度検査してみると良いでしょう。

腰痛対策には腰によいマットレスを選ぶことも大切です。人気のマットレスランキングや選び方などはこちらをご覧ください。

→ 人気のマットレスランキングはこちら ←

正しい椅子の座り方で腰痛改善【効果倍増】座ったままでできるエクササイズ

座っていると腰が痛くなってくるという人や、腰痛で椅子に座るのが億劫になっているという人は少なくないのではないでしょうか。 ...

続きを見る

牛車腎気丸で腰痛の出にくい体にしていこう

長年、腰に負担をかけながら生活していると、歳と共に筋肉の弱って腰痛が起こりやすくなります。牛車腎気丸は、そのような加齢に伴う慢性的な腰痛にぴったりの漢方です。配合されている生薬が身体を温めて血の流れを良くし、衰えた腎臓の機能を高めてくれます。牛車腎気丸を飲みながら、普段の生活を見直し、腰痛になりにくい日々を過ごしましょう。

-腰痛の薬
-, , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.