【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の原因

産後の腰痛の原因は子宮のことも?下腹部痛との関連と考えられるケース

更新日:

妊娠中や出産後に腰が痛くなるというのはよく知られており、出産経験のある人では腰痛に悩まされた人も少なくないのではないでしょうか。骨盤が影響したり、胎児の重さや赤ちゃんを抱くなどの負担が影響していることがよく取り上げられていますね。それとは別に、下腹部痛を伴って腰が痛いということもあるようです。

 

この下腹部痛に関連しているものとしてはやはり、生殖器である子宮や卵巣が挙げられるとされています。妊娠から出産までに身体は徐々に変化していきますが、出産してしまえば一気に元通りというわけではありません。その意味では影響があっても当然ということですね。今回は産後の腰痛の原因として、下腹部痛に関連する子宮や生殖器などの症状や、その他の産後の腰痛の原因を紹介していきます。

産後の腰痛と子宮との関連

まずは、産後の腰痛と子宮との関連についてみてきましょう。子宮が原因となって、下腹部痛や腰痛が起こるケースということです。

後陣痛

産後の下腹部痛や腰痛の原因として挙げられるのが、後陣痛というものです。陣痛が出産時に痛みを起こすことはよく知られていますね。赤ちゃんを外に出すために子宮が収縮するはたらきでもあります。

 

妊娠して胎児が発育していくことで、子宮は大きくなっています。その大きくなった子宮は出産後にもとに戻ろうと収縮していくのです。この収縮に伴う痛みが後陣痛と言われているということです。およそ1~2ヶ月ほどかけて子宮はもとのサイズに戻っていくとされています。

後陣痛に伴って腰痛が起こることも

この後陣痛に伴って、腰痛が起こるということですね。下腹部痛と腰痛が一緒に起こるケースもあれば、下腹部痛を感じて腰が丸まる姿勢になることで緊張を強いられて起こるケースもあります。後者は姿勢の負担による痛みということですね。

 

お腹の痛みに対して私たちは身体を丸めることで症状を和らげようとします。そのとき痛みで身体は緊張しており、それが強かったり長く続くことで腰に負担がかかって痛みが出てしまうということですね。

必ず起こるわけではない

この後陣痛に伴う腰痛は必ず起こるわけではありません。後陣痛の痛み自体に個人差があり、ひどい生理痛のように感じる人から軽くチクチクする程度という人までいるようです。収縮の程度によって左右されるとも言われています。

 

経産婦では子宮が伸びやすいとも言われており、出産後の収縮スピードが早いとその分急激な変化となって痛みが強くなりやすいようです。子宮自体は1~2ヶ月かけて戻っていきますが、痛みのピークは初日ということが多く、退院する頃には落ち着いていることが多いとされています。

子宮復古不全に注意

子宮の収縮には、出産後に胎盤が剥がれた後の出血を止めるという役割りもあるとされています。胎盤が剥がれた後はつながっていた血管がむき出しになっているとされており、収縮に伴って傷口が治るように戻っていくということですね。

 

収縮は正常な反応でもあるということですが、収縮が起こらないことで止血ができずに出血が続くことがあるようです。これを子宮復古不全といい、出産後4日ほどしても出血量が減らない場合にはドクターに相談しましょう。大量出血につながると母体が危険にさらされます。

産後の腰痛と排卵痛

産後の腰痛と子宮との関連について後陣痛を挙げてきましたが、下腹部痛には卵巣も関わることがあるとされています。それが排卵痛です。どのような仕組みなのかみていきましょう。

排卵痛とは

排卵痛とは、そのまま字の表す通り排卵に伴う痛みとされています。卵巣から卵子がとび出る際に痛みを感じたり、それに伴う出血によって痛みを感じるようです。卵巣自体は痛みを感じる神経はないとされていますが、卵子を包んでいる卵胞には認められる場合もあるようです。

 

卵子の発育によって刺激を受けたり、とび出すときに痛みを感じるということですね。また、出血が腹膜を刺激して痛みを感じるとも言われています。これらの刺激が下腹部痛となって現れるということです。

生理痛とは違う仕組み

排卵に伴う痛みは上述した通りですが、生理痛とは異なる仕組みになります。生理痛の場合はホルモンの影響で痛みを感じる物質が出ることや血流が悪くなることが原因とされています。冷えが症状に良くないというのは痛みを感じる物質が血流が悪いと留まりやすいからということですね。

 

ただし、腰痛になる仕組みとしては共通の部分があります。上述したようにお腹の痛みから身体をかがめて筋肉が緊張を強いられるということですね。痛みと筋肉の緊張や血流は悪循環を招きやすいので注意しましょう。

産後に排卵痛を感じるようになる人も

排卵痛からの腰痛ということを挙げてきましたが、排卵痛は産後に感じるようになったといいう人も少なくないようです。妊娠・出産に関係なく排卵痛を感じていた人もいれば、出産後に痛みを感じるようになったという人もいるということですね。

 

出産を経て体質が変わるというのはよく聞くことですが、排卵痛もその1つということでしょう。具体的には、骨盤のバランスが崩れたままになることで骨盤内臓器である子宮や卵巣の血流が悪くなること、その影響としてホルモンバランスにも乱れが出やすくなることなどが挙げられています。

その他の産後の腰痛の原因

産後の腰痛との関連について、後陣痛や排卵痛を挙げてきました。最後は、その他の産後の腰痛の原因についても紹介していきます。

骨盤のバランス

産後の腰痛の原因でよく取り上げられるのが、骨盤のバランスですね。出産に当たってはホルモンの影響で靭帯が緩みやすくなり、赤ちゃんの通り道を広げるようにはたらきます。骨盤は靭帯によって支えらている部分も大きいので、靭帯が緩むことでバランスに変化が起こり痛みが出やすくなるということですね。

 

妊娠初期にこのホルモンの影響を受けやすく、その後胎児の発育でさらに腰に負担がかかることが腰痛に悩まされる原因とされています。そして出産後もバランスが改善されないことで、腰痛がずっと続いてしまうということですね。

整体師
積極的に運動を取り入れたり、骨盤矯正を受けるなどしてバランスを整えていきましょう。

育児の際の姿勢

産後に腰痛の原因となるものとして多いのは、育児の際の姿勢です。赤ちゃんを抱くのも発育に伴って負担は大きくなっていきますね。そして授乳やおむつの交換、あやしたりするシーンなどではどうしても前かがみになってしまい、腰に負担がかかりやすくなります。

 

特に最初のうちは慣れないので負担も大きくなりやすいですが、痛みが出たらきちんとケアができると長引かせずに済みます。

整体師
赤ちゃん中心になって自身のことに時間がとりづらくなりますが、お母さんが元気でいることも赤ちゃんにとっては重要です。痛みで暗くなっていたら影響を与えてしまうので、ケアにも気を遣いましょう。

睡眠不足やストレス

産後は赤ちゃん中心になると述べましたが、それによって睡眠不足やストレスも腰痛に影響します。慢性的に腰痛を抱えていた人であれば症状を悪化させる要因にもなってしまうのです。

 

お母さんの変わりはできない部分も大きいですが、周囲に頼れるところは頼って自身の身体や心もしっかりと整えていきましょう。睡眠不足に関しては、マットレスを使うのも有効です。赤ちゃんの環境を整えるだけでなく、自身の環境も考えてみてください。
腰痛対策に効果のあるマットレス人気ランキング

まとめ

今回は産後の腰痛の原因として、下腹部痛に関連する子宮や生殖器などの症状や、その他の産後の腰痛の原因を紹介してきましたがいかがでしたか?産後の腰痛にも様々な原因が考えられますが、正しい知識をもつことで適切に対処していきましょう。

-腰痛の原因
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.