【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の症状

腰痛で足のしびれがある場合の原因・病気一覧(早期治療が必要な場合も)

更新日:

腰痛に伴って足のしびれなども感じているという人は、単なる腰痛ではなく何か病気なのかもしれないと思う人も多いでしょう。特に手足のしびれというと脳卒中などの疾患の前兆というイメージが広く浸透しているので、心配する人も多いのではないでしょうか。また、しびれるまではいかなくても、なんとなく感覚が違うといった場合もありますね。

 

薄皮がついている感じといった声や何かもやもやした感じという声を耳にします。これらも基本的には神経が障害を受けているということが考えられますが、神経の障害を受けている場合とはどのような疾患が考えられるのでしょうか。考えられる疾患やその症状、病態などについて紹介していきます。

足のしびれを伴う腰痛

足のしびれを伴う腰痛の場合、神経の障害も考えられます。

足のしびれを伴なう腰痛の多くは画像所見で異常がない

一般の腰痛の85%は原因がわからないとされています。この場合の原因がわからないというのは、レントゲンやMRIなどを撮影しても、組織に損傷や変形など明らかな原因が認められないということ。

 

器質に異常がないということで非特異的腰痛となっていますが、実際に痛みなどの症状が出ているのは機能の問題ということですね。筋肉などに無理がかかり、その負担や炎症などによって痛みが出ているということです。痛みの分類では警告の痛みとも呼ばれ、負荷がかかっているからやめてという身体からのサインであるとも言われています。

整体師
痛みは悪者のように思われがちですが、身体を守るためのサインでもあるのです。警告を無視して負荷をかけ続ければ、いずれは損傷につながってしまうということは想像に難しくないでしょう。

坐骨神経痛は症状の総称

坐骨神経痛は病名ではなく、症状の総称です。坐骨神経のどこかで障害が起こり、足のしびれなどの症状を呈しているものをひとくくりにしているということです。

 

異常はなくても足のしびれが起こってしまう機能的な問題としては、神経の通り道での圧迫や組織の滑走不全などが挙げられます。筋肉が硬く縮こまってしまうことによって圧迫を受けたり、本来はうまく滑って体勢に応じて位置を変えているはずの神経がうまく滑らないことで障害を受けるということです。

整体師
筋肉など組織の柔軟性がポイントということですね。

足のしびれを伴う腰痛①椎間板ヘルニア

足のしびれを伴う特異的腰痛(原因がはっきりしてる腰痛)の1つに椎間板ヘルニアがあげられます。

とび出したヘルニアが神経を圧迫

椎間板ヘルニアとは、背骨の1つ1つの間でクッションの役割をしている椎間板が圧力を受けて、その構造から外にとび出してしまうことを言います。このとび出してしまうということ自体は症状のない人にも見受けられるとされており、ヘルニアが神経を圧迫するかどうかが問題ということのようです。

 

腰椎など脊椎の変性やヘルニアは年齢を重ねるにつれて起こっている人の割合は大きくなるとされています。画像所見によって特異的腰痛か非特異的腰痛かに分けられると述べましたが、実際に症状が起こっているかどうかはまた別ということですね。器質と機能の両面をしっかりとみる必要があるということです。

基本的には片側の症状

椎間板ヘルニアの場合は、基本的には片側にしびれなどの症状が出ます。脊髄から枝分かれした部分でヘルニアによる圧迫を受けやすいためであり、神経のおおもとの脊髄の部分で圧迫が起これば両側に症状が出るということになります。しびれや感覚の低下、筋力の低下などが主な症状です。

 

症状が起こる部位はどの腰椎の高さでの神経かによって少しずつ変わってきます。しびれや感覚の低下が起こっている部位、力の入りにくい筋肉などの情報をもとに、どの高さの神経かを判断するということです。

 

屈むなど圧迫を受ける姿勢で悪化することが多いとされています。しびれや感覚の低下、筋力の低下などが進行している場合は早期に受診しましょう。

足のしびれを伴う腰痛②脊柱管狭窄症

腰痛と足のしびれを伴う特異的腰痛で次に挙げるのは、脊柱管狭窄症です。特異的腰痛ではヘルニアと脊柱管狭窄症がよく紹介されるのでご存知の方も多いでしょう。

脊髄を通している脊柱管が狭くなる

脊柱管狭窄症とは、その字の示す通りに脊髄を通しているトンネルである脊柱管が狭くなってしまう疾患です。トンネルが狭くなることで圧迫を受けたりといった障害が起こるということですね。脊柱管狭窄症は高齢者に多い疾患です。

 

椎間板ヘルニアのところで加齢によって変性などは見られる割合が多くなっていくと述べましたが、その変性によって脊柱管が狭くなってしまったということですね。脊椎の変性や靭帯の肥厚などが挙げられています。脊柱管狭窄症の場合も椎間板ヘルニアと同様で、狭窄してしまっている部位で脊髄を圧迫してしまうことで症状を引き起こすということです。

症状は両側性のことも

上述したように、圧迫など障害の起こる部位によって症状は変わります。椎間板ヘルニアでは神経が枝分かれした神経根の部分での障害が多いと述べましたが、脊柱管狭窄症では枝分かれする前のおおもとの脊髄での圧迫の場合もあります。片側の場合もあれば両側の場合もあるということですね。

 

腰痛はあまり強くないのが一般的で、安静にしていればしびれなどの症状もないことが多いとされています。立ったり歩いたりしていると徐々にしびれなどの症状が強くなっていき、少し歩いただけでも休憩を必要とする間欠性跛行が特徴的な症状の1つです。身体を反らせると脊柱管がさらに狭くなるため、前かがみの姿勢が楽な姿勢になります。

 

また、排尿や排便に異常を感じたら早期に受診しましょう。

足のしびれを伴う腰痛 その他

主に腰の疾患についてみてきましたが、それ以外の疾患でも腰痛と足のしびれは起こります。

頸椎疾患

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は首の骨でも起こります。また、首の骨にも上述した加齢による変性は起こります。加齢による頸椎の変性は頸椎症と呼ばれますが、その頸椎症によって神経が障害を受けているものを頸椎症性神経根症や頸椎症性脊髄症と呼びます。

 

これらの疾患によって頸椎の部分で神経に障害が起こるということですね。障害を受けた部位から末梢の支配領域ではどこに症状が出てもおかしくないので、首の部分での障害で腰痛や足のしびれが起こることもあるということです。この場合は神経根ではなく脊髄部分での障害ということになります。

腫瘍

整形外科疾患以外では、腫瘍によって神経が圧迫されることも起こります。女性であれば子宮筋腫など、生殖器の腫瘍などが神経を圧迫することがみられます。良性の腫瘍もあれば悪性の腫瘍もありますが、神経に障害が起こるかどうかでしびれが症状として出るかどうかということですね。

 

しびれによって腫瘍の存在が明らかになったというケースも多いようです。やはりしびれを感じたら、一度は受診する方が良いということですね。

まとめ

腰痛に足のしびれを伴うといった場合に考えられる疾患やその症状を紹介してきました。腰痛のほとんどは姿勢や機能の問題と述べましたが、中には器質に異常があるものもあります。痛み以外に症状が起こっている場合には、一度受診するようにしましょう。▼

-腰痛の症状
-, , , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.