【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の治し方

しっかり寝ることが腰痛改善や予防に?睡眠不足で起こる2つの弊害とは

更新日:

みなさんは毎日充分に睡眠がとれていますか?この質問に対してしっかりと睡眠時間が得られていると答えることができる人は、あまり多くはないのではないでしょうか。仕事が忙しくてという人や、家事や育児に追われている人では自分の時間をとることはおろか睡眠時間も満足ではないという人が多いでしょう。

 

睡眠は私たちにとって欠くことができないものであるのは当たり前のこととして認識されていると思いますが、自身の睡眠に満足しているかどうかということに関しては別ということですね。そんな睡眠が不足することで、腰痛の発症や悪化につながるということも認識しておきましょう。睡眠と腰痛との関係について、睡眠不足で起こる2つの弊害としっかり睡眠をとるためのポイントを紹介していきます。

寝ている時間はメンテナンスの時間

睡眠不足で起こる2つの弊害として、まず1つ目に挙げるのは寝ている間に身体のメンテナンスが行われますが、それがスムーズにいかないということです。主なポイントをみていきましょう。

組織の修復

私たちは日常生活で意識することなく暮らしている場合も多いですが、すべての動作は筋肉が骨を動かして遂行されています。疲れない人がいないように、多かれ少なかれ筋肉は負担を受けており、微細に傷もついていると言われています。このような傷の修復が寝ている間に行われるということで、組織の修復という点はとてもイメージしやすいですね。

 

痛みなどの症状が顕在化する前の段階では、回復が負担を上回っているためあまり意識されることがありません。しかし、大きな負担がかかったり蓄積していくと回復が追いつかず、症状が顕在化するということです。どのような人でも、負担と回復とのバランスの上にいるということですね。

脳のメンテナンス

組織の修復ということで身体の回復が行われることを挙げましたが、脳もメンテナンスされているのは睡眠中です。寝ている間に記憶の整理が行われているということは聞いたことがあるという人もいるでしょう。部屋の片づけと同じように、あちこちに散らばっていては記憶を思い起こすのも大変なので、整理整頓されるイメージですね。

 

また、すべての記憶を鮮明に残しておくことは負担が大きく、忘れることが重要ということも聞いたことがあるかと思います。短期記憶や長期記憶などの整理も同じですね。まだまだ解明されていない部分が大きくここで挙げたことも変わるかと思いますが、寝ている間に脳がメンテナンスされているということは事実と思って良いでしょう。

成長ホルモンが重要

寝ている間のこれらのはたらきについては、成長ホルモンが重要とされています。成長ホルモンというとその名前の示す通り身体の成長にはたらくホルモンというイメージですが、大人になってからは身体の修復に重要なホルモンです。肌のケアや身体の回復などで睡眠のゴールデンアワーと呼ばれる時間帯がありますが、これは成長ホルモンの分泌が多い時間帯ということですね。

整体師
ノンレム睡眠の時に多く分泌されるとも言われており、睡眠時間が短いとノンレム睡眠の回数が減ります。身体の回復がスムーズにいかなくなってしまうと、上述した負担と回復のバランスで負担の方が上回るので症状が顕在化し、腰痛が起こるということですね。

睡眠と自律神経との関わり

睡眠不足で起こる2つの弊害として、2つ目に挙げるのは睡眠と自律神経との深い関わりにおいて、睡眠不足が自律神経にも影響を及ぼすということを挙げていきます。

睡眠不足は自律神経のバランスを崩す

睡眠が不足することで自律神経にも影響を及ぼすということは、多くの人が知っているかと思います。睡眠不足で自律神経のバランスが崩れてしまい、イライラしやすくなったり落ち込みやすくなってしまうということがありますね。活動的なときにはたらく交感神経と、リラックスするときにはたらく副交感神経は両者のバランスが重要です。

 

両者は反対のはたらきを身体に促すことでバランスを保ち、機能をスムーズにしています。どちらか一方に偏ってしまうと、身体の機能にも無理が生じてくるということですね。自律神経とホルモンの関係も密接なので、睡眠不足は自律神経のバランスを崩すだけでなく、上述した成長ホルモンなどのホルモンにも影響を及ぼすということです。

ストレスや負担に耐えられなくなる

身体の機能が上手くいかなくなってしまったり、回復がスムーズにいかなくなると心身ともに余裕がなくなってしまいます。回復できていた負担や、なんでもなかったストレスでも、ゆとりがなくなることでキャパオーバーになってしまうということですね。疲れやすくなるのはもちろん、これまでできていた動作や仕事などで身体を傷めやすくなるといったことが挙げられます。

 

加齢による影響と誤解されることも多いですが、睡眠不足かもしれないのです。また、ストレスも同様で、ゆとりがない分だけ少しのことで怒りやすくなったり、くよくよと落ち込むといったことが増えていきます。

自律神経のバランスを整えるには睡眠が最も効果的

睡眠不足によって自律神経のバランスが崩れてしまうということを述べましたが、自律神経のバランスを整えるということについてはやはり睡眠が最も効果的ということです。これは他の方法での替えが難しいということでもありますね。自律神経を整える方法には様々なものがありますが、睡眠に勝るということは難しく、ベースになっているということです。

整体師
腰痛の改善や予防に生活習慣の改善が有効ということはよく言われますが、主に運動や栄養ということが注目されるかと思います。しっかりと睡眠についても考慮し、改善していきましょう。

しっかり睡眠をとって腰痛を改善・予防しよう

では最後は、しっかり睡眠をとっていくためのポイントを紹介していきます。これらの点を見直して、睡眠の質を上げていきましょう。

枕のポイント

睡眠で重要なのは、まずは環境ですね。枕の重要性はみなさんご存知だと思います。寝違えをよくするという人も多いかと思いますが、首の緊張は全身の緊張にもつながり、睡眠の質を低下させてしまいます。また、腰痛にも関連してくるので見直したいところです。

 

枕のポイントとしては首の後ろの隙間がしっかりと埋まるものが前提となります。頭や頸椎をしっかりと支えることで負担が軽減でき、眠りも良くなるでしょう。枕のポイントについては、下記も参考にしてみてください。

腰痛対策には布団と枕が超有効!硬い?柔らかい?どっち?徹底調査!

腰痛や寝具に関して、硬い方が良いといった情報や柔らかい方が良いといった情報など様々あると思います。近年では高反発のマット ...

続きを見る

マットレスを使ってみる

環境づくりに関してもう1つ挙げられるのは、マットレスです。布団やベッドの硬さは合っていますか?買った状態でそのまま使い続けているという人では、その負担が身体にかかっているかもしれません。

 

反発によって身体にかかる負担も変わるので、環境に思い当たるところがある人はマットレスを試してみると良いでしょう。現在ではアスリートなど著名人が広告塔となって様々なタイプのものが出されており、低反発や高反発など種類も豊富ですね。

マットレスについては、下記も参考にしてみてください。
腰痛対策に効果のあるマットレス人気ランキング

まとめ

睡眠と腰痛との関係について、睡眠不足で起こる2つの弊害としっかり睡眠をとるためのポイントを紹介してきましたがいかがでしたか?直接的に腰痛を引き起こすわけではありませんが、意識に上りにくいだけに対処がされないことも有り得ます。長引く腰痛を抱えている人は、睡眠を見直してみると症状の軽減に役立つでしょう。睡眠を含め、生活習慣をしっかりと整えて腰痛知らずの身体にしていきましょう。

-腰痛の治し方
-, ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.