【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ

腰痛の症状や原因、治し方、薬、サプリなど腰痛専門家の整体師監修でわかりやすくお届けしています。

腰痛の治し方

腰痛の時にお風呂はOK?悪化?効果的なお風呂の入り方まとめ

更新日:

辛い腰痛で悩んでいる人は、湯船で良く身体を温めてみましょう。入浴することで全身の血液の流れが良くなり、腰痛の原因となる筋肉のコリをほぐすことができます。腰痛に効果的な入浴方法や、入浴時に行うと良い腰痛対策ストレッチについて見てみましょう。

お風呂に入ったほうがいい腰痛

腰痛の種類によっては、お風呂で温めない方が良い場合もあります。あなたの腰痛はどんなタイプの腰痛でしょうか?

お風呂に入らないほうがいいタイプの腰痛

ギックリ腰などの急性期の腰痛は、強い炎症が起きているため、お風呂で温めるとかえって症状が悪化する場合があります。特に、腰が熱をもっている場合や、身体が動かせないくらいに痛みが激しい場合、患部を温めるのではなく、冷やして炎症を取り除くのが先決です。無理して腰を風呂で温めると、痛みがますます強くなって辛い思いをする場合もあります。急性期の腰痛の場合は湯船で温まるのは避け、まずはしっかり冷やしてあげましょう。お風呂に入る時は、シャワーを軽く浴びる程度にすると良いでしょう。

わからないときは様子を見よう

自分の腰痛が慢性期か急性期か分からない場合は、腰の様子を見ながらお風呂に入ってみましょう。もしも、お風呂後に腰痛症状が悪化してしまうのであれば、温めずに冷やすようにしてください。

骨折の場合は専門家に

腰痛によっては、神経の圧迫や骨が原因で起こる可能性もあります。骨粗鬆症による圧迫骨折が原因で腰痛が起きている場合は、お風呂には入らずに、すぐに専門家による処置が必要です。

→ 腰痛の際に病院に行くポイントや注意点はこちら ←

お風呂で温める方が良いタイプの腰痛

腰痛が慢性化し、痛みが長引いている場合は、お風呂で温めると症状がよくなります。慢性化している腰痛は、疲労により筋肉が固くなってしまうことで起こります。日常生活に支障は無いけれど、いつも腰が重い感じがする場合や、鈍い痛みを感じる場合はお風呂で良く温めてみましょう。

お風呂に入るとこんな効果が

湯船で身体を温めると、全身の血液の流れが良くなり、筋肉が柔らかくなります。腰痛の原因となる腰回りの筋肉がほぐれることで、痛みの緩和や腰痛の予防にもなります。また、お風呂に入ることは精神的にもリラックスできるというメリットがあります。精神的なストレスが溜まると、腰痛の痛みを感じやすくなってしまいます。お風呂でリラックスすることでストレスが解消され、より腰痛症状を改善することができます。

腰痛を治すお風呂の入り方

腰痛症状を改善させるためには、どのようにお風呂に入れば良いでしょうか。

お湯の温度や時間は?

お風呂の温度が熱いほうが身体が温まる気がしますが、実は熱すぎる風呂は良くないのです。お湯の温度が熱いと、心臓に負担がかかり過ぎてしまい、かえって疲れてしまいます。また、すぐにのぼせてしまうので、ゆっくりと湯に浸かって身体を温めることができません。腰痛を改善させたいのであれば、40度くらいの温めの湯に長時間浸かるようにしましょう。身体の中からじわーっと汗をかくぐらいまで、しっかりと身体の芯から温まりましょう。

腰痛に効果的なお風呂の入り方

肩まで湯につかるのではなく、みぞおちあたりまで湯につかる半身浴で、しっかりと全身を温めましょう。湯の温度は38度~40度前後で、ややぬるいと感じる程度の熱さにしてください。湯に浸かる時間は20分~30分を目安にして、のぼせないように注意しましょう。入浴中に乾いたタオルを肩にかけておくと、上半身の冷えを予防することができます。沢山汗をかきたい場合は、水を飲みながら入浴してみましょう。リラックスできるように、好きな香りの入浴剤を入れたり、音楽をかけながらお風呂に入るのもおすすめです。

お風呂から出た後は

お風呂で温まった後は、湯冷めをしないように気をつけてください。せっかく温まった身体が冷えてしまっては、意味がありません。お風呂後は身体に付いた水滴をしっかりと拭き取り、体温が逃げて腰が冷えないように注意して過ごしましょう。入浴中は、気がつかないうちに沢山汗をかいています。お風呂後はたっぷりと水分を摂り、脱水に気をつけてください。飲む水は、身体を冷やさない常温の水がおすすめです。

お風呂できる腰痛ストレッチ

湯船で身体を温めながら、腰痛に効果的なストレッチをしてみましょう。お湯の熱で筋肉が柔らかくなっているので、より効果的にストレッチをすることができます。

足抱えストレッチ

湯船の中で体育座りをし、両手を太ももと膝の下で組みます。この時、手のひらで反対側のひじを掴んで固定しておきましょう。この状態から、膝をゆっくりと伸ばしていきます。背中の筋肉が伸びるのを感じたら、30秒ほどキープし、力を抜きましょう。

腹式呼吸でストレッチ

腹式呼吸で、腹筋を鍛えながら身体をリラックスさせましょう。湯船の中で正座をして、お腹を膨らませながら息を大きく吸い込みます。息を吐く時は、お腹を凹ませながらゆっくり吐き出しましょう。腹筋を意識しながら、10回ほど腹式呼吸をしてみましょう。

お尻の筋肉を鍛えるストレッチ

足を伸ばした状態で座り、片足を曲げて両手で抱えます。そのまま曲げた足をゆっくりと胸の方に寄せていきましょう。太ももの裏側が伸びている感覚を意識しながら、一番伸びている場所でキープします。左右の足で同じように行ってください。

ウエストひねりストレッチ

浴槽に座った状態で、上半身を左右にひねります。浴槽の縁を持ちながら、ゆっくりとウエストをひねりましょう。心地よい痛みを感じる所で10秒キープしてください。腰回りの腹筋に刺激を与えることだけではなく、くびれなどのダイエット効果も期待することができます。腰についた脂肪も落ちやすくなり、体重が落ちることで腰にかかる負担も軽くなります。

整体師
ストレッチに夢中になってしまってのぼせることの無いようにしてください。ですが、のんびりとお風呂に浸かることで副交換神経が優位になり、リラックスすることができます。
腰痛ストレッチで【簡単・劇的】に効果が!部位別動画まとめ

腰痛をなんとかしたいと思っている人では、腰痛に効くという体操やエクササイズ、ストレッチやセルフケアの方法などをあれこれ試 ...

続きを見る

お風呂でできる腰痛改善ツボ押し方法

湯船に浸かりながら、腰痛に効果のあるツボを刺激してみましょう。身体が温まった時にツボを押すと、ツボの効果を実感しやすくなります。ツボを押す時は、力を入れてから離す、というのを繰り返し、強く押しすぎないようにしましょう。

志室(ししつ)

志室は腰にあるツボで、腰痛や冷え性に良く聞きます。志室は背骨の両脇の少し外側にあり、ひじと同じ高さにあります。親指で押して良く刺激しましょう。

帯脈(たいみゃく)

へそのラインと脇腹が交わるウエスト部分にあるのが、帯脈です。腰痛以外にも、ぽっこりと出てしまったお腹を改善する効果もあります。親指以外の指で腰の骨をつかむようにして、左右の帯脈を同時に親指で押して刺激しましょう。

腰陽関(こしようかん)

腰痛以外にも、骨盤のゆがみや婦人科系の病気に効くツボです。腰骨の高さから指を背中へと滑らせ、背骨に当たる所を見つけます。その場所の背骨の骨と骨の間のへこんでいる部分が腰陽関です。

崑崙(こんろん)

外側のくるぶしの一番高い所から、アキレス腱側へと指を滑らせ、アキレス腱とぶつかる場所が崑崙です。親指で良く揉みほぐしましょう。腰痛や頭痛、肩こりなどに良く効きます。

整体師
腰痛にはサプリメントの摂取も効果が期待できます。腰痛改善に効果の期待できる成分が普段の食事からでは十分な量を摂りにくい場合でも、サプリメントであれば効率よく摂取することができますね。

腰痛に効くサプリをお探しでしたら、今売れてる腰痛に効くサプリランキングも参考にしてみてください。

→ 腰痛に効くサプリランキングはこちら ←

お風呂で温まって腰痛改善!湯船で心も身体もしっかりほぐそう。

慢性化している腰痛は、お風呂でゆっくりと温めることで治りを早くすることができます。お湯に浸かりながら、腰痛に効果的なストレッチやツボ押しなども一緒に行えば、腰痛の原因となっている筋肉のコリや疲労をより効果的に取り除くことができますよ。お風呂に入ることで、身体だけではなく気持ちもリラックスすることができれば、腰痛の痛みを軽減することにも繋がります。腰痛が長引いて辛い時は、温めのお風呂でしっかりと腰を温めてみましょう。

-腰痛の治し方
-, , , ,

Copyright© 【専門家が監修】腰痛研究室~治し方・改善・薬・サプリ , 2019 All Rights Reserved.