【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛コラム

腰痛はどこにいけばいい?【病院・接骨院・鍼灸院・カイロプラクティック】

更新日:

腰痛になってしまって治療をする場合、どのような医療機関に行けば良いのでしょうか?腰痛の治療ができる施設は病院以外にもさまざまな選択肢があります。どのような機関でどのような治療が受けられるのかを知り、自分の症状に合わせた医療機関を受診するようにしましょう。

腰痛のときにはどのような医療機関を受診するか?

腰痛になったときに受診できる医療機関にはどのような医療機関があるのでしょうか?整形外科を受診する人もいれば。接骨院などに通っているという人も居るかもしれません。その他にも民間診療が受けられる機関もありますので、どのようなところに行けば良いのか迷ってしまいます。まずは腰痛の治療ができる機関にはどのようなところがあるのかを見ていきましょう。

腰痛の治療ができる医療機関とは?

腰痛の治療ができる医療機関には以下の様なものがあります。以下の機関では全て国家資格を取った専門家が診療に当たります。それぞれ行う治療は異なりますので、症状や目的に合わせて選ぶと良いでしょう。整形外科は保険適用となりますが、それ以外では健康保険が適用されるかどうかは条件があります。

  • 整形外科
  • 接骨院
  • 鍼灸院
  • あん摩・指圧

腰痛の治療ができる民間療法の施設は?

国家資格の必要のない民間療法の施設を利用するという人もいます。国会資格不要の民間診療施設は以下の様なものがあります。あくまでマッサージの延長という感覚で通う人もいます。これらの施設では健康保険の適用外となります。

  • 整体
  • カイロプラクティック
  • マッサージ専門店
整体師
それぞれに特徴があるので、どのような治療をする機関なのかをしっかりと知っておくと選ぶ際の基準になります。

通常は整形外科を受診する

腰痛になった場合に最も一般的なのは病院の整形外科を受診するという場合です。なお「形成外科」は皮膚に残る傷跡などを治すことが専門になります「整形外科」と「形成外科」で発音すると似ていますが、全く異なりますので注意しましょう。

整形外科での治療は

整形外科での治療はどのような治療を行うのでしょうか。まずは医師との面会・診察により腰痛の原因を探ります。その上で治療方針を決めて治療を行っていきます。

保存療法が中心になる

腰痛の多くは「腰痛症」と呼ばれ、病院の治療での完治が難しいものです。と言っても治らないというわけではなく、安静にしたり湿布、投薬治療などで様子を見ていくという治療方針になるものがほとんどなのです。痛みがひどい場合には痛み止めが処方される場合もあります。

その他の治療方法は

整形外科によっては赤外線や電気治療などの温熱療法、コルセットなどの装具療法と言った治療を併用していく場合があります。また、患部に麻酔を打つことで痛みをブロックする「神経ブロック注射」を行う場合もあります。温熱療法の施設がない整形外科もありますので、整形外科を選ぶ際の判断基準にもなるでしょう。

原因を特定したい場合は整形外科を受診しよう

腰痛には癌や内臓系の疾患・神経症状や変形、発熱と言った原因がわかっている「特異性腰痛」と、原因がわかっていない「非特異性腰痛」があります。腰痛の85%が原因がわからないと言われています。整形外科での診察により、重大な疾患などではないことを確認できたり、筋肉のつき方などが原因の一端である可能性や椎間板ヘルニアなどの可能性なども確認できます。

原因が筋肉や筋などでない場合は他の科に

原因が筋肉、腱、筋、骨・関節などではなく、内臓系や神経系にある場合には他の科との協力しながらの治療になる場合があります。内科、神経科の他、ストレスなどが原因になっている場合には心療内科なども受診する可能性があります。

病院以外での機関での治療は

病院や医院などの整形外科以外の機関での治療は2通りにわけられます。国家資格を保有する人によって施術される機関と、国家資格の必要のない機関です。

病院以外で国家資格の必要な機関

病院以外で国家資格が必要な機関があり、そこで腰痛の治療を行うことができます。ただしこれらの機関においては「診察」「診断」といったことはできません。原因や症状に関する診察・診断は整形外科で行いましょう。あくまで以下の機関で行うことができるのは「治療」あるいは「予防」のみとなります。また、治療も医師の同意が必要な場合があります。

接骨院

柔道場に併設されることが多い「接骨院」は、「柔道整復師」という国家資格を持った専門家が施術を行うことができる機関です。「ほねつぎ」「柔道整復」などと表記されることもあります。接骨院では怪我などの原因がわかっている急性(あるいは亜急性)の腰痛の施術を行うことができます。慢性の腰痛やヘルニアなどの場合には保険適用外になってしまいますので注意が必要です。接骨院で行う治療は主に保存療法です。温熱療法や牽引治療を行う場合もあります。ただし、薬などを出すことが出来ないため、市販の湿布薬などを使用する必要があります。

鍼灸院

「ハリ」「きゅう」を行う鍼灸院は「鍼灸師(「はり師」と「きゅう師」の総称)」の国家資格を持つ人が治療を行います。鍼灸院の基本は東洋医学にあり、ツボにハリやお灸を据えることで痛みの軽減、血行促進などを行います。筋肉疲労を和らげる効果もあるため、スポーツ選手が治療としてハリを打つといったことを行う場合があります。鍼灸院では医師の診断書や同意書を持参することで保険適用範囲内となります。

指圧あん摩マッサージ

指圧やあん摩のマッサージを行う機関では「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格を持った人が施術を行います。関節や筋肉の固さを取る効果があるため、姿勢が悪いことが原因の腰痛には効果があると言われています。医師の診断書や同意書を持参することで保険適用範囲内となります。

民間療法を行う場所は

国家資格の必要のない民間機関もあります。ただしこれらはあくまでマッサージの延長という感覚で捉えられる場合も多いです。

整体

骨の歪みなどを改善する整体も腰痛の治療に用いられる場合があります。筋肉をほぐす効果もあるため、酷使しすぎたことによる筋肉の過緊張をほぐし、血行を促進することで治癒力を高める効果があります。

カイロプラクティック

カイロプラクティックはアメリカで開発された手技で、脊椎を中心とした骨格の歪みを矯正し、神経の流れをスムーズにすることで腰痛の症状を緩和する方法です。日本ではマッサージと同じような扱いになっていますが、アメリカやヨーロッパでは医療行為あるいは準医療行為として認められています。

マッサージ

マッサージはショッピングモール内などにも出店されているため、より身近になっています。ただしマッサージは筋肉のコリをほぐすということが主眼になっており、またマッサージを行う人も店によってはアルバイト店員が行う場合などもありますので、しっかり選ぶ必要があります。「タイ古式マッサージ」も良く見かけますが、マッサージの延長のようなものもあればストレッチを利用した本格的なものまでさまざまです。

どんな症状のときにどんな医療機関に行くべきか?

症状に応じて医療機関を選ぶことが最も効率よく腰痛を解消できると考えられますが、どのような症状や目的に応じて選べばよいのでしょうか。

自分の症状を診断して欲しいときは整形外科へ

整体師
自分の症状がどのようなものか、診断して欲しいという場合には整形外科を受診をしましょう。病院以外では診断を行うことができません。スポーツ系で腰を痛めたという場合にはスポーツ専門医のいる整形外科を受診しても良いでしょう。

しびれや力が入らないなどの症状は必ず病院へ!

腰だけでなく、お尻や太もも、あるいは足の指の先までしびれがあると言う場合や、足に力が入らない場合、つま先立ちやつま先を上げてかかとだけで歩くことができない場合などは必ず病院に行きましょう。排尿困難が起こっていたり、肛門や性器周辺にしびれや熱さを感じる場合も同様です。しびれがあるという場合には椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症など神経が圧迫されている場合がありますし、治療を受けていても長引いている場合には内臓系の病気が隠れている場合があります。

リハビリ設備が整っているところがベスト

整形外科を選ぶ際には、赤外線治療や低周波治療器などのリハビリ設備が整っているところであればさらに良いでしょう。病院を選ぶ際にはリハビリ設備が整っているかどうかを判断基準の一つにしましょう。

急性の怪我の場合は接骨院でもOK

階段から落ちた、スポーツなどで強打した、あるいは激しくひねったなどの急性の怪我の場合には接骨院に行っても良いでしょう。接骨院は急性の症状の場合は保険適用となります。

体の歪みや筋肉のハリを取る目的の場合には?

体の歪みや筋肉のハリを取るという場合にはカイロプラクティックや整体などを活用するのも良いでしょう。また、鍼灸院で筋肉の緊張を取るというのも試してみる価値があります。

腰痛のときにはまずは整形外科へ!

腰を痛めた場合、まずはその原因をしっかり探るために整形外科を受診すると良いでしょう。その上で病院で治療・リハビリを行うのか、接骨院や鍼灸院などを活用して治療していくのかを決めていくという方法があります。腰のコリなどによる腰痛の場合、整体やカイロプラクティック、マッサージなどを利用して歪みをとったり血行を促進することも良い方法です。自分の症状と目的によって医療機関を選ぶようにしましょう。▼

-腰痛コラム
-, , , , , , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.