【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の治し方

【ねぇ、あなたも間違えてるかも】急性痛と慢性痛での腰痛の対処の違い

更新日:

何かをしていて急に腰が痛くなったというときや、慢性的に抱えている腰痛がひどくなってきたというときには、あなたはどうしますか?このような状態では、休める状態であればひとまず休憩を挟むなど、身体を安静にする人がほとんどだと思います。一時的には安静にすることは間違っていませんが、その後の対処によって実は予後に影響を与えるということがわかってきているのです。

 

痛みに対しての研究が進んで痛みとはどのようなものなのかが徐々に明らかになってきている中で、疼痛への適切な対処が私たちのこころや身体の健康にも大きく影響を与えるということが言われています。今回は疼痛について、急性痛や慢性痛についてそれぞれ概要や特徴、そして対処の方法を紹介していきます。

疼痛はいくつかの分類がある

まずは、疼痛について基本的な部分をみていきましょう。定義や分類を挙げていきます。

そもそも痛みとは

痛みとは、国際疼痛学会(IASP)によると「痛みは、実質的または潜在的な組織損傷に結びつく、あるいはこのような損傷を表わす言葉を使って述べられる不快な感覚・情動体験である」と定義されています。痛みというと損傷などがイメージされますが、定義では体験という言葉が使われており、慢性痛ではここがポイントとなっていきます。

疼痛の分類

疼痛にはいくつかの分類方法があり、時期でみれば今回のテーマである急性疼痛と慢性疼痛があります。また、問題の種類で分けると侵害受容性疼痛や神経因性疼痛、心因性疼痛などが挙げられます。形容の仕方では認識の痛みや警告の痛みと表現される場合もあり、聞いたことがある人もいるでしょう。

急性痛とは

では、急性痛について次は挙げていきます。急性痛の概要や特徴、そして対処方法を理解していきましょう。

急性痛の重要な役割

急性痛の多くは、疼痛の種類でも挙げた侵害受容性疼痛と呼ばれるものです。外傷や大きな外力が加わった場合などで、実際に組織が損傷を受けている状態と言えます。侵害刺激という身体にとっては有害な刺激による疼痛であり、熱や冷たさによっても起こります。

 

認識の痛みと呼ばれるものが急性痛であり、実際に組織に損傷が起こっているという情報が脳に伝えられ、それを脳が認識することで痛みを感じているということです。このはたらきはとても重要で、損傷しているという情報が伝わらなければ身体の異変に気付くことができません。

もし痛みがなければ出血していても気付かないということもありますし、感染して化膿していても気付かないということにもつながります。実はサインとしての痛み自体は、命を守るためのものでもあるということです。

痛みが起こると

痛みが起こると、その刺激に対する反応によって交感神経が優位になります。程度の差はありますが、侵害刺激が加わっているということ、そして組織に損傷が起こっているということで身体にとっては緊急事態ということですね。闘争と逃走の神経と言われる交感神経が優位になり、副交感神経のはたらきは抑えられます。

整体師
緊急事態に身体はリラックスしている場合ではないので、これはイメージしやすいでしょう。交感神経が優位になることで心拍数が増え、血圧も上がります。これも命を守るための反応と言えますね。

痛みの原因と痛みそのものに対処

急性痛では、痛みの原因と痛みそのものの両方に対処することが必要です。例えば仕事などで腰への負担がかかり続けていればいつまでも痛みはなくならないので、その原因を解消するもしくは軽減する必要があります。

 

また、痛みが長引くことで悪循環に陥っていくので、痛み自体を早急に軽減させる必要もあります。身体的な面で言えば、痛みによって筋肉や血管が収縮し、痛みの原因となる物質が残りやすくなるということです。それによってさらに痛みを感じ、循環が悪くなるという悪循環になっていきます。

痛みの悪循環については下記も参考にしてみてください。

痛みを悪者にしないで!必要不可欠な2つのサインと悪循環を理解しよう

みなさんは「痛み」というものに対してどのようなイメージを持っているでしょうか。辛いものや苦しいもの、嫌なものや避けたいも ...

続きを見る

逆効果になる過度の安静

上述の仕事の負担が原因のようなケースであれば、仕事の内容を変えたり安静にするなどで負担を軽減することはできます。一時的には安静にして負担を軽減し、組織の回復を図るということは重要なことです。

 

しかし、痛みが完全になくなるまで安静にしているような場合には過度と言え、その間に二次的な問題へとつながってしまうこともあるのです。ぎっくり腰などがその例ですね。痛みがあるうちは安静にといって活動量が極端に減ると、筋力も落ちてしまいます。体幹を支える筋力が落ちれば腰への負担はかかりやすくなると言えるので、繰り返しやすくなってしまうのです。

 

ぎっくり腰への対処については、下記も参考にしてみてください。

腰痛を安静にしていたのに…ぎっくり腰の原因と治し方の3つのポイント

ぎっくり腰を経験したことがある人や、それに近い腰痛を起こしたことがある人では、痛みが治まるまで安静にしていたという人も多 ...

続きを見る

慢性痛とは

急性痛と対比して、次は慢性痛について挙げていきます。慢性痛の概要や特徴、そして対処方法を理解していきましょう。

慢性痛の定義

序段で挙げた痛みの定義に関連して、IASPでは慢性痛について「治療に要すると期待される時間の枠組みを超えて持続する痛みあるいは、進行性の非がん性疾患に関する痛みである。」としています。

 

急性痛が長引いて慢性痛へと移行したものや自発性慢性痛と呼ばれるものもあり、腰痛では姿勢や動作が改善されないことで負荷が減らず慢性的に痛みを抱えるようになる身体的な面もあれば、痛みによって生じた認知面の変化や行動の変化によって組織の回復が完了してもなお疼痛が残るという身体面以外の面もあります。

不必要な痛みによって生活に支障も

急性痛と慢性痛の違いで大きなポイントとなるのは、急性痛は組織の損傷などを知らせるサインの役割があると述べましたが、慢性痛にはそれがないことが多いということです。上記の姿勢や動作などで負担がかかっていて組織の損傷につながる警告の痛みと呼ばれるものもありますが、多くは生理学的な意義を持たないとされています。

整体師
不必要な痛みによって日常生活や仕事に支障をきたし、さらにはうつ傾向が出てくるなど他の疾患にもつながる可能性があるということですね。腰痛など、慢性的に痛みを抱えている人の半数以上にうつ傾向がみられるという研究結果もあります。

痛みそのものの疾患化

本来必要のない痛みということで、さらに組織の回復が終わって問題がないとすれば、病態は痛みのみということになります。慢性痛では、痛みそのものが疾患のようになってしまっていることが多く、この点が問題ということです。

 

このような状況で安静という選択肢をとっても、効果がないのは容易に想像できますね。休んでいても良くならないのに、休むという選択肢を選びがちなのはこれらの点があまり知られていないからでしょう。慢性痛に対しては、積極的に動いていく方が良いということがわかっています。

 

疼痛に対する運動療法の効果については下記を参考にしてみてください。

痛くても動いた方が良いのは2つの理由から!腰痛に対する運動療法の効果

腰痛に対して運動をするという場合では、痛みが多少あっても行った方が良いという場合もあります。しかし、運動をした方が良い場 ...

続きを見る

痛みに対する適切な対処

慢性痛に対しては過度に安静にせず、積極的に動くといった適切な対処が必要と述べました。もう1点、心理的な面が深く関わりますが、痛みによって何らかの報酬を得ている場合はそこに気付く必要があります。痛みを抱えることで職場の人たちが優しくしてくれたなどで報酬を得ると、無意識で痛みが継続した方が良いということを認識し、痛みが治まりにくくなります。

 

また痛みがあることで家族が心配してくれるようになり、喧嘩が減ったり両親の仲が良くなるなどの場合も痛みが続く原因となっているケースとして存在したということです。何らかの報酬を得ていると、痛みをなんとかしたいという思いとは反対にいつまでも続くと言われています。

まとめ

疼痛について、急性痛や慢性痛についてそれぞれ概要や特徴、そして対処の方法を紹介してきましたがいかがでしたか?痛みに対して選択されやすい安静について見直し、適切に対処することで早期に腰痛を改善していきましょう。

-腰痛の治し方
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.